スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺酒処 まるまさそば 「博多トンコツラーメン」

1沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば 博多トンコツラーメン

那覇市首里末吉町の「麺酒処 まるまさそば」へ行って来ました。
こちらはユニークな営業形態の店舗となっています。店名から判断できるように、麺類(沖縄そばメイン)はもちろん、夜間は居酒屋として営業しているお店です。時折見受けられる居酒屋さんのランチタイム営業ですが、通常のお食事メニューのほか、沖縄そばに加えて店主さんの趣味(?)で、ラーメン類も提供されているのが特色ある部分です。居酒屋として常連さんもいらっしゃるはずですが、締めの一杯まで頂けるのが嬉しいところでしょうね。自分も一度は居酒屋使いをやってみたいものです。お店には、週末のランチタイムの訪問となりました。(※実際に訪れたのはしばらく前となっています)

2沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば 博多トンコツラーメン

「麺酒処 まるまさそば」のお品書きから、ラーメン類が記載されたページです。
もちろん、他のページでは各種沖縄そば類やランチタイムの定食なども掲載されていました。こちらでは『そば大将気まぐれメニュー』として、各種ラーメン類(一部沖縄そばもあり)が記載されています。トッピング類はそれぞれお手頃価格で、「豚三枚肉(150円)」が用意されているあたり、沖縄そば屋さんらしさが感じられますね。さて今回の注文ですが、レギュラー品目にあたるらしい「博多トンコツラーメン(600円)」をお願いすることにしました。

3沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば 博多トンコツラーメン

“当店こだわりの豚骨スープ!!!”が記載されたページです。
そのまま抜粋してみます。『豚骨を15時間以上かけじっくりと煮込み骨の髄まで旨味を抽出し、深みとコク、まろやかさが凝縮さえた豚骨スープ!!! 「こってりなのにさっぱり」という一見矛盾しているような味を表現した、なんとも不思議で魅力的なスープを完成させる事ができました』と書かれています。前回訪問時には「まるまさ次郎系ラーメン」なるものを頂いたのですが、スープはおそらく同じものを使用していると思われます。

4沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば 博多トンコツラーメン

待っている間にテーブル席上の様子を写してみました。
各種調味料類を書き出してみますと、『アカハチ辛すぎホットソース・七味とうがらし・辣油・手作り島とうがらし・紅ショウガ』などとなっています。紅ショウガについては別途四角の容器側に入っていました。お店の方は辛いもの好きなのでしょうか、見事に辛味のある調味料が揃っていますね。

5沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば 博多トンコツラーメン

程なくして運ばれた「博多トンコツラーメン」です。
600円という価格設定ですが、消費税増税もされているなか、いまどきでは充分に安価な範疇に入る価格設定なのでしょう。数が多くでる、本業のラーメン店でもありませんしね。ランチタイムでお客さんもちらほら居ましたが、ラーメンを頂いているのは自分だけでありました。

6沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば 博多トンコツラーメン

「博多トンコツラーメン」のアップ画像です。
具材としてはチャーシューにメンマにたっぷりの青葱、キクラゲに半玉などとなっています。お肉はバラ肉と赤身肉の二種類が入っていました。また、スープ表面にはたっぷりの胡麻が浮いています。なかなか具だくさんな印象の一杯ですね。

7沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば 博多トンコツラーメン

「博多トンコツラーメン」の麺ですが、中細のややひねりが入ったもの。判りやすいストレート麺でないあたりに「まるまさそば」のこだわりが感じられます。ひねりが入っていることからか、程よく固めに感じつつも、スープの絡みの良い麺になっていました。その麺に絡むスープですが、お品書きでも説明されていた「こってりなのにさっぱり」といった味わいのもの。粘度感や臭みはほとんどなく、それでも豚骨らしい風合いと脂分が感じられるものでした。ややもするとあっさりし過ぎるところを、スープに浮いた胡麻の風味で補っているのかもしれません。

8沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば 博多トンコツラーメン

ひと通り頂いたところで、せっかくですので卓上の紅ショウガを投入しました。
紅ショウガは味の変化付けとしてはもちろん、見た目にも華やかさが加わりますね。青葱との鮮やかな色合いの対比が、また食欲を刺激してくれました。そうそう、前回も書いた覚えがあるのですが、欲をいえばおろしニンニクも欲しいところでした。具材のチャーシューにキクラゲ、また標準で入っているのが嬉しい半玉などを合間に挟みつつ、麺はもちろんのこと最後はスープの一滴も残さず完食です。

「麺酒処 まるまさそば」は今回で二度目の訪問になりますが、いずれもランチタイムの訪問となっています。記事中でも触れましたが、機会があればぜひ居酒屋での営業時間帯に訪れてみたいですね。最終的にラーメンを頂くのはもちろんですが、純粋に居酒屋使いとしてお店の様子を見てみたいものです。次回来店がいつになるか判りませんが、三度目は夜間の時間帯訪問になるかと思います。

9沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば 博多トンコツラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市首里末吉町4-2-18 1F
電話:098-988-3682
営業時間:そば屋11:00-15:00 居酒屋17:00~
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1383-04d8e454










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。