スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

御食事処 ツバメ 「海鮮ラーメン」

1沖縄 ラーメン 那覇市 御食事処ツバメ 海鮮ラーメン

那覇市牧志公設市場内の「御食事処 ツバメ」へ行って来ました。
去年の今頃も同じ那覇市牧志公設市場内の「きらく」へ寄ったのですが、夏頃の再訪を考えていたところ丸一年経ってしまいました。去年の夏は色々とブログ企画も立て込んでおり、あまり新店開拓は出来ませんでしたね。牧志公設市場内2階の飲食店は「沖縄食堂」といった趣きのお店が多く、沖縄料理から中華まで、多岐にわたる品目を提供されています。前回訪れた「きらく」と同様、こちら「御食事処 ツバメ」もそのような営業形態となっており、多数の品目のなかにラーメンも取り扱っていると知っての来店です。お店には、週末の午前11時前の訪問となりました。

2沖縄 ラーメン 那覇市 御食事処ツバメ 海鮮ラーメン

お店の前に公設市場内の風景を少し。
てびちやチラガー、なかみなど豚さんのコーナー。なんといいますか、市場内はやはり活気があってどこかこの雰囲気だけでワクワクしますね。地元沖縄の自分でもそうですから、観光客の方などにとっては興味深いスポットだと思います。あと個人的には夏場より、やはり寒い冬の時期が気持ち的にも上がりますね。

3沖縄 ラーメン 那覇市 御食事処ツバメ 海鮮ラーメン

さて店頭に掲示されたお品書きです。
余りにも取り扱い品目が多く、画像ではまったく判別が出来ないでしょうが、大まかな雰囲気は感じ取って貰えると思います(笑) 基本はどの店舗もフロア内オープンな作りになっているのですが、壁際にあたる部分にも多くのお品書きが記された木札が下げられていました。

4沖縄 ラーメン 那覇市 御食事処ツバメ 海鮮ラーメン

卓上に用意されたお品書きです。
大まかな分類としては『沖縄料理・海鮮料理・中華料理・一品料理(おつまみ類)・山羊料理・アルコール等ドリンク類』となっています。ラーメン品目は四種類あるのですが、面白いのがここでの分類です。沖縄料理の項に「味噌ラーメン(600円)」・「ラーメン(500円)」 が用意されており、次の海鮮料理の項に「カニラーメン(800円)」 ・「海鮮ラーメン(650円)」が設定されています。海鮮料理はまあ分類として判らなくもないですが、沖縄料理に分類されるラーメンとは何でしょう?(内地の方などは沖縄そばをラーメンとして取り扱う方もいらっしゃいますが……) 分類しますと一番適切だと思われる中華料理の項には、一品目も用意されていなかったりします。

5沖縄 ラーメン 那覇市 御食事処ツバメ 海鮮ラーメン

さて今回の注文ですが、海鮮料理の項より特徴的で興味を引いた、「海鮮ラーメン(650円)」をお願いすることにしました。お品書き自体は大判で見やすいのですが、俯瞰で写そうとすると文字が判別出来ませんので、アップで掲載しておきます。海鮮ラーメンについては価格改正の跡が伺えますね。今回はこれからハシゴラーメンの予定を立てていましたので、ラーメン単品目の注文に留めています。

6沖縄 ラーメン 那覇市 御食事処ツバメ 海鮮ラーメン

待っている間に店内の様子を撮影してみました。
先述したとおり牧志公設市場2階は基本大フロアとなっており、大まかな仕切りはあるものの、入り口部分はオープンとなっています。雑多な雰囲気も込みで、市場の店舗らしい活気が感じられてそれだけでも楽しさを感じます。

7沖縄 ラーメン 那覇市 御食事処ツバメ 海鮮ラーメン

程なくして運ばれた「海鮮ラーメン」です。
品目名だけではもうひとつ見た目が想像しにくかったのですが、用意されてみますと納得な作りの一品となっていました。印象でざっくりというと、「具材に海鮮物が入ったタンメン」といったところでしょうか?

8沖縄 ラーメン 那覇市 御食事処ツバメ 海鮮ラーメン

「海鮮ラーメン」のアップ画像です。
具材としては野菜類として白菜・玉葱・人参・青菜・椎茸・葱・わかめなど、海鮮として烏賊・蛸・帆立・海老などが入っていました。スープは淡くやや黄色みがかっており、塩味仕立てのスープになっているようです。一階では海産物が販売されていますし、ある意味公設市場で頂くのに相応しいタイプのラーメンではないでしょうか。

9沖縄 ラーメン 那覇市 御食事処ツバメ 海鮮ラーメン

「海鮮ラーメン」の麺ですが、中細のストレートのもの。ある意味お約束のような、やや柔らかめな茹で加減の麺となっていました(でもそれが良いのです)。その麺に絡むスープですが、ほど良い塩梅の塩味のもの。野菜のほか具材の海産物からも出汁がでているのでしょうか、潮の香が感じられるような少し癖のあるスープとなっていました。柔らかめな加水率の低い麺がこの塩味のスープを吸って、食べ進めるなかで食べ応えのある一杯へとなっていったようです。ふだん頂くラーメンではあまり見かけない具材も、見た目の楽しさ(美味しさ)に繋がっていますね。食材的には高価なものではないかもしれませんが、特別なロケーションも相まって満足感たっぷりに食べ終えることが出来ました。最後はもちろん、スープの一滴も残さず完食です。

実は当初は、同フロア内にある「次郎坊」というお店に寄ろうと考えていたのでした。そちらも基本は今回の「ツバメ」や前回「きらく」と同様、「沖縄食堂」といった趣きの店舗で、扱っているラーメンは二種(もしかしたら一種類)でしたので、四種類のこちらの訪問を優先しました。冬場の牧志公設市場の雰囲気は好きですし、また次回の機会は来年というのもスパンが長過ぎますので、そう遠くない内の再訪もあるかもしれません。そうそう、この後に近隣2店舗のハシゴラーメンとなっております。つづく(^_^;)

10沖縄 ラーメン 那覇市 御食事処ツバメ 海鮮ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市松尾2-10-1(牧志公設市場2階)
電話:098-867-8696
営業時間:10:00-20:00
定休日:第4日曜日
駐車場:無し

関連記事

美味しそうですね

先日、石垣からの帰りに空港食堂で食べてきたんですが、ちゃんぽんってボタン押して長崎チャンポン出てくると思いきや、なんか違うのがでてきてびっくり^^;

こっちでチャンポンって違うんですねw 美味しかったから良かったですけどw
[ 2015/01/18 19:16 ] [ 編集 ]

Re: 美味しそうですね

>(´・ω・`)さん
こんにちはー。
沖縄でのちゃんぽんはご飯物ですね(笑)
あまり家庭で作るものではありませんが、
沖縄食堂では定番の裏ソウルフードになります(^_^)
[ 2015/01/19 17:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1366-484cc614










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。