スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

丸麺屋本舗 「豚骨醤油らぁめん」

1沖縄 ラーメン 読谷村 丸麺屋本舗 豚骨醤油らぁめん

読谷村古堅の「丸麺屋本舗」へ行って来ました。
こちらは最近の記録でいうと、「沖縄ラーメン大図鑑」半額企画参加店として訪問しています。その際は「鶏塩らぁめん(ゆず風味)(650円⇒330円)」を頂いたのですが、とても好印象を持ったお店です。なんといいましょうか、絶妙に大衆的ながら、それでいながらさらりと本格的な部分も見え隠れするというか……。個人的にどこか琴線に触れる部分があるのでしょう(^_^;) 自分としては遠方の立地ということもあり、過去2回はいずれも半額企画をきっかけとしての訪問でしたが、今回は意識しての来訪となりました。お店には、週末の午後8時頃の入店です。

2沖縄 ラーメン 読谷村 丸麺屋本舗 豚骨醤油らぁめん

卓上に用意されたメニュー表から、「らぁめん」と「炒飯」類のページです。
提供されているラーメン品目は7種で、つけ麺が1種となっています。せっかくですのですべて書き出してみますと、『あっさり醤油らぁめん・鶏塩らぁめん(ゆず風味)・豚骨塩らぁめん・豚骨醤油らぁめん・つけ麺(以上650円)、辛口担々麺・スタミナらぁめん・みそらぁめん(以上680円)』などとなっています。実はこちらのラーメン7種類は曜日替わりでワンコイン500円で提供をされており、この日の対象は「スタミナらぁめん」でした。つい注文をしそうになりましたが、ここはぐっと我慢して、ぜひ試してみたかった「豚骨醤油らぁめん(650円)」をオーダーです。ちなみに前回訪問時は「半チャーハン+唐揚げ(300円)」も頂きましたが、ボリュームたっぷりで美味しかったです。連食になりますので、今回は控えましたが……(^_^;) 

3沖縄 ラーメン 読谷村 丸麺屋本舗 豚骨醤油らぁめん

備忘録的にトッピング部分のアップ画像です。
書き出してみますとすべて100円で、「バター・コーン・のり・もやし・メンマ・わかめ・味たまご・チャーシュー(2枚)・鶏チャーシュー(4枚)」となっています。価格設定にメリハリを付けてほしいところもありますが(チャーシュー類はもっと高くても良いような気がするぶん、50円くらいに抑えたらお願いしやすい品目もあるかも)、消費税増税後も値上げすることなく頑張っているのですよね。この点も好ましく思っている部分だったりします(いえ、それぞれの店舗において、値上げせざるを得ない苦しい台所事情があるのも判っているつもりです(^_^;))。ちなみに「替玉」も100円となっていました。次のページには「中華料理」と「中華定食」が記されています(今回は割愛)。

4沖縄 ラーメン 読谷村 丸麺屋本舗 豚骨醤油らぁめん

先述した「日替わりワンコインメニュー」です。
ちょうど7品目ということもあり、日替わりというより曜日替わりとなっています。実はこれが癖もので、遠方のお客さんはなかなか平日指定のラーメンを頂くことが出来ません。「Garyu-ya」のおまけダレなども曜日替わりで、好みの味を狙うのが難しかったのですよね……。この日の対象は「スタミナらぁめん」でしたが、先述したとおり「豚骨醤油らぁめん」をチョイスしています。対になるように「あっさり醤油らぁめん」なるものもありますが、良く見ると同じ画像を使っていますね(スープ以外は共通ということが良く判る作りなのでしょう(^_^;))。ちなみにこの中で頂き済みなのは「鶏塩らぁめん」と「辛口坦々麺」となっています。近所にお店があれば毎日通って、一週間で制覇するのに……(笑)

5沖縄 ラーメン 読谷村 丸麺屋本舗 豚骨醤油らぁめん

別紙で用意された数量限定という、「焙煎しょうゆラーメン(730円)」です。
前回訪問の際は見かけなかったメニューですので、もしかしたら定期的に限定麺扱いなものも提供されているのかもしれません。“香ばしいコクのあるスープにもやしがぴったり”のコピーが記されています。こちらは数量限定なのだそう。

6沖縄 ラーメン 読谷村 丸麺屋本舗 豚骨醤油らぁめん

待っている間にテーブル席上(と店内)の様子を写してみました。
お客さんの入りはこれまで来た限りは、“まったく見えない訳ではないが混雑はしない”といったところでしょうか? いえ、もう少し人気があったも良いのかな~とか思ったり。同じ棟で営業されていた「中華料理 龍」は閉店されていました。うーん、お店のジャンル的にちょっと被っていましたよね(^_^;) 卓上には調味料類として、お醤油にラー油、すり胡麻などが常備されています。

7沖縄 ラーメン 読谷村 丸麺屋本舗 豚骨醤油らぁめん

程なくして運ばれた「豚骨醤油らぁめん」です。
最近ではあまり見かけなくなった木杓子が良い感じです。以前は「花月」とかでも扱っていたのですが、管理が面倒ということもあってか、現在は普通のレンゲになっています。他のラーメン店では、「コトブキ」の店舗を引き継いだ「天神矢」でも扱っていますね(しばらく寄っていませんが)。

8沖縄 ラーメン 読谷村 丸麺屋本舗 豚骨醤油らぁめん

「豚骨醤油らぁめん」のアップ画像です。
厚みのある大判のチャーシューにわかめ、メンマに盛りの良い白髪ネギとなっています。スープ表面には背脂が浮いていました。具材の配置に迫力があり、これはなかなか雰囲気があるというか素直に美味しそうです。

9沖縄 ラーメン 読谷村 丸麺屋本舗 豚骨醤油らぁめん

「豚骨醤油らぁめん」の麺ですが、中太のややちぢれが入ったもの。少しばかり固めの茹で加減で、内に弾力感を含んだ麺となっていました。過去頂いた二品目とも共通のようで、「丸麺屋本舗」らしさのある、印象的な麺となっています。その麺に絡むスープですが、やや醤油の塩梅の強い、豚骨醤油味となっていました。豚骨の風味が強い家系寄りのそれではなく、醤油味が勝っている作りですね。背脂が良い具合に旨みを増してくれていました。具材のチャーシューの肉々しさや、太めのメンマが更に食べ応えを加えてくれます。がっつり感だけではなく、そのなかで白髪ネギやわかめが、箸休め的に良いアクセントになってくれました。

10沖縄 ラーメン 読谷村 丸麺屋本舗 豚骨醤油らぁめん

やや提供が遅れたのでラーメンと一緒の撮影が出来ませんでしたが、結局ライスも追加注文しております(^_^;) えーと単品では「ライス(100円)」となっていました。器はそう大きくはないのですが、みっしりと詰まっています。例によって具材を移した「丸麺屋本舗めし(豚骨醤油らぁめんver)」となります。まあ実際は食べづらいので、最初に画像を撮影したらラーメン丼側に戻したりしているのですけどね(笑) 後半ではライスの方にスープを移し、おじや風にして頂いています。これもなかなか美味しかった。という流れで今回も余すことなく完食です。

前回記事を見直してみましたら、ちゃんと「豚骨醤油らぁめん」を試してみたいと書いていますね。忘れていましたが、食い意地は変わらずの選択だったようです(笑) なにせ遠方ですので、次の訪問がいつになるか判りませんが、最終的には全品目を制覇したいものです。ところで次回の「沖縄ラーメン大図鑑」半額企画にも参加されるのでしょうか? その際は被りが発生しないかが心配です(^_^;) ラーメンではなく、「つけ麺(650円)」を選べばよいかも。

11沖縄 ラーメン 読谷村 丸麺屋本舗 豚骨醤油らぁめん

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県読谷村古堅740
電話:098-963-5777
営業時間:11:00-22:00
定休日:無休
駐車場:有り

丸麺屋本舗ラーメン / 読谷村)

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1302-274434be










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。