スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺酒処 まるまさそば 「まるまさ次郎系ラーメン」

1沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば まるまさ次郎系ラーメン

那覇市首里末吉町の「麺酒処 まるまさそば」へ行って来ました。
こちらはなかなかユニークな営業形態の店舗となっています。店名から判断できるように、麺類(沖縄そばメイン)はもちろん、夜間は居酒屋として営業しているお店です。時折見受けられる居酒屋さんのランチタイム営業ですが、通常のお食事メニューのほか、沖縄そばに加えて店主の趣味(?)で、ラーメン類も提供されているのが特色ある部分です。以前から訪れたいと考えていたのですが、機会をなかなか作れず、ずいぶんと遅ればせながらの訪問となりました。お店には、週末のお昼時の入店です。

2沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば まるまさ次郎系ラーメン

「麺酒処 まるまさそば」のお品書きです。
コンパクトサイズの冊子形式となっていました。各種沖縄そばや「まるまさカレー(500円)」など、ランチタイムの興味を惹かれる品目が並んでいるのですが、当ブログ的にはもちろん右側ページのラーメン品目類(一部沖縄そば有り)となります。『そば大将気まぐれメニュー』としながらも、ラーメン愛が感じられるラインナップですね(笑) このなかではレギュラーラーメンは「博多トンコツラーメン(600円)」になるようですし、また“おすすめ!!”表記は「カニ味噌バター豚骨ラーメン(780円)」なのですが、なかでも目を惹いた「まるまさ次郎系ラーメン(680円)」をお願いすることにしました。ついでながら、左ページ記載の「くふぁージューシィー(150円)」も追加注文です。

3沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば まるまさ次郎系ラーメン

「麺酒処 まるまさそば」のお品書きから、更にページをめくってみました。
なかなか凝った内容ながらもお手頃価格なラインナップとして記載されていますが、右側ページの一番下の品目ですが、さりげなく「濃厚豆乳豚骨担々麺(680円)」が記載されています。撮影していた段階では、ラーメン的メニューが別ページに掲載されているとは意識していませんでした(^_^;) 別枠ということで、これもまたお店にとってもレギュラーメニューになるのかもしれません。居酒屋タイムでも提供されているのかな?

4沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば まるまさ次郎系ラーメン

“当店こだわりの豚骨スープ!!!”が記載されたページです。
そのまま抜粋してみます。『豚骨を15時間以上かけじっくりと煮込み骨の髄まで旨味を抽出し、深みとコク、まろやかさが凝縮さえた豚骨スープ!!! 「こってりなのにさっぱり」という一見矛盾しているような味を表現した、なんとも不思議で魅力的なスープを完成させる事ができました』とありました。ほどよいお店の推しアピールですね。

5沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば まるまさ次郎系ラーメン

待っている間にテーブル席上の様子を写してみました。
奥側の籠のなかに入っていた各種調味料類を出しています。左から順に『アカハチ辛すぎホットソース・七味とうがらし・辣油・手作り島とうがらし・紅ショウガ』となっています。紅ショウガは右側の四角の容器に入っています。しかしここまで調味料が辛味のみで揃っているのも珍しいような……(^_^;) お店の方の嗜好もあるのでしょうね。

6沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば まるまさ次郎系ラーメン

程なくして運ばれた「まるまさ次郎系ラーメン」です。
元より初訪問のお店ではあるのですが、ここは代表的品目ではなく、ラインナップから一番目を惹いた品目を選択しました。「二郎」ではなく「次郎系」という表記は、万が一の大人の事情に抵触しないよう、配慮されたものでしょうか?(^_^;)

7沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば まるまさ次郎系ラーメン

「まるまさ次郎系ラーメン」のアップ画像です。
具材としてはたっぷりのもやしにキャベツ、三枚肉が二枚(なんか変な語感(^_^;))に半玉、最上部には彩りも良く葱が散らされています。ところどころに見える赤銅色のものは香味油かな? 本来は傷みやすいもやしですが、艶々とした食感の良い新鮮なものでした。スープの色合いが白濁しており、こちらはレギュラーの「博多トンコツラーメン」と共通なのかもしれません。この辺りは「まるまさ」の「次郎系ラーメン」というこだわりの部分なのでしょう。

8沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば まるまさ次郎系ラーメン

「まるまさ次郎系ラーメン」の麺ですが、中太のちぢれが入ったもの。表面は滑らかで弾力感を含んでおり、食べ応えのある美味しい麺でした。合間にもやしやキャベツが挟まるのですが、加わるしゃっきり食感がまた心地良かったです。その麺に絡むスープですが、お品書きで説明されていた「こってりなのにさっぱり」といった味わいのもの。「二郎系」としてはカエシの濃度や塩辛さはないのですが、ここは「まるまさ次郎系」ということで、程よくマイルドな作りになっています。そこまで太くない麺の径なども合わせているのでしょうね。充分な野菜の量に、甘く味付けされた三枚肉との組み合わせも良く、美味しく食べ進めることが出来ました。欲をいえばおろしニンニクが欲しいところでしたが、そこは利用設定外ということで、後半になって卓上の紅ショウガをちょっと添えてみたりしています。

9沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば まるまさ次郎系ラーメン

一緒に頼んだ「くふぁージューシィー」です。
こちらも豚骨スープを利用して炊き込んでいるのかな? ご飯ものではただの「ライス」はなく、ジューシーを頂きました。水分を飛ばした程よくしっとりとした炊きあげで(くふぁーはそういう意味ですよね?)、こちらもまた美味しく頂いております。もちろん、ラーメン側との相性もばっちりでありました。……しかし薄々感じていたのですが、どこか「沖縄そば定食」を食べているような気に(^_^;) 元よりメインの提供品目がそうなっていますので、色濃く残しているのでしょうね。そういえばどこか「くろとん」を思い浮かべたりしました。ようやく訪れることの出来た店舗ということもあり、満足感たっぷりにお店を後にしました。

店頭の垂れ幕を確認しますと、「そば屋」としてはAM11:00~PM3:00まで、「居酒屋」としてはPM5:00~となっています。こういうお店も二毛作と呼んでいいのかな?(^_^;) 地元の方にとってはランチに夜間はアルコールと、とても重宝しそうです。夜間の居酒屋タイムはラーメン類は提供していないのかな? やっていれば締めの一杯まで繋げることが出来て、嬉しいものです(おそらくランチタイムのみなのでしょうね)。そうそう、次回来店の機会もあると思いますので、またもや備忘録的にトッピング類を抜粋しておきます。『半熟玉子・のり・きくらげ(各70円)・豚三枚肉(150円)』となっておりました。次回はレギュラーの「博多トンコツラーメン」狙いになるかな。

10沖縄 ラーメン 那覇市 まるまさそば まるまさ次郎系ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市首里末吉町4-2-18 1F
電話:098-988-3682
営業時間:そば屋11:00-15:00 居酒屋17:00~
定休日:無休
駐車場:有り

麺酒処 まるまさそば沖縄そば / 市立病院前駅古島駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1327-aaba9f1f










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。