スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

焼肉きんぐ 那覇新都心店 「和風鶏がら醤油ラーメン」

1沖縄 ラーメン 那覇市 焼肉きんぐ 和風鶏がら醤油ラーメン

那覇市上之屋の「焼肉きんぐ 那覇新都心店」へ行っていました。
たまに行っている「異業種店のラーメン」紹介から、今回は「焼き肉屋さん」のラーメンとなります。「焼肉きんぐ」は全国展開をしている焼き肉屋さんで、沖縄ではこちら「那覇新都心店」のほかに「一日橋店」・「北谷店」の三店舗が営業をされています。定期的にがっつり焼き肉を食べたくなるのですが、当ブログとしてはもちろん、ラーメン品目を提供していることを確認しての訪問です。お店には、週末のお昼過ぎに入店となりました。ちなみに土・日・祝日はランチタイムからの営業で、平日はディナータイムからの営業となっているようです。

2沖縄 ラーメン 那覇市 焼肉きんぐ 和風鶏がら醤油ラーメン

店内に入る前に店頭に掲示されていたメニュー表です。
もちろん店内テーブル席にも用意されているのですが、今回は一覧性の高いこちらの画像を掲載します。ブログ画像としては文字が小さすぎるかもしれませんが……。さてこちら「焼肉きんぐ」ですが、単品注文はそれぞれ出来るものの、基本はコースを選んでの食べ放題となっています。「スタンダードコース(2480円(税別・以下同様))」・「スペシャルコース(2980円)」・「プレミアムコース(3480円)」の三種類ですね。食べ放題は100分(30分前ラストオーダー)の時間設定です。さて今回の注文ですが、人気NO.1と記された「スペシャルコース(2980円)」をお願いです。「スタンダードコース」では品目制限が多く、実際にラーメン品目は選択肢に入っていませんでした。あと「全ドリンク選べる飲める(1290円)」もお願いをしました。

3沖縄 ラーメン 那覇市 焼肉きんぐ 和風鶏がら醤油ラーメン

「焼肉きんぐ」のテーブル席上の様子です。
全国展開されている飲食店で見受けられるようになった、タッチパネル方式での注文方法となっています。注文した品目は店員さんが運んでくれるのですが、この方式が注文ミスもなく、また注文する側も自分のペースで行えるのが良いのでしょう。一品だけ注文ということも気軽に出来ますしね。テーブル席に最初から用意されているのは、「特製ほんだれ・ポン酢だれ・レモンだれ」の三種類のたれに、それを入れるための三つ連なった小皿、わけ皿などが用意されています。注文用のタッチパネル以外にも、呼び出し用のブザーボタンも用意されていました。

4沖縄 ラーメン 那覇市 焼肉きんぐ 和風鶏がら醤油ラーメン

「秋の期間限定」メニューです。
店頭に掲示されていたのは通年のレギュラーメニューですが、それとは別に季節ごとに限定メニューも提供されているようです。これは嬉しい誤算(?)でした。特にラーメンも季節限定で出されているのですよね(レギュラーラーメンは「旨辛カルビラーメン(490円)」一品目です)。以降食べ放題コースでの注文ですが、単品注文時の価格も記しておきます。さてこちらのメニューからさっそく注文です。「4種きのこのホイル焼(430円)」・「旨塩ねぎサラダ(430円)」・「柚子おろしポン酢だれ(100円)」、そして「和風鶏がら醤油ラーメン(490円)」をお願いです。これら4品目は、すべてスペシャルコース以上でないと注文が出来ませんでした。

5沖縄 ラーメン 那覇市 焼肉きんぐ 和風鶏がら醤油ラーメン

先ほどのメニューから、ラーメン部分のアップ画像です。
季節ごとに限定麺が提供されているとしたら嬉しいですね。今回の品目は特に季節感があるものではありませんでしたが、夏などはつけ麺や冷麺的な提供なのかもしれません。ちなみに『石焼ビビンバ・冷麺・〆の逸品』の各品目は、嬉しいミニサイズでの提供となるようです。がっつり焼き肉をメインに据えますと、サイドが小サイズなのは確かに嬉しいですね。

6沖縄 ラーメン 那覇市 焼肉きんぐ 和風鶏がら醤油ラーメン

最初に用意された「ナムル盛り(280円)」です。
全ドリンク選べる飲める(1290円)」コースも頼んでおり、「キリン一番絞り(中)(500円)」との組み合わせはまさに“逸品”でありました(笑) ナムルの内容としては左から順に「小松菜・もやし・ぜんまい・大根」となっています。それぞれ単品盛りも注文出来るそうですが、種類があった方が食感の変化などもあり、楽しく美味しく頂けますよね。このなかでは小松菜のしゃっきり食感が特に好きな味わいでありました。

7沖縄 ラーメン 那覇市 焼肉きんぐ 和風鶏がら醤油ラーメン

「秋の期間限定」メニューから、「4種きのこのホイル焼」と「旨塩ねぎサラダ」です。
ここでヒットだったのが「旨塩ねぎサラダ」でした。ざっくり切られた青ネギに塩だれと胡麻油が絡み、もの凄くビールに合いました。ベースの青ネギの色合いに、白葱と彩り良く糸唐辛子が散らされているのも良かったですね。レギュラーメニューでしたら、これを食べに通うことになったかも(笑) 「4種きのこのホイル焼」は確かに季節感はあるものの、ある意味定番品目とも言えます。きのこ好きでもありますので、バター醤油にしてこちらも美味しく頂きました。

8沖縄 ラーメン 那覇市 焼肉きんぐ 和風鶏がら醤油ラーメン

注文したお肉類です。
厚切り豚バラ(塩)(490円)」になぜか「ソーセージ(390円)」なども頼んでいたようです。タレ・塩を選べる場合は塩一択になってしまうようです。まあ焼き肉のたれは卓上にも用意されていますし、量を食べて行くとしましたら、タレの甘さが重くなって来るものですしね。

9沖縄 ラーメン 那覇市 焼肉きんぐ 和風鶏がら醤油ラーメン

網の上にお肉を載せて焼き始めます。
「4種のきのこのホイル焼」も一緒に載せています。お肉の焼ける音と漂う香ばしい匂いが、また食欲をそそりますね。これから長丁場の焼き肉三昧になるのですが、網に焦げ目が付いたところで、店員さんが気を利かせてくれて交換してくれました。こういった細やかなサービスが行き届いているところが、全国展開しているお店らしい骨太さを感じます。

10沖縄 ラーメン 那覇市 焼肉きんぐ 和風鶏がら醤油ラーメン

秋の期間限定、「柚子おろしポン酢だれ」です。
小皿にはもみじおろしにざっくり白葱、そして柚子が添えられていました。ポン酢だれ自体は卓上のものを利用する方式のようですね。ポン酢そのものがさっぱりとした味わいですが、更にもみじおろしと柚子の風味が加わり、脂の重さをそう感じずに食べ進めることが出来たかと思います。さて、そろそろ本題(?)のラーメンの注文を……。

11沖縄 ラーメン 那覇市 焼肉きんぐ 和風鶏がら醤油ラーメン

程なくして運ばれた「和風鶏がら醤油ラーメン」です。
先述しましたが、『石焼ビビンバ・冷麺・〆の逸品』などはミニサイズとなっているようです。器自体もそう大きくはないのですが、入っているラインも半分ほどとなっていました。焼き肉をメインに食べ進めますと、そうそうお腹の余裕もなくなって来ますので、小サイズでの提供はとても助かります。食べ放題ですので、物足りなければ追加注文も有りです。

12沖縄 ラーメン 那覇市 焼肉きんぐ 和風鶏がら醤油ラーメン

「和風鶏がら醤油ラーメン」のアップ画像です。
具材としてはチャーシューにメンマ、なるとに青ネギとなっています。なるとが二枚添えられているのはお店的にこだわりの部分なのでしょうか? チャーシューが全体の容量に見合った控えめサイズなのですが、なにせこちらは「焼き肉食べ放題店」、セルフで網で焼いてラーメン丼へ移し、「チャーシューメン」にグレードアップさせることが出来ます(笑) 確か「焼肉五苑」でもそんなことしたなぁ(^_^;)

13沖縄 ラーメン 那覇市 焼肉きんぐ 和風鶏がら醤油ラーメン

「和風鶏がら醤油ラーメン」の麺ですが、中細のやや捻りが入ったもの。程よく口中で心地よさのあるやわめのゆで加減で、和風仕上げのスープに良く似合っていたかと思います。その麺に絡むスープですが、鶏がらをベースとした醤油味のもの。このスープにかつお節の風味が加えられ、和風なさっぱりとした仕上がりとなっています。それでも焼き肉の脂分に負けない程度の塩梅と旨味を保っており、〆の一杯としては最適な作りでありました。具材のメンマやチャーシューも合間に挟みつつ、美味しく完食です。

さてこちらの「焼肉きんぐ」ですが、なにげにおつまみ(きんぐの逸品)に当たるメニューも充実しているのですよね。焼き肉屋さんではアルコールも欠かせない自分としては、嬉しい部分でもあります。今回はあくまでも番外編ではありますが、季節限定のラーメンなどもあるようですし、またそう遠くない内に訪れることになるかもしれません。その際は、いちおう違う営業店舗に訪問することになりそうです。

14沖縄 ラーメン 那覇市 焼肉きんぐ 和風鶏がら醤油ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市上之屋1-1-1
電話:098-860-6038
営業時間:17:00-翌1:00,(土日祝)11:30-25:00
定休日:無休
駐車場:有り

焼肉きんぐ 那覇新都心店焼肉 / おもろまち駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1309-6df6f4e4










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。