スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

油そば めんらく亭 沖縄 琉大東口店 「油そば」

1沖縄 油そば 中城村 めんらく亭 沖縄 琉大東口店

中城村南上原の「油そば めんらく亭 沖縄 琉大東口店」へ行って来ました。
こちらは「油そば専門店」として2015年2月2日(月)にオープンしたお店になります。……と公式でアナウンスされていたので当日伺ったのですが、店内に貼り出されていたチラシによりますと、どうも2月1日(日)には営業開始されていたようですね。プレオープンみたいなもので、予定より若干早めにお店を開くのは、オペレーションの早期安定のためにも良いことなのでしょう。さてこちら「油そば めんらく亭 沖縄 琉大東口店」ですが、なんでも本店は岡山県らしく、その他には宮城県仙台市に、そしてこちら沖縄県中城村のお店が三店舗目になるようです。ここまで営業場所が離れていますと、多店舗展開するメリットはあまりないように思えますが、それでも使用している麺は共通のもので本土から直送されているようですね。お店には、平日のお昼過ぎの訪問となりました。

2沖縄 油そば 中城村 めんらく亭 沖縄 琉大東口店

店頭に貼り出されていた垂れ幕です。
「油そば専門店」であることが大々的に謳われています。その他にも「麺は創業100年の老舗製麺所と共同開発」であることや、「油そばのカロリーはラーメンの約三分の二、塩分は約半分」であることなどが喧伝されているのですが……。うーん、多店舗展開されているお店らしい、判りやすい宣伝なのですが、ジャンルの違う食べ物を引き合いにだして比較するのはどうなんでしょう?(スープ有無の時点で随分違いますしね(^_^;)) すぐ斜め向かいには「我流家」が営業されており、取り扱い品目が異なっていますが、なかなか挑戦的に感じます(笑)

3沖縄 油そば 中城村 めんらく亭 沖縄 琉大東口店

店内に貼り出された宣伝チラシです。
おそらく近隣地域に配布されていたのでしょうね。オープニングキャンペーンということなのでしょう、2015年2月1日(日)から7日(土)までの一週間、「油そば(並)(680円)」・「油そば(大盛)(730円)」とも、ワンコイン500円で提供されるのだそうです。これはお得感のあるサービスですね。

4沖縄 油そば 中城村 めんらく亭 沖縄 琉大東口店

店内に設置された券売機です。
「油そば専門店」を謳っているとおり、麺関係の取り扱い品目は潔いほど「油そば」のみとなっています。あとは並盛(680円)・大盛(730円)・特盛(780円)の違いのみですね。追加トッピングやドリンク類も用意されていますが、オープニング期間中は提供を控えているということでした。さて今回の注文ですが、ハシゴ状況ということもあり「油そば(並)(本来は680円)」で抑えても良かったのですが、貧乏性なもので同価格ワンコインということから「油そば(大盛)(730円⇒500円)」をお願いしました。また基本期間中は他品目の提供は行っていないものの、「特製スープ(20円)」のみは用意しているとのことで、そちらも追加で注文です。

5沖縄 油そば 中城村 めんらく亭 沖縄 琉大東口店

カウンター席上の様子です。
店内はL字形のカウンター席のみとなっており、目の前の厨房とはフラットで開放感のある作りとなっています。着席すると簡易テーブルクロスを兼ねているのか、「油そばの食べ方」が書かれた紙シートを敷いてくれました。またお絞りも各人に用意されるようで、この辺りのサービスはコストも掛かっていますね。せっかくですので、「油そばの食べ方」を書き出してみます。

一、酢とラー油を1周半から2周かける
二、タレが全ての麺に絡むようにしっかり混ぜる
三、そして熱いうちに食す
お好みで、華とうがらしをどうぞ(ニンニクあり、無し)

6沖縄 油そば 中城村 めんらく亭 沖縄 琉大東口店

カウンター席上に用意された各種調味料類です。
見切れていますが、大きめのボトルに入っているのがラー油とお酢、その他の調味料類としては「魚粉・華とうがらし・おろしニンニク」となっていました。特にラー油とお酢はたっぷりと用意されており、お店の方も推奨されているようです。

7沖縄 油そば 中城村 めんらく亭 沖縄 琉大東口店

程なくして運ばれた「油そば(大盛)」です。
「油そば」の器は間口が広く、結構な迫力があります。また20円という安価なスープですが、こちらの器も想像したより底が深く、分量がありました。そうそう、書き忘れていましたが、この日の訪問時はお昼のピークを過ぎていた時間帯でしたが、店内はほぼ満席状態となっていました。客層は場所柄か、大学生くらいの若い方が多かったですね。またお店の従業員の方は全員男性で、3~4名で回されていたようです。店頭の垂れ幕などに書かれていますが、漢字表記ですと「麺楽亭」になるようでした。

8沖縄 油そば 中城村 めんらく亭 沖縄 琉大東口店

「油そば(大盛)」のアップ画像です。
本土直送という太めの麺(まぜそばとしては中太と言って良いかな?)ですが、この時点では白い状態です。事前にまぜダレを絡ませておくタイプではなく、最近は少数派になった底に溜まったタレを自分で混ぜ合わせる仕様のようです。個人的にはお店の方の手間にもなりますが、事前に混ぜ合わせて貰ってその上で具材の盛り付けを行う方がムラも出ませんし、見た目も綺麗に食べ進めるのでスマートだと感じるのですが、これはこれで味があるものです。具材はチャーシューが二枚にたっぷりの葱と刻み海苔、そしてメンマとなっています。麺を大盛りにしたこともありますが、最近の「まぜそば」の傾向のなかではシンプルな部類に映りました(但し別途トッピング類も用意されています)。

9沖縄 油そば 中城村 めんらく亭 沖縄 琉大東口店

まずは底に溜まったまぜダレを混ぜ合わせず、そのまま麺を頂いています。
太め(中太)のストレートの麺ですが、もっちりと弾力感を含んだものとなっています。何より特徴的なのが熱いこと! 熱々のあつもり状態で、猫舌の方は冷まさないと口にしにくいでしょうね(^_^;) 季節は冬ということもあり、この熱々さが心地よかったです。

さて、さっそく溜まったまぜダレを混ぜ合わせて頂いてみます。
太麺且つあつもり状態が影響しているのか、箸で持ち上げる麺が重いです(^_^;) 混ぜ合わせきるまでに結構な労力が必要です。底に溜まった混ぜダレ自体も熱いのか、麺を動かすと湯気がたって来ました。混ぜダレは醤油ベースのもののようですね。麺が薄く褐色に染まって行きました。ある程度食べ進めたところ説明書きに書かれていたとおり、ラー油にお酢をそれぞれ一周半ほど回しかけたのですが、これが影響したのか、基本混ぜダレの醤油味のほかに、なにか麺の表面に卵黄が掛かっているような滑らかな口当たりと味わいを感じるようになりました。実際に卵黄が入っているのかな? とまで思いましたが、入っていたとしたら熱で固まってしまいますよね(トッピングに温玉もあります)。元の混ぜダレがそういう味付けになっているのか、途中で加えたラー油によってそういう味わいになったかは不明です。やや薄めのチャーシューを含め、各具材は薬味のように麺を中心頂くといった印象でした。

10沖縄 油そば 中城村 めんらく亭 沖縄 琉大東口店

後半に差し掛かったところで、その他の各種調味料類を投入してみました。
「魚粉・ニンニク・華とうがらし」の三種類があるのですが、このなかで一番馴染みが良かったのは「魚粉」でしょうか。上手く混ぜダレと噛みあい、馴染みのある“魚介風”な味わいに。おろしニンニクも悪くはなかったのですが、混ぜダレの醤油味が濃いので、結構な分量を入れないとニンニクの風味が前面に出てこないようでした。華とうがらしに至っては固まりになって混ざらないので、使いどころが難しそうです。途中で味の変化を加えることで、最後まで飽きずに食べ進めることが出来ました。

11沖縄 油そば 中城村 めんらく亭 沖縄 琉大東口店

「特製スープ」についても少し。
「汁なし麺」ということで、別途20円という安価で用意されているスープです。器の底が深く、画像での見た目より分量がありますので、「油そば(大盛)」と一緒に頼むと結構お腹が苦しくなってくるかも(^_^;) スープ自体は具材に葱が少量入った鶏ガラのあっさり塩梅のシンプルなもので、油そばの合い間に頂くにはちょうど邪魔をしない作りとなっていました。安価ということでお得感もありますし、基本はセットと考えても良いかもしれません。大盛りかつこの日続けて二杯目の麺品目でしたので、お腹いっぱいでの完食となりました。

さて「油そば」一本のこちらのお店ですが、提供品目が周辺他店と被らないということで上手く地域に根付いて行くでしょうか。次回訪問時には追加トッピングの組み合わせで悩んでしまいそうです(考えるのが面倒になって「全部のせてしまおう」となりそうで怖い(^_^;))。その際は必然的に「ライス(100円)」もお願いしそうですが、ラーメン以上に“炭水化物祭り”になりそうで気を付けないといけませんね(笑) 店員さんは男性ばかりでしたが接客も柔らかく、また店内は落ち着いた色合いの内装で清潔感もありましたので、今後も順調に繁盛されることを祈っております。

12沖縄 油そば 中城村 めんらく亭 沖縄 琉大東口店

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県中城村南上原963-2
電話:098-996-1131
営業時間:11:00-22:00
定休日:不定休
駐車場:有り(画像「油」のマークが入っているラインです)

めんらく亭 琉大東口店ラーメン / 中城村)

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

こんばんは^^

まやさんのすぐ隣て食べていたの多分私です|∀・)・・・

デジカメで撮影しているのを見て あっ!この人ブロガーだと思いましたw

食べている時も ”まやさん” かな?と思っていましたよ。
[ 2015/02/04 04:14 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>☆hiro☆さん

こんにちはー。

うーん、どうだったのでしょう?
食べている間は自分は廻りを気にして
いないので……(^_^;)

新店などでしたら、訪れるタイミングも
合ったりするかもしれないですね(笑)
[ 2015/02/04 21:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1380-caceda43










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。