スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

豚骨 一燈 「濃厚魚介ラーメン」

1沖縄 ラーメン 豊見城市 豚骨 一燈 濃厚魚介ラーメン

豊見城市豊崎の「豚骨 一燈(いっとう、と読みます)」へ行って来ました。
こちらは本日(2014年10月24日(金))オープンされたお店となっています。「一燈」といえば内地の有名ラーメン店で、あまり事情に詳しくはないのですが、「豚骨 一燈」は「麺屋 一燈」から派生した店舗のようです(「豚骨」?「麺屋」じゃなかったっけ?と思ってました(^_^;))。多店舗展開をされているということで、ついに沖縄にも進出されたようです。オープンから二日間は特別価格での提供ということで、メニューなども限定されるだろうと思い訪問をちょっと迷ったのですが、考えてみましたらまたすぐ他の品目を試してみたくなるだろうと思い直し向かうことにしました(笑) 豊見城市豊崎「アウトレットモールあしびなー」内に店舗を構えています。お昼過ぎの訪問でした。

2沖縄 ラーメン 豊見城市 豚骨 一燈 濃厚魚介ラーメン

店内に入る前に店頭のショーケースです。
アウトレットモールということで、お買い物を目的とした観光客らしきお客さんも多く、一見さん(外国の方含む)には効果的なアピールになるでしょうね。「あしびなー」の敷地内は広く、2階フロアの店舗前に着くまでしばし迷いましたが、出歩いているお客さんでどこも一杯でした。すぐ隣はフードコート形式の軽食屋さんとなっています。

3沖縄 ラーメン 豊見城市 豚骨 一燈 濃厚魚介ラーメン

店内に入りますと入り口そばのレジ前で、本日のメニューの案内です。
オープン初日の10月24日(金)と翌25日(土)の二日間限定として、ラーメンは一杯300円で提供されているのだそう。該当品目としては「濃厚魚介ラーメン(850円⇒300円)」になるようですね。半額以下というかなりなサービス設定です。他のラーメン品目はもちろん、各種サイドメニューも期間中の提供は止めていて、あとは「麺増し(100円)」のみ可能なのだそう。ラーメンはもちろんのこと、麺増しもお願いすることにしました。

4沖縄 ラーメン 豊見城市 豚骨 一燈 濃厚魚介ラーメン

「豚骨 一燈」のお品書きです。
先ほどの店員さん(店主さん?)からの説明は、こちらの大判メニューを見ながら行われました。テーブル席には置いていなかったのですが、せっかくですのでちょっとお借りして改めて今後の提供品目を確認してみます。基本品目を抜粋して見ますと、『濃厚魚介つけ麺(900円)・濃厚醤油(塩)とんこつラーメン(750円)・濃厚魚介ラーメン(850円)・昔ながらの中華そば(750円)』などとなっていました。その他各種トッピングや「餃子(5個)(350円)」などのおつまみ、ライスにドリンク類などとなっています。多店舗展開をしているこちらのお店ですが、テナント入居などの関係からか、内地の店舗と比べ若干高い価格設定となっているようです。

5沖縄 ラーメン 豊見城市 豚骨 一燈 濃厚魚介ラーメン

待っている間に店内の様子を写してみました。
入り口にはドアはなく、テナント店らしい入り易い作りとなっています。内装は濃い色合いの木目調で、落ち着いた今風の作りですね。一番奥側にあたる二人掛けの小テーブル席に座ったのですが、全体的にこぢんまりとした店内スペースになっています。画像左手側がカウンター席で、その奥が厨房となっていました。

6沖縄 ラーメン 豊見城市 豚骨 一燈 濃厚魚介ラーメン

程なくして運ばれた「濃厚魚介ラーメン」です。
開店から二日間は先述したとおり、本来一杯850円のところを300円という、太っ腹なサービス設定となっています。また追加注文は「麺増し(100円)」のみ可能ということで、大盛り仕様で頂くこととなりました。あと卓上の調味料類としては、お醤油にお酢、唐辛子にブラックペッパーなどとなっています。お冷やは各席上にセルフとして用意されていました。タオルペーパーは少し高い位置にセットされています。

7沖縄 ラーメン 豊見城市 豚骨 一燈 濃厚魚介ラーメン

「濃厚魚介ラーメン」のアップ画像です。
具材としてはチャーシューにメンマ、二種のネギに半個分の味玉、それと海苔などとなっています。スープの色合いがちょうどメンマと被っているものの、彩り的なバランスはなかなか良かったかと思います。標準で半玉分が最初から入っているのは嬉しいところです。まあ値段もそれに見合ったものではありますが、今回はなんと言っても半額以下です!(笑)

8沖縄 ラーメン 豊見城市 豚骨 一燈 濃厚魚介ラーメン

「濃厚魚介ラーメン」の麺ですが、程よく太めのややひねりが入ったもの。表面は滑らかで柔らかさがありながらも、内部にもっちり弾力感を含んだ麺となっています。粒の模様がうっすら見られますが、全粒粉が練り込まれているのかな? 極端に主張しすぎることのない、美味しい麺でありました。その麺に絡むスープですが、やや粘度を含んだ「濃厚魚介」味となっています。豚骨などの動物系に魚介を合わせたもののようですが、確かに濃厚な味わいではあるものの、魚介の風味はそこまでは強くなく、想像していたよりかは上品な味わいでありました。ガツンとした作りではないぶん、麺とのバランスはちょうど良かったですね。最初は特別熱いとは思わなかったこちらのスープですが、脂分によるものか、最後まで熱々さを保っていてくれたのは助かりました。

9沖縄 ラーメン 豊見城市 豚骨 一燈 濃厚魚介ラーメン

後半に差し掛かったところで、卓上の調味料類を投入してみました。
一味唐辛子にブラックペッパーの辛味を加え、味に変化を付けつつ食べ進めました。追加要素がなくても充分最後まで美味しく頂けたかと思いますが、魚粉などが置いてありましたら、更に判りやすかったかも。程よい半熟加減の味玉にチャーシューなども交えつつ、麺はもちろん、最後はスープの一滴も残さず完食です。

今回は代表品目にあたるらしい「濃厚魚介ラーメン」を頂きましたが、未食の分がまだまだ残っているので今後の訪問が楽しみです。次回注文は「一燈」のイメージが強い、「濃厚魚介つけ麺(900円)」あたりになるでしょうか? 個人的には「昔ながらの中華そば(750円)」のビジュアルが気になっています(お品書きでは文字のみで、店頭のサンプルにも飾られていませんでした)。次回は、そう期間を空けずに訪れることになりそうですね。(※下記の営業時間等は「あしびなー」公式ページより。そこではなぜか屋号が「豚骨 一燈籠(TONKOTSU ITTOU)」という表記になっていました。よくよく店頭の看板を見ると「籠」の小さな文字が……)

10沖縄 ラーメン 豊見城市 豚骨 一燈 濃厚魚介ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県豊見城市豊崎1-188(沖縄アウトレットモールあしびなー2F)
電話:098-891-6026
営業時間:11:00-20:00(L.O.19:30)
定休日:無休
駐車場:有り

豚骨一燈ラーメン / 赤嶺駅

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1308-48d858e0










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。