スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

つけめんGochi 「濃厚鶏SIOつけ麺」

1沖縄 ラーメン 沖縄市 つけめんGochi 濃厚鶏SIOつけ麺

沖縄市上地の「つけめんGochi(ごち)」へ行って来ました。
「てだこラーメン」さんにて、2014年12月1日に新規オープンされるという書き込みを見て、さっそく行って来ました。さてこちら「つけめんGochi」ですが、個人的に整理する意味でも出店までの経緯を書き出してみます。確か前身は「ブエナ・パレハ」というバーで、バーながらも美味しい創作ラーメンを出すお店として評判になったのでした。その後めでたくラーメン専門店「麺やTANREI」としてお店を開きました。そちらは業態の変更を経ながらも熱心なファンが付いていたかと思うのですが、惜しまれながらも閉店。その後一時期「番外編(?)」といったお店を営業していたようですが、こちらも短い期間で店を畳まれたようです。しばらく経ってそれまでの流れを汲むラーメン専門店として、沖縄市胡屋の目立たない立地に「麺やGochi」を2014年6月に開業。営業が好調なのか、その半年後に「つけめんGochi」のオープンとなったようです。ちなみに「つけめんGochi」の立地ですが、最初に営業していた「ブエナ・パレハ」の向かい側の店舗となっています。前置きが長くなりましたが、お店には夜間の訪問となりました。

2沖縄 ラーメン 沖縄市 つけめんGochi 濃厚鶏SIOつけ麺

店内に入る前に店舗前の横断幕です。
もう少しお店についてのご説明になります(^_^;) いまひとつ営業形態がはっきりしないのですが、どうも建物自体は「ダイニング居酒屋 海月(らいと)」が正式店舗らしく、「つけめんGochi」は店舗内店舗のような手法ではないかと思われます(実際のところは良く判りませんが)。居酒屋の名刺では営業時間は17:30からとなっているのですが、「つけめんGochi」は19:00から売り切れ次第終了となっているようです。通常の居酒屋営業を柱として、その範囲内でつけ麺屋さんとしても対応するということなのでしょうか?

3沖縄 ラーメン 沖縄市 つけめんGochi 濃厚鶏SIOつけ麺

店頭に掲示された「お知らせボード」です。
オープンから二日間は提供を二品目に絞り、ワンコイン500円で提供をされるもよう。場合によっては、正規のラインナップや価格が揃わないプレオープン期間を避けたりするのですが、今回はお店への興味が勝ち、早々に訪れることになりました。ちなみに先ほどの店舗前の横断幕には、「台湾つけ麺」や「中華そば」、「etc…」などの文字が見えますので、色々な営業展開を現時点でも考えられているようです。

4沖縄 ラーメン 沖縄市 つけめんGochi 濃厚鶏SIOつけ麺

店内に入り、改めてカウンター席に用意されたお品書きです。
オープンから二日間は提供品目を絞り、ワンコイン500円で「濃厚鶏SIOつけ麺」・「魚介豚骨つけ麺」を提供されるのだそう。これから取り扱い品目も増えるのでしょうが、現時点でトッピングとして、「味玉・メンマ・もやし・ネギ・のり(以上100円)・炭火焼きチャーシュー(300円)」がラインナップに挙がっていました。またサイドとして、「ぎょうざ(6個)(450円)」・「ライス(150円)」も用意されています。麺大盛りは100円増しですね。この辺りは本格営業開始後も引き継がれるのでしょう。さて今回の注文ですが、筆頭に記された「濃厚鶏SIOつけ麺(500円)」をお願いすることにしました。正式価格はいくらになるのかも気になるところです。

5沖縄 ラーメン 沖縄市 つけめんGochi 濃厚鶏SIOつけ麺

待っている間にカウンター席の様子を写してみました。
いつものラーメン店でのカウンター席ではなく、どちらかというとちょっとお洒落なバーのような上品な雰囲気となっていました。奥の棚には各種アルコールの瓶が並んでいますね。ちょっと変わった営業形態や繁華街に近い場所柄、そして遅めの営業時間帯といい、少しばかり客層を選びそうなお店ですが、その辺りの部分も含めて個人的には好印象でありました(笑)

6沖縄 ラーメン 沖縄市 つけめんGochi 濃厚鶏SIOつけ麺

せっかくですので、「ダイニング居酒屋 海月」名義のメニューも掲載してみます。
こちらはアルコール類のページですね。泡盛・焼酎・カクテルと、とても種類豊富です。ビールサーバーも手入れされている様子で設置されており、お酒の方も楽しく頂けそうです。

7沖縄 ラーメン 沖縄市 つけめんGochi 濃厚鶏SIOつけ麺

更に居酒屋料理ページです。
品目数はかなり揃っていますね。こちらの見開きページには、「揚げもの」・「サラダ」・「ピザ」・「パスタ・麺類」などとなっています。麺類の項が気になったのですが、パスタと焼きうどん類のみでした(笑) とまあ居酒屋部分についても書き出してみましたが、実際のところどのような営業形態なのか、はっきりしないことだけは確かです(^_^;)

8沖縄 ラーメン 沖縄市 つけめんGochi 濃厚鶏SIOつけ麺

程なくして運ばれた「濃厚鶏SIOつけ麺」です。
先ほどは提供二品目のうち“筆頭にしるされた”方を選んだような書き方をしましたが、正直なところ「魚介豚骨」つけ麺はちょっと食傷気味なところもあります。まあ各店舗独自の味わいもあるでしょうが、容易に味の想像も出来ますしね(^_^;) といいますか、この日のお昼はラーメンの方でしたが、「魚介豚骨」は頂き済みだったりします(前回記事の「弥助」です(笑))。

9沖縄 ラーメン 沖縄市 つけめんGochi 濃厚鶏SIOつけ麺

「濃厚鶏SIOつけ麺」のつけ汁側のアップ画像です。
具材は鶏チャーシューにメンマ、葱(白葱・玉葱?)などとなっています。それと彩り良くなるとが添えられていますね。鶏だしということで魚介豚骨に比べますと、(おそらく)淡く白っぽい色合いのつけ汁となっているようです。

10沖縄 ラーメン 沖縄市 つけめんGochi 濃厚鶏SIOつけ麺

「濃厚鶏SIOつけ麺」の麺側のアップ画像です。
大きめの器に太めの麺が載せられていました。こちらは麺のみで具材は一切ないですね。代わりといってはなんですが、レンゲが添えられていました。それではさっそく麺をつけ汁側に投入し、頂いてみます。

11沖縄 ラーメン 沖縄市 つけめんGochi 濃厚鶏SIOつけ麺

「濃厚鶏SIOつけ麺」の麺ですが、太めの平打ちストレートのもの。冷水で締められており、どっしり重さと噛み応えのある骨太な作りのものでした。その麺に絡む鶏出汁というつけ汁ですが、どろりと粘度の高いタイプでした。相応に重みのある味わいではあるのですが、鶏ということもあって、口当たりは豚骨と比べてですが軽やかだったりします。この種のつけ汁は麺への絡みが良すぎて、ペース配分に気を付ける必要があります。そういえば特に聞かなかったのですが、割りスープも提供されているのでしょうか? 少なくとも本格オープン時には用意されることでしょう(自分が意識してなかっただけであるっぽい)。今回はお店の雰囲気込みで、とても美味しく頂けました。

この日は控えめな注文で抑えましたが、早くも次回来店が楽しみです。
完全にラインナップが揃ってから訪れたいと考えていますので、次回はもう来年以降の話しになるでしょうか。その際は、各種サイドメニューからも一品は頂いてみたいものです。そうそう、もうひとつ営業形態も判別出来ないのですが、少なくともアルコールの提供は行っているはずですので、そちらも目当てにしても良いかもしれません。今後の営業展開に期待を持てる新店でありました。そうそう、今回記事は冒頭経緯等を含めて不確かな部分が多いですので、特別参考程度に捉えてください。

12沖縄 ラーメン 沖縄市 つけめんGochi 濃厚鶏SIOつけ麺

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

※営業時間以外は「ダイニング居酒屋 海月」名刺情報に依っています。
住所:沖縄県沖縄市上地1-16-20
電話:098-923-0346
営業時間:19:00-売り切れ次第終了(翌3:00迄?)
定休日:無休
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1336-17d93020










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。