スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日高屋 新橋栄通店 「中華そば」

1東京 ラーメン 日高屋 中華そば

東京都港区新橋の「日高屋 新橋栄通店」へ行って来ました。
「東京ラーメン紀行」の記事はまだ二つほど残っていますが、こちら「日高屋」は実は今回の上京で最後のラーメン、そして二度目の訪問となっております。どういうことかといいますと、夜中に別営業店へ訪問して(24時間営業店だったはず)画像撮影したまでは良かったものの、デジカメのダイヤル設定が絞り優先に回っていてしまい、真っ暗な画像になっていたのでした(^_^;) また記憶もほぼ飛んでおり、心残りになっていたことから、滞在最終日のボロボロな身体でお店に寄ることにしました。「日高屋 新橋栄通店」には午後3時過ぎの訪問です。

2東京 ラーメン 日高屋 中華そば

店内に入る前に「日高屋」のショーケースです。
「幸楽苑」と同様に、チェーン店らしいサンプルが並んでいるのは眺めていても楽しいものです。看板には「熱烈中華食堂」とも書かれていますし、ラインナップはラーメン専門店の「幸楽苑」と異なり、どちらかというと中華料理店寄りの「餃子の王将」に近い業態になるのでしょうか? さてまだ昼過ぎとはいえやはり東京の気候は寒いので、さっさと店内に入ることにします(笑)

3東京 ラーメン 日高屋 中華そば

「日高屋」のお品書きです。
「ニラレバ炒め(490円)」などはありましたが、他の提供品目はほぼラーメン専門店といって良い内容でした。トッピングを増した形のバリエーションや、セットメニューも多いのですが、充分飽きの来ない構成ではないでしょうか。さて、これまで他チェーン店で頂いた同様、メイン品目である「中華そば(390円)」や筆頭に記された「餃子(6個入)(210円)」あたりをオーダーしたいところですが、連日の無理がたたり胃腸も厳しいところです。ちょっと日和った形で申し訳ない(?)ですが、半ラーメン辺りを頂くことにしました。

4東京 ラーメン 日高屋 中華そば

別紙で用意されていた「ラ・餃・チャセット(550円)」です。
期間限定のセットものとされていますが、実は構成されている三品目はレギュラーメニューでも掲示されています。それぞれ単品では「半ラーメン(200円)」・「餃子(3個)(110円)」・「半チャーハン(250円)」となっており、合計すると560円で、セットでは10円ほどお得になる計算です。期間限定を謳っていますのでもう少し安くても……とも思いますが、元値が安価なためギリギリの設定なのでしょう。この日はこちら「ラ・餃・チャ セット(550 円)」を頂くことにしました。結局「半チャーハン」が余分に付いたオーダーになっていますが(^_^;) そうそう、「日高屋」のメニューはすべて税込み表示となっています。値上げもあったかもしれませんが、それでも頑張っておられますね。

5東京 ラーメン 日高屋 中華そば

お品書きからおつまみ・アルコール類のページです。
暴飲暴食・二日酔いの身ながらも、このラインナップはそそられました(笑) 200円~300円台のおつまみメニューが並んでいます。アルコールも生ビールからハイボール、日本酒まで揃えられていますね。締めの一杯に訪れて、ちょっと飲み足りない場合に重宝しそうです。そのまま適量・お手頃価格な「半ラーメン(200円)」で締めるというのも有りですね!

6東京 ラーメン 日高屋 中華そば

壁際のカウンター席上と調味料類です。
他店でもそうでしたが、席上のスペースは比較的ゆったりと確保されています。結果として居心地の良さを生み出しており、この辺りはチェーン店らしいノウハウがあるのでしょうね。調味料類としてはお醤油にお酢、ラー油にブラックペッパーと必要最小にして充分な構成でした。

7東京 ラーメン 日高屋 中華そば

程なくして運ばれた「ラ・餃・チャセットセット」です。
三点構成のためトレイに載せられて用意されました。三点セットとはいえ、それぞれ分量は控えめですので、色々と少しずつ頂きたい女性などには適当な内容ではないでしょうか。実際に厨房側のカウンター席にて、同品目を頂いているひとり客の女性の方がいらっしゃいました。さてセットの「餃子(3個)」ですが、焼き目も綺麗で皮がパリっと立っていました。ただ個人的な好みとしては皮は厚めの方が嬉しいかな。「半チャーハン」の方ですが、作りたてということで熱々で美味しかったのですが、ふだん頂くチャーハンとどこか食感が異なるような……。通常は細かなブロック状のチャーシューが入っているところに、どうもそぼろ肉のような小粒で柔らかなお肉が入っているようでした。これはこれで良いのですが、やや(味付けではなく食べ応え的に)あっさりと感じる方もいるかもしれません。あとから知ったのですが、化学調味料は可能な限り使わないようにしているそうですね。

9東京 ラーメン 日高屋 中華そば

「半ラーメン」の麺ですが、細めのやや捻りが入ったもの。少し柔らかめの茹で加減で、ある意味イメージ通りの麺になるかもしれません。その麺に絡むスープですが、ごくあっさりとしたくせのない醤油味のもの。細めの麺を含めシンプルな作りが締めの一杯としても似合いそうです。具材はチャーシューにメンマ、葱に海苔となっており、これまたスタンダードな構成です。さすがに半ラーメンのみでしたら口寂しいでしょうが、今回はセットの餃子と半チャーハンともども、美味しくバラエティ豊かに頂きました。セットものを頼んでスープくらい若干は残すつもりでしたが、毎度それは申し訳ない感が強く結局完食です(^_^;)

こちらの「日高屋」ですが、ラーメン店的提供品目としては「凄くふつう」といった印象です(熱心なラーメンファンには(チェーン店全般に言えることですが)見向きもされないかも(^_^;))。ただここはその安定感に加えて、お手頃価格なおつまみメニューが充実しており、締めの一杯に至る前の居酒屋使いにも重宝しそうです。自分の地元にあれば、結構な頻度で利用することになるかもしれません(笑) さて「東京ラーメン紀行」は趣きを変えたお店があと二店ほどあるのですが、当ブログ的に趣旨が外れている部分もありますので、いったん「沖縄のラーメン店」に戻り、該当店は更新の合い間にご紹介することになると思います。

10東京 ラーメン 日高屋 中華そば

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:東京都港区新橋2-8-2
電話:03-3504-1011
営業時間:11:00-翌4:00
定休日:無休
駐車場:無し

関連記事
[ 2015/01/07 00:00 ] 県外のラーメン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1361-295f361d










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。