スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

居酒屋小僧 じぇいや 「醤油らーめん」

1沖縄 ラーメン 那覇市 じぇい家 醤油らーめん

那覇市久茂地の「居酒屋小僧 じぇいや」へ行って来ました。
モノレール美栄橋駅近く、久茂地川沿いのお店です。店舗名からも判るとおり、こちらは居酒屋さんになります。ですのでちょっと番外編的な「異業種のラーメン」になりますね。さて近隣に所用があり、その後に人と落ち合う予定だったのですが、一時間ほど空いてしまいました。周辺を散策して時間を潰しつつ、適当なお店があれば入ろうかと考えていたところ、こちらの店舗が目に入りました。経緯としてはまったくの偶然になりますね。ちなみにこの時点では珍しく、まったくアルコールは入っておりません(笑) お店には、週末の午後7時前の入店となりました。

2沖縄 ラーメン 那覇市 じぇい家 醤油らーめん

お店の前、通り沿いに掲示されていた立て看板です。
これでラーメンが提供されているのを知ってからの入店となっています。アルコールが入って街中を徘徊する際に、実は居酒屋さんでラーメンが提供されていないか、結構店頭のメニューなどを眺めたりするのですが、偶然見つけることはまずないですね。自分のような客層も結構いると思うので、もっと多くの居酒屋さんでラーメンを提供して欲しいものであります。なんといいますかラーメン専門店に寄ると締めで終わりという感じで、まだ飲み足りなく、でも最終的にはラーメンも食べたいというか。需要ありますよね?(笑) 立て看板には説明書きがされていますが、おいおい記事中で触れることにします。

3沖縄 ラーメン 那覇市 じぇい家 醤油らーめん

「居酒屋小僧 じぇいや」の別紙で用意された「本日のおすすめ」です。
冊子になっているレギュラーのお品書きもあるのですが、こちらは旬の品目なども含めた、お勧めメニューになるのでしょうね。中央のさんまなどはまさに旬のものなのでしょう。表の看板では「煮干し香る醤油らーめん」が大きく宣伝されていましたが、こちらのラインナップでは「煮干し香る絶品あえそば(680円)」も掲載されていました。本品目もいつかは注文してみたいですね。さてとりあえず居酒屋メニューからということで、大人気と記された「揚げ茄子おろしポン酢(380円)」をお願いすることにしました。

4沖縄 ラーメン 那覇市 じぇい家 醤油らーめん

アルコールの注文をどうしようかとお品書きを眺めたところ、面白いサービスが。
飲み放題お一人様1時間(1000円)」です。これは「オリオンドラフト生(単品では500円)」のみ一杯で、あとはチューハイやカクテル、泡盛などが飲み放題になるというもの。時間は一時間に限られていますが、この日の自分のように、さくっとコンパクトに飲みたい方にはぴったりなメニューです。さっそくそちらをお願いして、この日最初のアルコール(ビール)です(笑) ちなみにお通しはロールキャベツと冬瓜の組み合わせでした。

5沖縄 ラーメン 那覇市 じぇい家 醤油らーめん

せっかくですので、居酒屋メニューのお品書きをもう少し紹介。
焼きものに揚げもの、沖縄料理に県産品などとカテゴライズされ掲載されています。無理矢理ながらラーメン店的系統の品目を探してみますと、「紅豚の焼き餃子(5コ)(480円)」や「昆布の和風チャーハン(580円)」などがありました。餃子はアルコールにも合いますし、こちらもいつか注文してみたいです。この日お願いしても良かったのですが、とりあえずお勧めメニューから、揚げものにあたる(?)ものを先に注文しちゃいましたね(^_^;)

6沖縄 ラーメン 那覇市 じぇい家 醤油らーめん

待っている間にカウンター席上の様子を写してみました。
店内はさほど広くは無く、背後にテーブル席はあるものの、居酒屋として早い時間帯ということもあってかグループ客の方もカウンター席側に案内されていました。厨房はカウンター席から奥側となっています。居酒屋というより、ちょっとお洒落で落ち着いたダイニングバーといった雰囲気ですね。品目として提供されてもいる、海ぶどうの水槽が置かれていました。

7沖縄 ラーメン 那覇市 じぇい家 醤油らーめん

程なくして用意された「揚げ茄子おろしポン酢」です。
これは素直に美味しかった! 熱々出来たての油分を含んだ茄子は、ビールとの相性がとても良かったです。ざっくり茄子の盛り付けの上には鰹節に胡麻、青葱などが散らされています。さっぱりとした大根おろしに、酸味を含んだ濃い味わいのポン酢を茄子に絡めて美味しく食べ進めました。パリッと焼けた皮の部分と、柔らかな身の部分との食感の対比も良かったですね。これは家庭ではちょっと簡単にはできない一品になるのでしょう。

8沖縄 ラーメン 那覇市 じぇい家 醤油らーめん

追加で頼んでいた「梅キュウ(300円)」です。
これもまたちょっと美味しさにびっくりした一品です。家庭でもお手軽に出来そうな品目ですが、自分で作ったらこのような仕上がりにならないのですよね。実際に胡瓜の浅漬けなどを宅飲みのおつまみ用に作ったりするのですが、こんなにコリコリと食感良くならないのです。飾り切りみたいな細工がされているのですが、これで歯応えが増しているのかな? 右上にジョッキがうっすらと写っていますが、この時点で既に飲み放題の泡盛に切り替えています。飲みのペースが早い自分に取っては、ジョッキでの提供はとても助かります。それでも何回もお手を煩わせるお代わりをしましたが……(^_^;) さてある程度居酒屋メニューでアルコールを摂取しつつ、いよいよ煮干し香る「醤油らーめん(680円)」を注文です。文字のみのシンプルなものだったので画像掲載は控えますが、別紙お品書きも用意されており、充分に特別なアピールはされていました。

9沖縄 ラーメン 那覇市 じぇい家 醤油らーめん

程なくして運ばれた「醤油らーめん」です。
初訪問店(しかも異業種のラーメン)ということもあり、用意されるまでは期待のこもったドキドキ感がありますね(笑) レンゲや味付け煮玉子などの対比から、器は小ぶりなように映りますが、このアングルでは判りにくいものの、カーブの緩やかな深みのある作りとなっています。ですので分量的に物足りないといったことはありませんでした。

10沖縄 ラーメン 那覇市 じぇい家 醤油らーめん

「醤油らーめん」のアップ画像です。
具材としてはブロック状のチャーシューがゴロゴロと、それに半分の味付け煮玉子に海苔、中央には青葱が添えられていました。店頭立て看板の画像や説明書きでは茎わかめが入っていたようですが、初期の提供内容から変更になったのでしょうね。茎わかめといえば某店のラーメンを思い浮かべてしまいますが、個人的にはあのコリッとした食感が好きな具材ですので、少量でも良いですからあったら嬉しかったかも(店頭の画像は少し多めな気がします)。ちなみに味玉ですが、「味つけ煮玉子(1コ)(150円)」としておすすめメニューにも記載されていました。

11沖縄 ラーメン 那覇市 じぇい家 醤油らーめん

「醤油らーめん」の麺ですが、中細のややひねりが入ったもの。程よいゆで加減の弾力感を含んだ美味しい麺です。説明では、「与那覇食品さんが、丹精込めて練り上げた小麦香る美味しい麺です」と書かれていました。さらっと触れられているとおり、与那覇製麺さんは沖縄ラーメン界への貢献度がとても高い会社ですよね。その麺に絡むスープですが、「煮干しの効いた魚介と鶏のダブルスープ。飽きのこないダシ」となっています。運ばれた際にも煮干しの良い香りが漂っていました。鶏とのWスープということで、煮干しも極端に強いものではなく、基本はやさしい味わいのものとなっています。とはいってもしっかり出汁は効いていて、塩梅も程よい作りでありました(沖縄では煮干しの強い背脂たっぷり豚骨が受けるイメージがあるから?(^_^;))。たっぷりゴロゴロと入っているチャーシューからはがっつりボリュームも感じられ、満足をもって麺を啜り尽くしました。最後はもちろん、スープの一滴も残さず完食です。

お会計は各種品目、お通し代を含めて三千円程度だったでしょうか。一人での居酒屋使いですと、どうしてもそれくらいかかっちゃいますね。ただ生ビール一杯、泡盛4~5杯、カクテル一杯(モスコミュール)は頂いていますので(多分)、充分に元は取っております(^_^;) まあ何より偶然にも、ラーメンを提供される居酒屋さんを見つけて楽しいひととき過ごせたのが嬉しかったです。まだ「煮干し香る絶品あえそば(680円)」も未食ですし、いつかまたそう遠くない内にふらりと訪れる機会もありそうです。ところで“煮干し香る”までが品目名なのでしょうか? はっきり判らないので今回は無難な記事タイトルにしました。

12沖縄 ラーメン 那覇市 じぇい家 醤油らーめん

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市久茂地2-19-20 国吉ビル1F
電話:098-863-3544
営業時間:17:30-翌1:00 (金・土は翌3:00迄)
定休日:無休
駐車場:無し

居酒屋小僧 じぇいや居酒屋 / 美栄橋駅県庁前駅牧志駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1332-e3595f07










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。