スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夜麺食堂 松風 「松風ラーメン」

1沖縄 ラーメン 沖縄市 夜麺食堂松風 松風ラーメン

沖縄市上地の「夜麺食堂 松風」へ行ってきました。
こちらは本日(12月6日(土))オープンしたお店となっています。なんでも沖縄市胡屋十字路に面した「麺や KEIJIRO」の姉妹店らしく、オープンから一年を経て多店舗展開をされることになるようですね。ただ「夜麺食堂」という屋号からも判るとおり、現在は夜遅めの午後10時から朝方6時までと、飲み屋街の酔客を顧客対象としているらしく、一般のラーメンファンには少しばかり寄りにくい条件かもしれません(場所柄専用駐車場も無し)。すぐ近隣にはお馴染み「屋台ラーメン 中の町店」が営業をされており、開店時間帯等、直接競合する形になっています。お店には、週末の深夜の訪問となりました。

2沖縄 ラーメン 沖縄市 夜麺食堂松風 松風ラーメン

「夜麺食堂 松風」の券売機です。
せっかくですので、掲載されている品目をすべて書き出してみます。「松風らぁめん(800円)・松風らぁめん全部のせ(950円)・松風つけ麺(800円)・松風つけ麺(950円)・台湾まぜそば(並・大)(750円)」などとなっています。各品目の下部には英語表記のボタンも用意されていました。また「らぁめん替玉(100円)」・「つけ麺特盛(150円)」・「まぜそば特盛(50円)」での対応をされているようでした。それとトッピングも充実していますね。これまた書き出してみますと、「ネギ・メンマ・のり・バター・もやし・甘辛肉味噌・秘伝味卵(以上100円)・チャーシュー(200円)」となっています。またオープン初日はボタンが×印で提供されていませんでしたが、「ライス(100円)・おかず(300円)・松風茶漬け(350円)・「松風餃子(400円)」・瓶ビール(500円)・季節限定(800円)」も今後の提供を考えられているようです。さて前置きが長くなりましたが、今回は筆頭の左上隅の掲示された「松風らぁめん(800円)」をお願いすることにしました。

3沖縄 ラーメン 沖縄市 夜麺食堂松風 松風ラーメン

待っている間に店内の様子を撮影してみました。
店内はL字型のカウンター席のみのこぢんまりとした作りとなっています。左手側すぐが入り口で、背後に先ほどの券売機が設置されていました。厨房は男性の店主お一人で見られており、カウンター越しに品目を受け取る形になります。営業形態や店内規模から、程よいバランスになるのでしょう。ちょっと面白かったのがカウンター席上に調味料類が一切置かれてなかったこと。少しばかり予定よりオープンが遅れたようですし、今後は餃子の提供なども考えているとのことで、これから整備がされていくのでしょうね。

4沖縄 ラーメン 沖縄市 夜麺食堂松風 松風ラーメン

程なくして運ばれた「松風ラーメン」です。
品目名からはどのような内容なのかまったく想像が出来ず、店主さんからカウンター越しに渡されるまで、かなり期待でドキドキとしておりました(笑) 店名を冠した和風な雰囲気の「松風らぁめん」ですが、濃厚な色合いの豚骨(?)系統のラーメンのようですね。余談ですがこちらの「松風」という店名、どうも「麺や KEIJIRO」の由来と思われる「前田慶次郎」の愛馬、「松風」から取られているようです。「麺や KEIJIRO」ではジャンプで連載されていた「花の慶次」のコミックスが置かれていましたね。

5沖縄 ラーメン 沖縄市 夜麺食堂松風 松風ラーメン

「松風ラーメン」のアップ画像です。
具材としては、香ばしい匂いを漂わせる炙りチャーシューが二枚、メンマに葱にニラ、そして最上部にはもみ海苔が添えられていました。濃厚な茶褐色のスープ表面にはマー油が浮かべられており、これはある意味判りやすく、あじくーたーな沖縄の人が好みそうな仕様になっているようです。「麺や KEIJIRO」の方では、オープン当初にお勧めだったらしい「まぜ麺」しか頂いておらず、系統的に共通なものなのかその辺りは不明です。

6沖縄 ラーメン 沖縄市 夜麺食堂松風 松風ラーメン

「松風ラーメン」の麺ですが、中太の平打ち気味のちぢれが入ったもの。濃厚なスープに負けないもっちり弾力感のある麺で、絡みも良くがっつり食べ応えのある作りとなっていました。その麺に絡む濃い茶褐色のスープですが、意外にも香ばしさを含んだ味噌味となっております。想像していてよりそこまで粘度は高くなく、マー油の風合いがほど良くアクセントになっていました。具材の炙りチャーシューの香りも良く、また柔らかく食べ応えもありました。この日は提供されていませんでしたが、これは「ライス」が欲しくなってくるかも(^_^;) 同じく卓上に調味料類が用意されていませんでしたので、中盤にはやや単調に感じた部分もありましたが、最後まで安定して美味しく頂けたかと思います。最後はもちろん、スープの一滴も残さず完食です。

ラーメン一杯800円という価格設定ですが、少しばかり高いようにも感じますね。まあ一般的なラーメン店とは異なる営業形態ですので、一概に言えない部分かもしれません。150円増しで「全部のせ」が用意されていますので、満足感はそちらの方が高いかも。まだ未提供品目もありますし、お店の体制もこれから整っていくものだと思います。営業時間帯的になかなか気軽には寄れませんが、近隣は何気にラーメン店が充実していますし、機会があればそう遠くない内にハシゴの形での再訪があるかもしれません。

7沖縄 ラーメン 沖縄市 夜麺食堂松風 松風ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県沖縄市上地2-2−11
電話:不明
営業時間:22:00-翌6:00
定休日:不明
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1341-e1ef8daf










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。