スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中華そば 三太 「ワンタン麺」

1沖縄 ラーメン 糸満市 中華そば三太 ワンタン麺

糸満市西崎の「中華そば 三太」へ行って来ました。
こちらは夏場の2014年8月以来の訪問になります。今回も来店までのきっかけがありまして、「おきなわ倶楽部11月号」に「三太」の半額クーポンが付いていたのでした。既食の品目でしたら、他のラーメン店を優先したかもしれませんが、前回訪問時にはメニューになかった「ワンタン麺」が半額対象とのこと(中華そば(550円)も半額可)。こちらはあっさり系統のラーメンを提供されており、二日酔い明けの訪問となりました。お店には、平日の午前11時過ぎの入店です。

2沖縄 ラーメン 糸満市 中華そば三太 ワンタン麺

「中華そば 三太」のお品書きです。
前回訪問時から新たにおすすめとして、「ワンタン麺(750円)」がメニューに加わっています。横側にかっこ書きで「ワンタン増量200円増し」とあるのですが、ベースが「中華そば(550円)」らしく、そのまま「ワンタン(200円)」にあたるのでしょう(さしずめ増量すると「ワンタン麺ダブル」といったところでしょうか?)。ちなみに「メンマ中華(中華そばから200円増し)」や「チャーシュー中華(同230円増し)」などがラインナップにありますが、どちらも基本は共通で、トッピング的に具材が増された内容となっています。さて今回の注文ですが、冒頭に書かれているとおり半額クーポンを利用して、「ワンタン麺(750円⇒400円)」をお願いすることにしました。その際に店員さんからサービス期間中として「ワンタン増量(200円⇒100円)」を勧められ、期せずして「ワンタン麺ダブル」の注文となりました。

3沖縄 ラーメン 糸満市 中華そば三太 ワンタン麺

先ほどのメニューから裏面です。
熊さんグループ創設者の杉本三太氏の顔写真とプロフィールが掲載されています。創業以来65年麺を作り続けているそうで、なんでも六千軒のお得意先の実績がある老舗の製麺所になるようです。そのお名前である「中華そば 三太」を屋号に掲げていることから、直営店になるのでしょうか? ざっと調べてみたところ、新潟県の方にも同店舗名で同品目を提供する中華そば屋さんがあるようですね。ちなみに西原町の「京家」も、同グループの麺を使用しているようです(「おきなわ倶楽部」の広告では同じページに掲載されていました)。

4沖縄 ラーメン 糸満市 中華そば三太 ワンタン麺

「中華そば 三太」のカウンター席上の様子です。
席上の調味料類としては胡椒に中華そばのたれ、お酢が用意されていました。前者二つは判りますが、餃子などのサイドメニュー類がない中でお酢の設定は面白いところです。ちなみに壁際の貼り紙には「三太の中華そばは減塩スープです。物足りない方は中華そばたれを少し足して下さい」と書かれており、実際に後半になって利用したのですが、その薄味であるぶん、お酢の方を投入するとダイレクトに酸味が来ます(^_^;)

5沖縄 ラーメン 糸満市 中華そば三太 ワンタン麺

「中華そば 三太」の店内の様子です。
平日早い時間帯ということもあって、店内は自分一人でありました。ただ帰る前には地元の方でしょうか、二組のお客さんが入って来ました。比較的年配の方でしたが、あっさり系統ということで、若い方よりかは年齢層がやや上の方に受け入れやすいのかもしれません。ちょうど売り出し中なのでしょう(笑)、「ワンタン麺」の垂れ幕が貼り出されていました(壁際にはサービス期間として、ワンタン増量200円⇒100円の貼り紙も)。

6沖縄 ラーメン 糸満市 中華そば三太 ワンタン麺

程なくして運ばれた「ワンタン麺」です。
今回は「ワンタン増量(200円⇒100円)」を追加した、「ワンタン麺ダブル」仕様であるため、ラーメン丼の上部をワンタンが多い、かなりの迫力となっております。そうそう、せっかくのワンタン増しということもあり、正規のメニュー表には記載されていませんでしたが、「肉みそおにぎり(70円)」も追加注文しております。

7沖縄 ラーメン 糸満市 中華そば三太 ワンタン麺

「ワンタン麺」のアップ画像です。
具材としては基本の「中華そば」と同様に、チャーシューにメンマ、中央にはネギとなるとが添えられています。それとたっぷりのワンタンが丼上を狭しと浮かんでいます。ちなみにチャーシューは二枚入りなのですが、以前基本の「中華そば」を頂いた時には4枚入りだったような……。具材としてはワンタンが主役のため、この品目では控えめな配置になっているようです。

8沖縄 ラーメン 糸満市 中華そば三太 ワンタン麺

「ワンタン麺」の麺ですが、ほどが良く固めで中細のややちぢれが入ったもの。「熊さんグループ」製麺のものということになりますね。店内にあった説明書きでは、『当店の中華そばは昔なつかしい、無着色、低かん水の体にやさしい麺を使用しています』とのことでした。西原町の「京家」の麺とも共通のものを感じます。その麺に絡むスープですが、ごくあっさりとした醤油味のもの。透明感のある見た目どおりに雑味のない、すっきり喉ごしの良い作りのスープとなっています。沖縄はこってりな濃厚豚骨(動物系)スープが多いなか、個性的な味わいにあたるかもしれません。さて今回の主役はなんといってもダブルで入った「ワンタン」になるでしょう。こちらのワンタンですが餡は少なめで皮は大きく、どちらかというと柔らかな皮を食べさせるタイプのようです。餡はワンポイントに薬味的な感じですね。実際に皮は柔らかで、するりと喉ごしの良さが美味しさに繋がる作りとなっていました。当初個数を数えようとしましたが、固まりにならないようにゆるく餡を包んでおり、途中で断念しました。8個かそれ以上あったかと思います。

9沖縄 ラーメン 糸満市 中華そば三太 ワンタン麺

追加注文した「肉みそおにぎり」です。
おにぎりには海苔が巻かれ、表面には胡麻が振られていました。具として「肉みそ」が入っているのですが、沖縄の濃厚な油味噌(アンダンスー)的な仕様ではなく、「三太」らしい上品ながらもしっかりと味わいのある作りとなっていました。70円と比較的安価ということもあり、たっぷり具材のワンタンも相まって、もう一個追加注文したいところでした(笑)

10沖縄 ラーメン 糸満市 中華そば三太 ワンタン麺

後半になって、卓上の調味料類を投入してみました。
あまり必要性は感じなかったのですが、せっかくですので中華そばのたれに胡椒を投入しています。ベースがごくあっさりとしたスープですので、胡椒の味が直球で感じられ、ちょっとチープな味わいになってしまうかも(でも好きです笑)。お酢も試しに投入してみましたが、「ラーメンにお酢」は濃厚スープに投入すべきですね(まろやかになるそう)。ストレートにお酢でありました(^_^;)

11沖縄 ラーメン 糸満市 中華そば三太 ワンタン麺

卓上にご自由にお取り下さいと用意されたスタンプカードです。
中華そば一杯に付き一押印で、4つ分埋めると次回来店時に「中華そば(550円)」一杯無料なのだそう。ちなみに他の品目の注文も可能なようですが、追加料金(差額分?)が発生するのだそうです。1グループでまとめて押印することが可能とのことで、家族連れでしたらあっという間に溜まりそうですね。ちなみに精算時に押して貰いましたが、有効期限は大体二ヶ月ちょっとほどで設定されているようでした。

南部地区の糸満市という立地の上、年中無休ながら営業時間は午前11時から午後4時までと、遠方の方にはちょっと寄りにくいお店かもしれません。ですが他ではあまり見かけないタイプの中華そばですので、未食の方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。今回のようにお得なサービスも用意されていますので、上手く利用するのも良いきっかけになるかと思います。ただ前回訪問時もそうでしたが、常にこういったサービスを実施されているようなのですよね。しっかり儲けはあるのでしょうか?(大きなお世話です(^_^;)) 今回は「ワンタン麺ダブル」で500円、「肉みそおにぎり」70円の合計570円で、満足感たっぷりにお店を後にしました。

12沖縄 ラーメン 糸満市 中華そば三太 ワンタン麺

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県糸満市西崎2-6-1
電話:098-994-4545
営業時間:11:00-16:00
定休日:無休
駐車場:有り

中華そば三太ラーメン / 糸満市)

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1321-dd5cf8dc










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。