スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2014年 閉店した「沖縄のラーメン店」

2014年も本日で最後となります。
当ブログ記事として取り上げた「沖縄のラーメン店」のなかから、残念ながら今年閉店となったお店について、いま一度言及してみようと思います。去年も同様な記事を同日に書いたのですが、二度と取り上げる機会がなくなってしまうかと思うと、やはり触れずにおくことは出来ないですね。閉店までの経緯はお店によって様々なのでしょうが、経営されていた方々の、今後のご活躍をお祈りしています。(※各店舗については、店名部分にて最終更新記事をリンクしています)

------------------------------------------------------------------------

■たつぞう
沖縄における“まぜそば”のパイオニア的存在のお店として、閉店の報はとても残念なことでありました。閉店事由に詮索する訳ではありませんが、熱心な新興ラーメン店ファンや地元のお客さんで繁盛していたと思うのですが……。

■だいじろう SELECTION
同じように「たつぞう」の関連店舗も閉店をされました。前年には同様に“二郎インスパイア系”のパイオニア的存在だった「だいじろう」が閉店されており、関連系列店舗はすべてなくなってしまいました。跡地には「らぁ麺SHOP hid'e」が営業されています。

■二代目たつぞう
「たつぞう」の跡地にオープンしたラーメン店。「たつぞう」の名前を残してはいるものの、実質「偶グループ」の運営らしく、“鮮魚系”という先鋭的な品目を提供されていました。ただ提供品目が先鋭過ぎたことと、店舗名(リスペクトがあってのことでしょうが……)と提供品目とのコンセプトにやや矛盾が生じていたからか、来年からは改めて出店をし直されるようです。

■たっちゃんラーメン
営業開始直後は先の「たつぞう」プロデュース(?)店のようでしたこちらのお店ですが、様々な変遷を経た末、いつの間にか閉店されていたようです。

■せたが屋
内地の有名ラーメン店で、実際に美味しい品目を提供されていたのですが、ドンキホーテ最上階という立地で苦戦されたのでしょうか、残念ながらの撤退の報でありました。

■麺や辰
沖縄県民に馴染み深い骨太な豚骨(魚介)ラーメンで頑張っていたこちらのお店ですが、残念ながらも閉店となりました。地元の方に受け入れられていたと思いましたが、やはり競争が厳しい部分もあったのでしょうか。

■登竜門 宜野湾店
那覇市で人気を博す「登竜門本店」からの2号店ですが、店舗内装などのトラブルもあったようで、残念ながら営業再開を断念されたそうです。お店の品目を味わうことは本店で現在でも可能なのですが、中部在住のファンにとっては悲しい一報だったことでしょうね。

■豪ーめん
豪快な「豪ーめん」の他にも、営業終盤期には多彩な品目提供もされていたようですが、こちらも残念ながら閉店されました。南部は糸満市の住宅街といった立地でしたので、場所的に厳しい部分もあったのかもしれません。跡地には「中華そば三太」が営業されています。

■麺屋 仁(JIN)
ラーメン店的品目はもちろん提供品目も多彩で、個人的にはなかなか良店だったと思うのですが、土地柄専用駐車場の確保が難しく、常連客は付きにくかったのかもしれません。

■北谷軒
念のためしばらく前の「北谷ラーメン紀行」の際に再訪してみたのですが、お店は無くなっていたようです。北谷町はさりげなくラーメン店舗数も多い激戦区ですので、今後も競争が激しくなっていくことが考えられます。

■麦翔
比較的に以前から営業をされていたのですが、こちらも残念ながら閉店されました。安価な価格設定に変更されたりと、経営にも試行錯誤を施していたようですが、消費税増税などの外的要因の影響があったのか、継続営業は厳しかったようです。

■麺屋 明(AKI)
こちらは営業開始から一度しか訪問出来なかったのですが、とても好印象を持っていたお店でありました。大衆的な気軽さと丁寧なこだわりとのバランスの良い店舗だったかと思います。といいますか今更ながらも思ったのですが、店名が酷似しているようですが、先の「麺屋 仁(JIN)」と営業系列が一緒だったのでしょうか?

■麺屋 若葉
お店のコンセプトに工夫を凝らしたり、営業活動も熱心に行っていたようですが、こちらも残念ながら閉店されました。営業初期は結構訪れる機会の多い店舗でありました。

■米島らーめん
豊見城市で営業されていた「米島ラーメン」が、柔らかな表記の「米島らーめん」として移転されたのですが、残念ながら閉店されたようです。味わいも少しばかりマイルドになった印象でした。

■麺屋 風神
豚骨ラーメンをメインに提供されていたお店ですが、こちら国際通り周辺は明確にラーメン激戦区なのですよね。酔客も多い立地ですし、マイルドな豚骨は厳しかったのかも……。

■ラーメン 久真
目立たない地域ながらも、それなりに長く営業をされていたかと思われるのですが、いつの間にか閉店をされていたようです。地元の常連さんもいたかと思うのですが残念です。

■中華料理 龍
北谷町で営業されていた中華料理というか中華居酒屋さんの印象が強いお店でしたが、残念ながら閉店されたかと思いきや、実は読谷村にて「グルメ香港」という店舗名で移転されました。

■グルメ香港
上記のとおりだったのですが、読谷村の営業店も余り長く続かず、残念ながら閉店してしまったそうです。個人営業店といった印象はなかったですので、経営母体はあったのでしょうが、それでも閉店の報には寂しいものがありますね。

■空海 若狭店
こちらは正確には閉店という訳ではなく、「梅屋」という店舗名に改名されただけのようなのですが、実質的に同店舗名は無くなったということで、個人的に備忘録な意味でも名前を挙げさせて貰います。「梅屋」も実は未訪のままだったりするのですよね(^_^;)

■丸豚
ここも「空海」と同様、店名を変更されて「特濃中華蕎麦いわし」になったということで、同じく備忘録な意味で挙げさせて貰います。「特濃中華蕎麦いわし」は改名直後に訪問済みですが、最近は安定して営業されているようなので、改めて再訪したいと考えているところです(笑)

■麺や 風゜太郎
本部町瀬底というある意味特殊な立地ながら、ラーメンに限らず本格的な各種麺類を提供されていた存在感のあるお店でした。熱心なファンはいたかと思うのですが、年内に営業終了らしく安定した経営はやはり場所柄から難しかったのかもしれません。

■日の出らーめん
正確には2013年末閉店されたらしいのですが、一報を耳にしたのは2014年に入ってからでした。こちらも常連さんが付いた人気店といった認識でしたので、意外で寂しいお知らせでした。跡地には「三竹寿 宜野湾店」が入っています。

------------------------------------------------------------------------

2014年最後の記事は、少しばかりしんみりとした内容になってしまいました。
実際には未訪のまま今年閉店したラーメン店もあるのですが、それと共に新たに開店したお店も数多くあります。来年もまた、美味しい「沖縄のラーメン店」に出逢えることを期待しております。

さて個人的に2014年中に頂いたラーメンの杯数ですが、現在はやや縮小運営となっていますので、数を数え直すのがちょっと面倒だったりします。まず更新記事数から単純に計算してみますと、272杯になります。そのうち雑談記事12本のほか特設ページ記事の4本を除きますと、256杯となりました。実際は去年頂いて更新が今年になった分もあるのですが、今年未更新の分も多くありますので、長めのスパンで考えますと一年辺り頂いた数は同じになるということで、これで良しとしましょう(足したり引いたりするのが面倒なのです(^_^;) ちなみに未更新分の記事は20本以上あったりします)。最後になって長々と書いてしまいましたが、こうしないと自分で一年間のラーメン記録が総括が出来ないので、まとめさせて貰いました。

本年中において当ブログへ訪問してくれた閲覧者の方、美味しいラーメンを提供してくれた沖縄のラーメン店の方々、2014年中は誠にありがとうございました!


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1357-5f434c52










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。