スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

餃子専門店 上海 「みそラーメン(2)」

1沖縄 ラーメン 那覇市 上海 みそラーメン

那覇市大道の「餃子専門店 上海」へ行って来ました。
前回記事で触れたとおり、今回は「琉家 栄町店」からのハシゴラーメンとなっています。実際、両店舗は目と鼻の先ですので、ハシゴ率がとても高い危険な立地となっております(笑) 実は前回訪れた記録は今年の2月になっているのですが、その際も「琉家 栄町店」から「上海」へのハシゴを敢行していたりします(^_^;) もっと言及しますと、2月は「地球屋」→「琉家」→「上海」と3軒続けて廻っており、今回についてもその後もう1軒の訪問記事を掲載する予定です。うーん、飲み屋街+ラーメン店密集区域は、とても危険な組み合わせであります(^_^;) お店には、週末の午後11時過ぎの訪問です。

2沖縄 ラーメン 那覇市 上海 みそラーメン

「餃子専門店 上海」の店頭看板です。
店名のほかに提供品目が掲示されているのですが、取り扱いはこれがすべてとなっています。締めの一杯向けといった、潔く判りやすい品目構成ですね。見てのとおり、ラーメン品目は「みそラーメン」と「しょうゆラーメン」の二つのみなのですが、ここでちょっと失敗したことが。前回2月に訪れた際は「みそ」をお願いしたので、ローテーションでいえば今回は「しょうゆ」を注文すべきでした。もっとも「しょうゆ」も頂き済みですので、どちらにしてもナンバリングは(2)になるのですけどね(まあどちらでも良かったことだったりします(^_^;))。

3沖縄 ラーメン 那覇市 上海 みそラーメン

壁際に貼られた「餃子専門店 上海」のお品書きです。
取り扱い品目は先述のとおり全部併せても5種類ですので、すべて書き出してみます。『みそラーメン(600円)・しょうゆラーメン(500円)・いかギョーザ(500円)・水ギョーザ(450円)・焼きギョーザ(450円)』で全部となります。今回は冒頭画像にもあるとおり、「みそラーメン(600円)」をお願いすることにしました。また店名には“餃子専門店”を謳っているのですが、三種のラインナップのなかから、「焼ギョーザ(450円)」を追加注文です。前回訪問時は「いかギョーザ(500円)」が気になっていたのですが、そこまで細かいチョイスはしなかったようでした(^_^;)

4沖縄 ラーメン 那覇市 上海 みそラーメン

待っている間にカウンター席上を写してみました。
背後にはテーブル席も用意されているのですが、風情を感じるのはやはりカウンター席です。古くから営業されているお店で、実際に端々に老朽の後も見受けられるのですが、カウンター席自体はリニューアルを施しているらしく、明るい照明とあいまって比較的に綺麗に見えます。あとお店を見ているのが腰の曲がった愛嬌のあるおばぁで、前回三年振りに訪れた際は元気に応対をされていて、どこか嬉しかった覚えがあります(もちろん今回はご健在でした)。ある意味、栄町らしいラーメン店なのではないでしょうか。

5沖縄 ラーメン 那覇市 上海 みそラーメン

程なくして運ばれた「みそラーメン」です。
少しばかりはらはらしながら、カウンター越しにラーメン丼を受け取りました(笑) すっかり気温も低くなっていますので、寒いなか温かい器の温度を感じるのは、それだけで胸中はほっこりするものです。

6沖縄 ラーメン 那覇市 上海 みそラーメン

「みそラーメン」のアップ画像です。
具材としてはコーンにわかめ、人参に玉葱、青葱などとなっています。スープは色の濃い味噌味のものですので、基本は地味な見た目なのですが、具材の部分で華やかさが加わっています。まあお店の雰囲気にあった、「昔ながらの(沖縄の)みそラーメン」といったビジュアルですね。

7沖縄 ラーメン 那覇市 上海 みそラーメン

「みそラーメン」の麺ですが、中細のストレートのもの。若干やわめに茹で上がった麺が、またもや「昔ながらの(沖縄の)みそラーメン」といった風情で、どこかノスタルジックさを感じさせます。それなりに濃いめの作りではありますが、塩梅に尖った印象はなく、アルコールが入った身には分量共々ちょうど良い作りだったかと思います。

8沖縄 ラーメン 那覇市 上海 みそラーメン

やや遅れて運ばれた「焼ギョーザ」です。
6個入りながらも一個はやや小ぶりな作りとなっていて(というか形が丸くなっているぶんそう映るのかも)、450円という価格設定は少し高めかな? いや、こちらは餃子専門店ですし、そこは妥当な価格なのでしょう(笑) 消費税増税後の値段改定は行われていないようでした。そうそう、提供の際に焼き目を上に見せずに盛り付けるのもこちらの特徴です。通常はお皿に載せる際にひっくり返すものですが、こちらも専門店ならではのこだわりなのでしょうか?(元々丸みのある餃子でひっくり返すと安定感が無くなり、曲がった腰で運ぶと落としてしまうだけなのかもしれませんが(^_^;))

9沖縄 ラーメン 那覇市 上海 みそラーメン

焼き目のある部分も写してみました。
皮は厚めで弾力感があり、餡もしっかり入っている美味しい餃子でありました。卓上の餃子のたれやお酢も利用しつつ頂いています。焼き目の入った部分との食感の対比も良く、個人的には皮を美味しく頂くタイプの餃子だと感じました。残りのラインナップには「水ギョーザ」と「いかギョーザ」があるのですが、前者は元よりそのような形状で容易に想像出来ることもあり、次回こそは「いかギョーザ」を追加注文したいですね。ラーメン共々、しっかりと完食です。

さて、お店を出た後にもう一軒ラーメン店を廻ることになるのですが、目と鼻の先にまだオープンしていないらしい、「さかえ」なる新しいラーメン店が出来ていました。こ、これは危険なトライアングル地帯になりそうです(^_^;) 二軒のハシゴまではまあいいのですが、三軒はちょっとやり過ぎですよね。先だっての「琉家 栄町店」を含めてすぐの歩いていける距離ということもあり、栄町周辺に迷い込んだらついぞやっちゃいそうです……!

10沖縄 ラーメン 那覇市 上海 みそラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市大道172
電話:098−884−6244
営業時間:19:30 - 翌5:00
定休日:日曜日
駐車場:無し

餃子専門店 上海餃子 / 安里駅牧志駅おもろまち駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1325-34293c58










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。