スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺匠 竹虎 沖縄松山店 「ゆず魚介豚骨つけ麺」

1沖縄 ラーメン 那覇市 竹虎 ゆず魚介豚骨つけ麺 

那覇市松山の「麺匠 竹虎 沖縄松山店」へ行って来ました。
こちらはつい先日(2015年2月9日)オープンしたばかりのお店で、営業の初日に訪れたのですが、他の品目などが気になったこともあり早くも二度目の来店となりました。本来は同じお店に同月での訪問は避けたいのですが、こちらは新店ということで未食の品目が多く、前回の「(虎ダレ醤油)ラーメン」とは別に、「つけ麺」も試してみたかったのでした。クーポン券を貰っていたというのも、早い再訪の理由として大きかったりします(笑) お店には、公休日の開店まもない時間での入店となりました。

2沖縄 ラーメン 那覇市 竹虎 ゆず魚介豚骨つけ麺

「麺匠 竹虎 沖縄松山店」の冊子になったお品書きです。
前回は普通にランチタイム用のお品書きが用意されていたのですが、今回は前回掲載されてなかったおつまみ品目もラインナップに挙がっていることから、どうもディナータイム用のメニューのようです。休日にはランチタイムサービスとしてあった、『お好きなトッピングが一品無料』は適用されないようでした(チャーシューを試してみたかったのでちょっと残念。というか普通に追加注文すれば良かったのね(^_^;))。居酒屋メニューもお手頃価格で、またそれぞれ凝った内容のようでした。

3沖縄 ラーメン 那覇市 竹虎 ゆず魚介豚骨つけ麺

こちらは「揚物」に「焼物」のページです。
中心の価格帯は390円くらいですね。本格的な居酒屋使いではなく、近隣で飲んで軽くビールにプラス一品、締めのラーメンというパターンも良さそうです。

4沖縄 ラーメン 那覇市 竹虎 ゆず魚介豚骨つけ麺

こちらは平日ランチタイムにも提供されていた品々。
「餃子」に「めしもの」、「デザート」などとなっています。餃子は二種類が用意されていて、「青森県産にんにく餃子」と「鹿児島県産黒豚餃子」となっています。中身の餡が違うだけで見た目は同じためか、お皿の色で区別化を図っているようでした。無料クーポンの餃子はどちらも適用されるのですが、今回は順序よく(?)「青森県産にんにく餃子(本来は360円)」をお願いしました。ついでながら「白めし(100円)」も追加注文です。

さて順序が前後しましたが、今回は「つけ麺」からの選択になるのですが、ラインナップとしては次のとおりとなっています。麺類のお品書き画像は前回記事で充分に撮った記憶があったため、撮影を省略しちゃいました(^_^;)

『胡麻味噌坦々つけ麺(930円)・魚介豚骨つけ麺(820円)・ゆず魚介豚骨つけ麺(820円)・裏竹虎つけ麺辛口(930円)』

前者(坦々つけ麺)と最後者(裏竹虎つけ麺)は、最初に頂くのはちょっと変化球過ぎと思い、今回は「ゆず魚介豚骨つけ麺(820円)」をお願いすることにしました。メニュー画像を見た限り「魚介豚骨つけ麺(820円)」と同価格・同内容ながら、“ゆず”が加わりお得感があるだろうという貧乏性な選択理由となっております(笑)

5.0沖縄 ラーメン 那覇市 竹虎 ゆず魚介豚骨つけ麺

待っている間に個室席の様子を写してみました。
前回はカウンター席でしたので、今回は個室席に座らせて貰いました。この個室が用意されているのもラーメン店では珍しいですよね。東京の繁華街にある営業店舗でもそうらしいのですが、飲み屋のお姉さんと入室したら良い雰囲気になるのかもしれません。二人用の個室ということで、ほど良く親密感が持てそうなスペースでした。でも扉はなくオープンなので、普通にラーメンを食べることしか出来ません(他に何が?(笑)) あとしっかり「オリオン生ビール(460円)」も頂いております(^_^;) サービスの小皿の「揚げ麺」は健在で、ちょうど良いビールのお供となりました。

5沖縄 ラーメン 那覇市 竹虎 ゆず魚介豚骨つけ麺

程なくして運ばれた「ゆず魚介豚骨つけ麺」です。
ラーメンと同様にトレイに載せて運ばれましたが、あちらは「白めし」を追加してもまだスペースに余裕があったのですが、こちらはつけ汁と麺の器ふたつとはいえ、いっぱいいっぱいですね。麺側の器がかなり大きめとなっています。豪華さというか見映えは結構なものでした。基本的に具材はつけ汁のなかに入っているのですが、半玉とゆずは麺側の方に添えられていました。ゆずはぎり判別出来るくらいの分量ですね(笑)

6沖縄 ラーメン 那覇市 竹虎 ゆず魚介豚骨つけ麺

「ゆず魚介豚骨つけ麺」の麺ですが、つけ麺の麺としてはやや中太の範疇に入るもの。表面は滑らかで弾力感があり、食べ応えのある麺となっていました。その麺に絡むつけ汁ですが、魚介の風味豊かな濃厚な旨味を含んだもの。お品書きの説明によると『魚介ベースの豚骨スープは昆布、あご、えび、かつお、煮干しなどの魚介類に、厳選された野菜をコトコト煮込むことで魚介の本来持つ甘みや風味を損なわないよう仕上げて』いるとのこと。食欲を刺激する魚介の良い香りと、豚骨のどっしりとした味わいは、これは「白めし」が欲しくなりますね。

7沖縄 ラーメン 那覇市 竹虎 ゆず魚介豚骨つけ麺

つけ汁に埋もれていた具材を「白めし」側に移してみました。
ブロック状のチャーシューに太めのメンマに葱、半玉は麺側の器から移しています。チャーシューは脂身の多い部位と赤身の二種が入っているのかな? 半熟の煮玉子は見た目にも華やかさを加えてくれますね。軽くつけ汁なども投入しつつ、「白めし」を茶系にして美味しく頂きました(笑)

8沖縄 ラーメン 那覇市 竹虎 ゆず魚介豚骨つけ麺

無料クーポンで頂いた「青森県産にんにく餃子」です。
本来は360円という価格設定で、やや小ぶりの餃子が5個入りとなっていました。こちらもお品書きの説明によると、『肉は愛媛県産銘柄媛ポークを使用し、ニンニクは国内最高品質といわれる青森県産を使用し餃子の美味しさを引き出して』いるとのこと。青森県産のにんにくは高品質らしいですね(確か「味の時計台」でもおろしニンニクで売りにしていたような)。程よく上品にニンニクが効いた、サイズ的にも食べやすい餃子でした。つけ麺にライス、餃子共々美味しく完食です。

繁華街営業のラーメン店ということで、一般のラーメンファンにとっては少し敷居が高く感じるかもしれませんが、ふつうに無休かつ午前11時から中休み無しで開いていますので訪問時間については問題ありません。また翌9時までの営業時間なので、考えてみれば「朝ラーメン」も可能なのですよね(いつか試してみたい(笑))。ネックとなる駐車場ですが、近隣のコインパーキングは90分100円のようなので、あまり気にしなくても良いのではないでしょうか。いつになるか判りませんが、夜間や早朝の時間帯にも訪れたいと考えています。個人的に妙に落ち着けるお店ですので、ひと通りの品目は早い段階で頂くことになるかもしれません。でもランチタイム以外の訪問は、クーポン利用が終わってからになりそうですね(^_^;)

9沖縄 ラーメン 那覇市 竹虎 ゆず魚介豚骨つけ麺

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市松山2-16-16 K1ビル1F
電話:098-988-9923
営業時間:11:00-翌9:00
定休日:無休
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1387-23073df9










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。