スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

支那そば 幸楽 「正油ラーメン」

1沖縄 ラーメン 石垣島 幸楽 正油ラーメン

石垣市美崎町の「支那そば 幸楽」へ行って来ました。
はい、今回も前回に引き続き、去年の9月の連休中に訪れた「石垣ラーメン紀行」記事となっております。前回記事の「大衆食堂 しこや」は状況が特殊過ぎたこと(目的が異なっていた・ラーメン専門店でもないことなど)もあり、ずっとアップしそびれたままだったのですが、こちら「支那そば 幸楽」は、かなりアルコールが入ってしまったため、記事にするのを見送ってしまったのだろうと思います(たぶん)。まあでもせっかくの訪問記録ですので、記事に起こすことにします。お店は2012年夏頃にオープンされたようですね。訪問は去年のことですので、思いのほか新しいラーメン専門店だったようです。石垣市は人口密度に対してラーメン店が密集しているように感じます。お店には、連休中の午前0時過ぎの訪問となりました。

2沖縄 ラーメン 石垣島 幸楽 正油ラーメン

店頭に掲示されていた「おやじのこだわり」です。
店主からの紹介として、「麺・スープ・具材」それぞれにこだわりが記されています。これまた思いのほか気合いの入ったお店だったようですね。改めて素面の状態で訪れてみたかったものですが、こちらは午後6時から午前3時までと、夜間営業のお店だったりします。土地柄も含めて(繁華街といえる美崎町)、酔客を対象顧客にしてもいるでしょう。各こだわりについては記事中にて、おいおい触れて行きます。

3沖縄 ラーメン 石垣島 幸楽 正油ラーメン

「支那そば 幸楽」のお品書きです。
2013年9月時点の品目と価格構成ですが、参考までにラーメン(麺)類はすべて書き出してみます。「正油ラーメン(680円)・塩ラーメン(730円)・台湾ラーメン(730円)・塩台湾ラーメン(880円)・韓国風冷麺(730円)」などとなっています。「台湾ラーメン」についてはあちこちで見かけるようになったなぁ……と以前も書いた覚えがありますが、お店の方がご当地の名古屋出身の方らしいですね。いきなり価格が上がる「塩台湾ラーメン」が気になります。しかし消費税増税前でもありますし、やや価格設定が高めなようにも感じます。ここは原材料などこだわりが発揮されているのでしょう。その他トッピングにおつまみ、ご飯ものにドリンク類も用意されています。特におすすめなのは「心心餃子(400円)」なのだそう。さて今回の注文ですが、しばし迷いながらも、やはり筆頭に記された「正油ラーメン(680円)」をお願いすることにしました。

4沖縄 ラーメン 石垣島 幸楽 正油ラーメン

裏面のセットメニューです。
午後11時までの限定セットということで、お好きなラーメンにプラス300円で「ラーメンチャーハンセット」・「ラーメン餃子セット(ご飯付)」、プラス500円で「ラーメン餃子チャーハンセット」にすることが可能なのだそう。そうそう書き忘れましたが。こちらは入り口側に設置された券売機による販売方式となっています。

5沖縄 ラーメン 石垣島 幸楽 正油ラーメン

程なくして運ばれた「正油ラーメン」となっています。
事前の刷り込み(?)もあるかもしれませんが、シンプルながらもなかなか雰囲気のある佇まいですね。画像左手側にカウンター席があるのですが、今回はゆったりテーブル席に座らせて貰いました。卓上の調味料類はシンプルに胡椒のみとなっています。餃子を注文の際はタレも一緒に付いているのでしょう。また営業形態から、最近はラーメン専門店ではぐっと少なくなって来た灰皿も用意されています。

6沖縄 ラーメン 石垣島 幸楽 正油ラーメン

「正油ラーメン」のアップ画像です。
具材としてはチャーシューにメンマ、葱に海苔となっています。麺の色合いや形状が特徴的で、店内の照明が明るめのこともあってか、下地となる正油スープとの対比も綺麗に映っています。こだわりのチャーシューですが、良質のバラ肉を使った石垣の塩で味付けされたものだそう。メンマは穂先メンマだそうですが、画像では判りづらいですね(でも柔らかかったと思います)。

7沖縄 ラーメン 石垣島 幸楽 正油ラーメン

「正油ラーメン」の麺ですが、中太平打ちのひねりが入ったもの。見た目にも特徴がありますね。何でも名古屋一の製麺所にて作られたオリジナル麺なのだそう(二種類あるとのことでもうひとつは細麺らしいです(塩・台湾ラーメンに使用))。やや柔らかめな茹で加減でしたが口中で存在感があり、充分に美味しい麺でした。その麺に絡むスープですが、鶏ガラに魚介、香味野菜などを用いて丁寧に作られたもの。旨みははたっぷりながらも、口当たりはあっさりとした昔ながらの懐かしい味でありました(と、お店の方もそのような作りを目指しているのだそう(笑))。重すぎることのない仕上がりのスープは、締めの一杯として最適だったのではないでしょうか。最後はもちろん一滴も残さず完食です。

石垣島には当面は訪れる予定がありませんので、次回の訪問機会はいつになるかはまったくの未定です。しかしながら本店舗は営業時間帯も深夜までやっていますし、興味を引く未食品目もあることから、訪島の際はまた立ち寄ることでしょう。地元の評判は判りませんが、現在も元気に営業をされているようなので、“こだわりの一杯”はきっと受け入れられているのでしょうね。

8沖縄 ラーメン 石垣島 幸楽 正油ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県石垣市美崎町12-1 海邦ビル1F
電話:0980-82-1777
営業時間:18:00-翌3:00
定休日:不定休

幸楽ラーメン / 石垣市)

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1346-4ba330a8










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。