スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中華そば偶もとなり 名護店 「濃厚中華つけそば」

1沖縄 ラーメン 名護市 中華そば偶もとなり 濃厚中華つけそば

名護市大南の「中華そば偶もとなり 名護店」へ行って来ました。
たまたま名護市に所用があり、スケジュールにやや無理がありながらも寄ってきました。前回初訪時に貰った、半額チケットの期限が切れそうだったのも理由としては大きいです(実際に訪れたのはしばらく前のこととなっています)。さて「中華そば偶もとなり 名護店」は2014年4月にオープンした、「麺や偶もとなり」としては最後発となるお店です。本元は浦添市の名店「麺や偶」になるのですが、濃厚豚骨を前面に出した「麺や偶もとなり」としては4店舗目になりますね(名護市の店舗は「中華そば」を店名に冠しているあたり、また毛色も変わっていますが)。そうそう、「もとなり」の出発点である「麺や偶 もとなり 銘苅店」ですが、2014年10月14日(火)から10月17日(金)にかけて、4周年記念の感謝祭イベントを実施するようですね。個人的には日程上寄るのは厳しそうですが、なんでも全品半額提供ということで、これはお客さんで賑わいそうです。「名護店」にはお昼過ぎの訪問となりました。

2沖縄 ラーメン 名護市 中華そば偶もとなり 濃厚中華つけそば

「中華そば偶もとなり 名護店」の券売機です。
基本の取り扱い品目としては「中華そば(650円)」・「濃厚中華そば(700円)」・「濃厚中華つけそば(800円)」の三種類となっています。前回訪問時には筆頭に記された「中華そば(650円)」を頂きました。魚介の風味漂う、上品であっさりとした醤油味の一杯で、とても美味しかったです。さて今回の注文ですが、順番(?)的に「濃厚中華つけそば(800円⇒400円)」をお願いすることにしました。実は冒頭記載の半額チケットが、「つけそば」指定だっただけの話ですが(^_^;)

3沖縄 ラーメン 名護市 中華そば偶もとなり 濃厚中華つけそば

待っている間に卓上に置かれた「つけそばの美味しい食べ方」を抜粋してみます。

一、麺は長さの半分程をスープに入れ食す。(麺とスープの味が一層広がります)

二、麺を食し終えたらリゾットのサービスを楽しむ。(カレーチーズリゾットにできます。スタッフに声をかけて下さい。)そして食す。

三、味が濃い場合は、割りスープで整え食す。

※その他卓上の調味料(タバスコ・フルーツ酢)を用いて味を追求するのもまた良し。

うーん、実は書かれていることが今回まったく出来ずにいて、今となっては少し後悔です(^_^;)

4沖縄 ラーメン 名護市 中華そば偶もとなり 濃厚中華つけそば

程なくして運ばれた「濃厚中華つけそば」です。
用意される直前にいったん席を立ってしまい、その後になって座る位置を変えてしまったので、器が本来とは逆向きの撮影となっております(^_^;) さてこちらの「つけそば」ですが、濃度によって二種類ある「中華そば(濃厚中華そば)」と異なり、「濃厚中華つけそば」一種類のみとなっているようですね。前回の「中華そば」もそうでしたが、やはり佇まいに雰囲気があります。

5沖縄 ラーメン 名護市 中華そば偶もとなり 濃厚中華つけそば

麺が入っている器のアップ画像です。
具材としてはチャーシューにカイワレ、海苔になるとなどとなっています。レンゲもこちら側に添えられていました。麺がくるりと立体的に盛り付けられており、見た目にも綺麗です。「中華そば」と同様、なるとが彩りのワンポイントになっていますね。そうそう、麺といえば本品目は均一800円設定で、「小・中・大」で同値段なのだそう。いつもでしたら遠慮無く「大」を選択しているところですが、この日は他でも食事をするという都合上、「中」を選んでいます。

6沖縄 ラーメン 名護市 中華そば偶もとなり 濃厚中華つけそば

「濃厚中華つけそば」の麺ですが、太めのストレートのもの。しっかり冷水で締められていてもっちり弾力感があり、口中で存在感のある麺となっています。「もとなり」のイメージとしてはそこまで、太くはないでしょうか? その麺に絡むつけ汁ですが、どろりと粘度の高い野趣溢れるもの。元より“濃厚”を謳っているとはいえ、前回の「中華そば」とはずいぶんとイメージの異なる仕上がりです。魚介も加えているのでしょうが、良い意味で豚骨臭さが前面に出ていて、なかなかワイルドな味わいのつけ汁でした。つけ汁の表面には青葱も浮いていますね。他にも具材が沈んでいたかと思いますが、すみませんちょっと失念しています(油揚げ? 他の店と混同しているかも)。この日は急ぎ気味で麺を啜り尽くし、慌ただしくも完食となりました。

7沖縄 ラーメン 名護市 中華そば偶もとなり 濃厚中華つけそば

提供を待っている間に、事前に撮影を済ませていた卓上の各種調味料類です。
うーん、実は余裕の無いなかで食事をしたので、今回まったく利用していないのですよね(^_^;) 用意された調味料類としては「フルーツ酢・粗挽き胡椒・唐辛子・胡麻・タバスコ・カレー塩・ゆず塩・魚粉」などとなっています。このうち「タバスコ・フルーツ酢」などは“美味しい食べ方”でも言及されているのですが……。さて失念していたこともあるのですが、麺を食し終わった後にあるという“カレーチーズリゾット”も試していません。割りスープもお願いをしてませんし、あまつさえ冒頭の「麺の食べ方」も実践していない始末(笑) 店舗側が通常提供をされている「つけそば」自体は美味しかっただけに、なおさら後悔の残る訪問でありました。

記事中にあるとおり、個人的に不本意な進行でしたので、いつかは再注文するつもりです。まあでも次回来店では、どうしても最後の未食品目となる、「濃厚中華そば」をお願いすることになりそうですね(^_^;) ランチタイムの「本日の定食(180円増し)」の実際の構成も気になっているのですが……(日替わりメニュー・漬け物・サラダが付くのだそう)。個人的に遠方となる名護市を訪れる際は、どうしてもスケジュールが立て込んでしまいます。魅力的な店舗が近隣でしたら、とうにひととおり試し済みになっていることでしょう。次回訪問がいつになるか判りませんが、その日がそう遠くない内に来ることを楽しみにしておきます。

8沖縄 ラーメン 名護市 中華そば偶もとなり 濃厚中華つけそば

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県名護市大南1-12-27
電話:0980-53-7074
営業時間:11:00-22:00
定休日:無休
駐車場:有り

もとなり 名護店ラーメン / 名護市)

夜総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1299-bcb1c36f










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。