中華厨房 桂林 「ラーメン」

桂林 ラーメン1

前回に引き続き「桂林」に来店しました。
まあ、何というか縁があったといいますか……(ごにょったり(^_^;))。
那覇市小禄方面にある本店ですが、比較的通行量の多い通り沿いにあるのですが、表側に駐車場がないこともあって、店舗は見知っているものの、入店したことがない方も多いと思います。どことなく近寄りがたい雰囲気を発している外観もあって(失礼)、自分もこれまで来店したことはなかったのですが、前回頂いた「桂林特製玉子入りそば(桂林麺)」はなかなか美味しかった一品でした。今回は前回メニューで見て気になっていた、「ラーメン(柳麺)(470円)」を注文しました。変哲もない品目が何故に気になったか不明な方は、前回の記事をご覧になってください(笑)

桂林 ラーメン2

程なくして運ばれた「ラーメン」です。
一緒にチャーハンが写っていますが、これはセットメニューの「チャーハン(210円)」です。卓上に別途、品書き(POP?)が用意されているのですが、そちらには「単品料理にはプラス315円すると、チャーハン・スープをつけられます」と書かれています。頼んだのがラーメン(汁もの)でしたので、お店の方が気を遣ってスープを省くと210円になりますよ、と説明をしてくれたのです。本来中華料理店ですので、単品料理はかなり豊富ですから、本セットを頼むことで多様な中華定食メニューになりますね。

脱線しました(^_^;)
「ラーメン」の具材は至ってシンプル。チャーシュー2枚に、ネギにワカメです。スープはこれまたごくごくあっさりとした醤油味です。チャーシューに中華料理店らしさが表れていますね。口にした時に八角の香りが強くして、次に甘みを感じました。こういうワンポイントがあるだけでも、食べる側には楽しいものです(笑)

桂林 ラーメン3

麺はおそらく前回の「桂林麺」と同じものですね。スープの質が違うだけで(前回は熱々の「あんかけ」です)、これだけ印象が変わるものだと逆に驚きました(^_^;) 麺はそれほど悪くはないと思うのですが、スープがあっさりし過ぎで、後半は少し飽きが来てしまいました。判りやすい「ラーメン」という名称や、軽めの作りなど、この品目は他の中華料理からの追加メニューという位置づけなのかもしれません。スープの塩梅は、他の料理と一緒であれば確かにいい具合かも(笑)

桂林 ラーメン4

せっかくなので、セットの中心となる「チャーハン」のアップ画像です。
盛り付けはさすがに綺麗ですね。雰囲気があります(笑) 口に入れたときに、出来たて熱々なのが嬉しかったです。(時間帯やもちろんお店によりますが、運ばれたばかりであまり熱くない炒飯ってあったりするのですよ(^_^;))

連続での同店舗記事となりましたが、こちらのメニューでもうひとつ気になる麺類があったりします。「北京風味噌そば(炸醤麺)」はどのような一品なのか、両表記ともすごく想像力を刺激される名称で、また次の来店の機会があれば楽しみになります。(※こちら、ジャージャー麺ですね)

桂林 ラーメン5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★☆(5.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市鏡原町26-23
電話:098-859-2700
営業時間:11:00-23:00
定休日:無し
駐車場:有り

桂林中華料理 / 奥武山公園駅壺川駅小禄駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.5

関連記事

チャーハン

チャーハンを見て思い出した話を一つ。
20年以上前の話ですが、地元で月に数回食べに行っていた中華屋の話です。
若い調理スタッフが客にガン見するようなガラの悪い流れ系(一つの店で長続きしない風)?の料理人達が多いような店で一人メチャメチャ、チャーハンを作るのがうまいオヤGがいました。

バクチが好きだったのか、いつも競馬新聞を読んでいるおやGなのですが、このおやGが仕事モードにシフトしての鍋のフリがメッチャ、かっこいいんですよ。
中国料理店のような店だと厨房が客側から見えない所にあるので仕事ぶりが見れませんが、そこはカウンターだけの中華屋の事、もろ仕事が丸見え。(笑)

前フリが長くなりましたが、そのおやGのかっこいいところはチャーハンを鍋で振っていて出来上がりの頃合を見計らいながらチャーハンを丸いオタマに振り集めるんですね。
左利きのおやGだと思うんですけど、左で鍋を振り右手でオタマを持ちながらシャカシャカとチャーハン集めていく姿にウットリしてました。(笑)

大体、6、7回振ると作っていたチャーハンがあのオタマに全部収まっているんです。
そしてオタマに集めたチャーハンをチャーハン皿にバコンと逆さにし、丸くパラパラに仕上げたチャーハンが完成。
オタマですくってバコンは普通に見ますけど、振り集めてのバコンという作業は見ててホント気持ち良かったです。
それが見たくてチャーハンを頼んでいた事もあるほど。。。(汗、笑)

今も同様の店があるとは思うんですけど、ああいった職人ぶりというのはホントかっこいいと思いますデス。
そんな店あるよという店があったら教えて下さい~。(^^;
この作業に対極化した店もあったのですが、長くなりそうなのでまた別の機会に書きますネ。
そちらも目から鱗でしたが。。。(汗、笑)
[ 2011/01/07 02:34 ] [ 編集 ]

>えぼ太さん
こんにちはー。
チャーハンの話、いいですねぇ!(口調池上彰風?(^_^;))
手際をみたところ、鍋を振り慣れていて、本当にパラパラに
仕上げられた職人芸のチャーハンだったのでしょうね。

自分は残念ながらそういったお店を知らない、というか
一度は、誰もが認めるような絶品チャーハンを食べて見たい
と思っていたクチなのです(^_^;) 

えぼ太さんが書かれているようなお店は、少なくとも県内では
なかなか出会えないと思いますよ~。
お互い、そういったお店を発見しましたら情報交換しましょう(笑)

あとせっかくの良い文章なので、某「思い出の~」に転載しても
良いと思いますヨ(ちょっと主旨ズレかもですが笑)。
[ 2011/01/07 23:45 ] [ 編集 ]

>まやさん

お気遣いどうもデス。
自分も書いててコレはややトピずれながらも、思い出の「あのラーメン」に書けそうな
ネタだなって思ってました。

こういったブログに書いたものをコミュで再使用する事に抵抗がありましたが、
まやさん自らおっしゃっていただいているので、そのようにさせて頂きますネ。(^^;
ちと内容を変えますんで。。。(汗、笑)
[ 2011/01/08 00:38 ] [ 編集 ]

>えぼ太さん
こんにちはー。
いえいえ、それこそ遠慮されることないですよ笑
こちらこそブログ記事からあちらへ……といった
流れでいつもやってますので(^_^;)

楽しみにしていますよ(^_^)
[ 2011/01/08 17:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/138-eee60ae6