スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コーヒーと和風丼の店 くくる 「煮干しラーメン」

1沖縄 ラーメン 那覇市 くくる 煮干しラーメン

那覇市松尾の「コーヒーと和風丼の店 くくる」へ行って来ました。
こちらは2013年の1月に訪問して以来の再訪となりますので、約2年振りになりますね。店名からも判るとおり、和風の出汁を効かせた丼物の提供がメイン(喫茶も?)となっています。前回訪問した際は昔懐かしい「東京ラーメン」を頂いたのですが、新たに煮干しを加えたラーメンの提供を始めたのだそう。もっと早くに訪れたかったのですが、牧志公設市場への訪問と併せたかったため、予定より遅れてしまいました。お店には、午前11時半頃の入店です。

2沖縄 ラーメン 那覇市 くくる 煮干しラーメン

「くくる」のお品書きです。
丼物のほか、蕎麦・うどんメニューが並んでいます。丼物は価格帯も幅広く、また品目自体も充実していますね。訪れてからしまったと思ったのですが、確かラーメンの提供を始めた初期の頃は、夕方からの販売だったのですよね。時間設定がないか心配だったのですが、現在は普通にオールタイムで提供をされているようです。専門店でないためスープ切れなどもあるかもしれませんが……。

3沖縄 ラーメン 那覇市 くくる 煮干しラーメン

壁際に掲示された各種メニューです。
基本的に先ほどのお品書きと同内容なのですが、若干細かい内容が記されています。うどんなどは「温・冷」二種類の選択が出来るのですが、基本は「冷」を選ぶと50円増しになるようですね。まあこの寒い季節は「温」一択でしょう。またセットのミニ丼なども画像付きで紹介されています。

4沖縄 ラーメン 那覇市 くくる 煮干しラーメン

さて今回の目的はもちろんラーメンなのですが、メニューは別紙にて掲示されました。元からの取り扱い品目である「東京ラーメン(600円)」と「チャーシュー麺(800円)」から、手書きで追記されている「煮干しラーメン(700円)」をお願いすることにしました。ところでここの本業は「和風丼の店」でもあるのですよね。三軒目となるハシゴラーメンもここで終了ですし、頼まないのも申し訳ないと思い、「ミニ唐揚げ丼(300円)」 を追加注文することにしました(単に唐揚げが食べたかっただけでしょう(^_^;))。

6沖縄 ラーメン 那覇市 くくる 煮干しラーメン

待っている間に店内の様子を写してみました。
外観から想像していたより、店内はゆったり広いスペースが取られています。喫茶店としての側面もあると思いますので、落ち着いた雰囲気は女性にも好まれそうです。ただこの日の店内は店主らしき方お一人で見られていたようで、厨房の位置が奥側にあることから、お客さんが多く入ったら応対は厳しそうでした(女性スタッフもいるようなので、時間帯によって入られるのかもしれません)。

7沖縄 ラーメン 那覇市 くくる 煮干しラーメン

程なくして運ばれた「煮干しラーメン」です。
運ばれると同時に、食欲をそそる煮干しの良い香りが湯気と共に漂って来ました。ノスタルジックな「東京ラーメン」と同様な見た目もそうですが、元より出汁にこだわっているお店でもありますので、これはがぜん期待が高まります。一緒に用意された「ミニ唐揚げ丼」も一個が丸々と大きく、見た目にもこれまた食欲を刺激されます。卓上には唐辛子も用意されていますが、別途胡椒も載せられていました。

8沖縄 ラーメン 那覇市 くくる 煮干しラーメン

「煮干しラーメン」のアップ画像です。
具材はチャーシューにメンマに海苔、それと葱に海苔となっています。なるとのワンポイントとなる彩りは、「東京のラーメン」としてはある意味必須ですね。湯気と共に漂ってくる煮干しの香りに大きな特徴があるものの、具材の構成等、見た目的には以前から提供されていた「東京ラーメン」とそっくりですね。二年前に頂いたそのラーメンと、具材の配置も一緒でした(笑) スープには煮干し出汁のタレが加わっているはずですが、色合いも特に代わらず同じように映ります。

9沖縄 ラーメン 那覇市 くくる 煮干しラーメン

「煮干しラーメン」の麺ですが、細めのちぢれが入ったもの。「東京ラーメン」と共通のものと思われます。メニューの説明書きには『完全無化調で丁寧に作りました。与那覇食品の細いちぢれ麺を使用。あの頃の懐かしい味わいを是非ご賞味ください』と記されていました。その麺に絡むスープですが、鮮烈な香りと共に味わい的にもがっつり煮干しの効いたもの。なんでも数種類の煮干しを用いて抽出されたものとなっているようです。元があっさりした醬油味ですので、そのぶん煮干しの存在感が際立ちます。具材のチャーシューにメンマなどを合間に挟みつつ、麺とスープを味わって食べ進めました。

11沖縄 ラーメン 那覇市 くくる 煮干しラーメン

一緒に頼んだ「ミニ唐揚げ丼」です。
ライスの器は控えめながらも、それが全部隠れるくらい一個が大きめな唐揚げが三個分入っています。表面はカリッと固めな食感ながらも、肉厚な唐揚げは柔らかで食べ応えのあるものでした。刻み海苔が敷かれたライスはもちろん、ラーメン共々がっつり完食となりました。

ラーメン専門店ではなく、また場所柄なかなか訪れる機会が作れませんでしたが、こうなって来ますと残り一品目となった「チャーシュー麺」も頂きたくなって来ましたね。必然的にご飯ものとの相性も良さそうですし、未食のミニ丼と一緒に注文すると更にがっつり満足感が高そうです。以前あった、ラーメンの提供時間制約が無くなったのも嬉しかったところです。次回の機会がいつ作れるか判りませんが、今回ほど期間が空くことはないだろうと思います。

12沖縄 ラーメン 那覇市 くくる 煮干しラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市松尾2-12-14
電話:098-863-4558
営業時間:11:00-22:00
定休日:不定休
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1369-93ee26ad










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。