スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和風らぁめん はるや 「台湾らぁめん」

1沖縄 ラーメン 浦添市 はるや 台湾らぁめん

浦添市仲間の「和風らぁめん はるや」へ行って来ました。
前回訪れたのは去年の12月で、その際は「はるやの裏メニュー」から「はるじろう(仮)」を頂きました。「はるじろう(仮)」は具材にもやしがたっぷりと盛られた、いわゆる“二郎インスパイア系”のようなラーメンでした(但し多くのラーメン店がそうであるように、お店の方は“二郎インスパイア系”だとは特に謳っていません)。「はるや」ではレギュラー品目はひと通り頂き済みなのですが、こちら「裏メニュー」は未開拓ですので、改めて定期的に訪問しようと考えていたのでした。「裏」扱いでありますが、もうレギュラーメニューと言って良いほどの提供期間を続けているようですしね。お店には、週末のお昼時の訪問となりました。

2沖縄 ラーメン 浦添市 はるや 台湾らぁめん

今回の目的からは外れますが、レギュラーメニューの画像です。
いつもでしたら店内のお品書きを撮影するのですが、今回は店頭に設置された看板を掲載です。「はるや」に限ったことではありませんが、飲食店で店内に入る前に画像入りのメニューが掲示されていたら安心出来て助かりますね。特に食券機制のところは余裕なく迷いがちになるものですし、別途に詳細なお品書きを用意してくれたら嬉しいものです。

3沖縄 ラーメン 浦添市 はるや 台湾らぁめん

「はるやの裏メニュー」です。
「花月」のようななんちゃって裏メニューではなく、お店の方に必要を告げないと本お品書きは見ることが出来ない、本当の裏メニュー扱いになっているようです。一見さんではまず掲載品目を頂けないところが、熱心な「はるや」ファンにとっても嬉しいポイントなのでしょう。さて注文の方ですが先述のとおり「はるじろう(仮)(700円)」は頂き済みですので、今回は同じラインから「台湾らぁめん(680円)」をお願いすることにしました。ちなみに「台湾まぜそば(680円)」は標準で温玉が付いているのですが、こちらは煮玉子に変更が可能なのだそう。個人的には温玉がまぜそばには似合いそうだと思うのですが、生っぽいのが駄目な方もいらっしゃるものでしょうし、お店の配慮がこれまた嬉しいところです。

4沖縄 ラーメン 浦添市 はるや 台湾らぁめん

待っている間にカウンター席上の様子を写してみました。
カウンターから一段上の場所に、各種調味料類にお冷やが用意されています。確かに営業開始から間もない時間帯ではありましたが、お冷やのポットが氷たっぷりなみなみと入っていたら気分的にも上がりますよね(といいますか、氷も水も切れていたらちょっと下がってしまうといった方が正しいかも)。

5沖縄 ラーメン 浦添市 はるや 台湾らぁめん

程なくして運ばれた「台湾らぁめん」です。
具材がたっぷり盛りだくさんで、盛り付け自体も見映えしてとても綺麗です。レンゲが二つ入っているように見えますが、一つはスープへ沈んだ具材の挽き肉を掬うための穴あきレンゲとなっています。元よりスープの一滴も残さず完食する予定ですので、個人的には実質使わなかったりします(笑) スープを意識して残されるような方には重宝する食器なのでしょう。

6沖縄 ラーメン 浦添市 はるや 台湾らぁめん

「台湾らぁめん」のアップ画像です。
具材としてはたっぷりの挽き肉にもやし、白葱にメンマに、前回「はるじろう(仮)」では別皿で付いていた辛ニラが添えられていました。まるで「まぜそば」のような盛りっぷりで、麺やスープがほとんど見えませんね。もやしの白さが彩りの良いアクセントになっていました。「はるや」の豊かなサービス精神が感じられる、豪勢な盛り付けとなっております。

7沖縄 ラーメン 浦添市 はるや 台湾らぁめん

「台湾らぁめん」の麺ですが、中太のストレートのもの。「はるや」でお馴染みのどっしりとしたタイプの麺ですね。この麺に「はるや」らしさが感じられる特徴あるものとなっていて、個人的にも好きな麺だったりします。その麺に絡むスープですが、いかにも辛そうな油分を含んだ真っ赤な色合いのもの。見た目では激辛をイメージしますが、ほど良く刺激の穏やかな“旨辛”といった作りのものでした。具材のたっぷりと入った挽き肉と合わせて、ライスとの相性がとても良さそうだったのですが、この日は夜にもがっつり頂く予定がありましたので珍しく遠慮しました。うーん、いま思えばちょっと後悔です(^_^;) 食べ進めるなかでスープに挽き肉が溶け込んで行きましたが、より濃厚で旨みのある味わいへと変化して行きました。穴あきではない通常のレンゲで掬いつつ、麺はもちろんスープの一滴も残さず完食です。

判りやすい派手な印象がない分、じわじわとですが、「はるや」は改めて良店だと感じました。表の看板メニューはこれまでひと通り頂き済みで、だからこそ前回訪問まで間が空いてしまったのですが、裏メニューの出現によりまた再訪する理由が出来ましたね。未食の品目がまだ8品ほど存在することとなりましたので、ある程度期間を置きつつ定期的に訪れたいと思います。次回は「えびシリーズ」あたりが良いでしょうか? その際は、ライスが入るスペースも用意して機会を作りたいと考えております(笑)

8沖縄 ラーメン 浦添市 はるや 台湾らぁめん

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市仲間1-5-3
電話: 098-879-6460
営業時間:11:30 - 15:00 18:00 - 23:00 (土日は通し営業)
定休日:金曜日
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1386-a660310e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。