スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺処 梅亭 「しょうゆラーメン」

1沖縄 ラーメン うるま市 梅亭 しょうゆラーメン

うるま市みどり町の「梅亭」へ行って来ました。
こちらは以前「麺屋 明(AKI)」が営業されていた場所になりますね。残念ながら閉店されてしまいましたが、そう選択肢の多くないうるま市近隣一帯のなか、美味しいラーメンを提供されていたお店でした。個人的にもう少し寄りやすい立地でしたら、ひととおりの品目を試していたかと思います。さてその跡地にお店を構えた今回の「麺処 梅亭」ですが、こちらはうどんや日本そばなど、麺類全般を扱っているお店となっています。店頭の垂れ幕を見ますとラーメンも提供されているようで、寄ってみることにしました。ちなみにオープンは2014年9月頃とのこと。今回も若干番外編になりますね。お店には、平日の正午頃の訪問です。

2沖縄 ラーメン うるま市 梅亭 しょうゆラーメン

「麺処 梅亭」のメニュー表です。
ざるそばやきつねうどんなど、和風なラインナップが数多く並ぶなか、「しょうゆラーメン(650円)」の文字が読み取れます。「麺処」と銘打たれていますが、元ラーメン店の跡地ながらもラーメンは一種類しか提供されていないのはちょっと寂しいかな? ただ、沖縄そばを扱っていないのは、本店舗のこだわりというか矜恃を感じさせます。多くの品目が並を中心として、100円単位で特盛りと小を選べるようになっていますね。さて今回の注文ですが、もちろんお目当てとなる「しょうゆラーメン(600円)」をお願いすることにしました。お品書きでは650円と書かれているのですが、お会計では600円となっています。

3沖縄 ラーメン うるま市 梅亭 しょうゆラーメン

壁際にも短冊形式でお品書きが貼られています。
手元のメニュー表はあまりにも味気ない表形式でしたが、手書きの赤札は味がありますよね。まあ煩雑な並びになってしまいがちで、選ぶには迷ってしまったりもするのですが……(^_^)

4沖縄 ラーメン うるま市 梅亭 しょうゆラーメン

カウンター席上部側のお品書きです。
こちらでは定食などの内訳が判るようにメニューが貼り出されていました。多くの定食で「茶碗蒸し(単品では170円)」が付いているのですが、きっとお得感のある構成になっているのでしょう。個人的には「豚汁セット(600円:鶏からあげ・ご飯・漬物)」に強烈に惹かれました(笑) ラーメンが無ければ間違いなくこちらを選んでいたことと思います。いまでも食べてみたいですね。

5沖縄 ラーメン うるま市 梅亭 しょうゆラーメン

卓上の調味料類です。
とんかつソースのほか、お馴染みお醤油に一味唐辛子、胡椒などが並びます。とんかつソースは「とんかつ定食(850円)」辺りしか使い道がないと思うのですが、よほど出ている人気品目なのでしょうか? 奥の透明な容器には本店舗らしい、天かすが入っていました。

6沖縄 ラーメン うるま市 梅亭 しょうゆラーメン

「麺処 梅亭」のカウンター席の様子です。
お店は落ち着いた色合いの木目調の内装で、これは「麺屋 明(AKI)」の頃と変わっていません。最近のラーメン店(こちらは麺全般取り扱い店ですが)は、お洒落なこの傾向の内装が多いですよね。カウンター席は自分ひとりだけでしたが、後方のテーブル席には何組かのお客さんが入っています。お店は女性店員さん3名で廻されていました。

7沖縄 ラーメン うるま市 梅亭 しょうゆラーメン

程なくして運ばれた「しょうゆラーメン」です。
トレイに載せて用意されました。レンゲを小皿で受けているのがお洒落(?)ですね。こちらはご飯物も充実していましたので、いつもでしたら追加注文をしているところですが、この日は夜間にがっつり頂く予定もありましたので遠慮しました(^_^;)

8沖縄 ラーメン うるま市 梅亭 しょうゆラーメン

「しょうゆラーメン」のアップ画像です。
具材としてはチャーシューが3枚に葱、メンマに海苔が2枚に、丸々一個分の茹で卵などとなっています。彩りや珍しさで目を惹くのが、カニかまが3本入っているところですね。カニかまは日本人的には代替品のイメージも強いでしょうが、海外では特別受け入れられているメイドインジャパン品目らしいですね。馴染みは薄いですが、添え物の具材として実は結構ラーメンなどにも合うのではないでしょうか?

9沖縄 ラーメン うるま市 梅亭 しょうゆラーメン

「しょうゆラーメン」の麺ですが、中細のややちぢれが入ったもの。若干やわめな、程よいゆで加減の麺となっていました。スープに対し、当初の印象より麺の分量は結構あったかと思います。その麺に絡むスープですが、基本は上品に仕上げられた和風な醤油味で、そこにゴマ油等でパンチを加えたもののようでした。器の形状にも拠っているかもしれませんが、具材の盛りだくさん感もあって、食べ進めるなかで飽きが来ることはありませんでしたね。チャーシューの一枚はそう大きくないのですが、カニかまも含めて3つ入りなのはローテーション的に嬉しいところです。

10沖縄 ラーメン うるま市 梅亭 しょうゆラーメン

中盤を過ぎた頃に、せっかくなので卓上の調味料類を投入してみました。
胡椒は醤油味のスープと相性が良いですよね。一味唐辛子の安定感はいわずと知れたところです。ここで「麺処 梅亭」らしさのある天かすですが、うーんちょっと微妙だったような(^_^;) 本来、和風なスープと似合うはずですが、具だくさんなのが災いして埋まってしまったような……。投入するタイミングを後半にしたら良かったのだろうと、いま思うとそう感じます。最後はもちろん、スープの一滴も残さず完食です。

提供されているラーメンは今回の一種類ということもあり、次回訪問の機会はなかなか作れないでしょうね。ただ本文中でも触れたとおり、「豚汁セット(600円)」がとても気になっております。豚汁と鶏のからあげの組み合わせなんて、自分にとっては反則気味だったりします(笑) お店は「麺処」を謳っていますし、今後にラーメンのラインナップが増えたら嬉しいですね。

11沖縄 ラーメン うるま市 梅亭 しょうゆラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県うるま市みどり町4-20-18
電話:098-974-6353
営業時間:11:00-22:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1362-b3890de3










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。