スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らーめん いけ家 「塩らーめん(3)(全部のせ)」

1沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん全部のせ

那覇市安謝の「らーめん いけ家」へ行って来ました。
当ブログ企画である「全部のせラーメン」の一環での訪問となっています。しばらく本企画は封印しようとも考えていましたが、トッピング類が充実していて、ラーメン本品との相性が良さそうでしたら、今後も突発的に実施するかもしれません。さてこちら「いけ家」なのですが、まず提供されているラーメン単品自体の佇まいが綺麗なのですよね。それに加えてひと捻りが加わったトッピング類も豊富に用意されており、「全部のせ」を注文しましたら、どのようなビジュアルになるかとても楽しみにしての来店となりました。お店には、夕方頃の入店です。

2沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん全部のせ

「らーめん いけ家」のメニューです。
まずベースとなる単品のラーメンを決めないといけないのですが、ここでちょっと迷いました。お店の主品目を「全部のせ」のベースにするのですが、しばらく前に「沖縄ラーメン大図鑑半額企画」参加店として、「塩らーめん」は頂き済みなのですよね。個人的にも久しぶりの「醤油らーめん(670円)」が気になっていたのですが、お店側がとても強く「塩らーめん」を推していること、またノーマル状態との画像比較をしたかったこともあり、ここは素直に「塩らーめん(670円)」をお願いすることにしました。

3沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん全部のせ

そしてメニュー表からトッピングの項のアップ画像です。
用意されているトッピング類としては、『味付け玉子(半個)(50円)・メンマ(50円)・アーサ(50円)・三種きざみネギ(150円)・チャーシュー(3枚)(220円)・自家製からしとフライドにんにく(50円)・おっかけ豆乳バター(100円)』の七種類となっています。注文の際に「記載のトッピング全部でお願いします」と店員さんにお願いをしました。ここで味わいはもちろん見た目も気になるのが「おっかけ豆乳バター」です。お品書きでは「豆乳バターを温めてお出しします。スープの量が半分ぐらいになる前にスタッフに声を掛けて下さい」と説明書きがされていましたが、配膳時に同時に持ってきて貰いうことにしました。ちなみにトッピング合計でちょうどラーメンと同じく670円、すべて併せると1340円のお会計となっています。

4沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん全部のせ

程なくして運ばれた「塩らーめん(全部のせ)」です。
「全部のせといえば白飯だろうが(ゴローちゃん風)」ということで、しっかり「ライス(100円)」も追加注文しております(笑) 一部のトッピングを除き、一気にラーメン丼へ盛り付けられて来るかと思いきや、別皿に用意されている具材も結構ありました。メンマは別として、薬味的な具材は自分で調整が出来るよう、基本は別皿で用意されるようですね。お店の方が丁寧かつ綺麗に盛り付けてくれるのも良いのですが、運ばれた時の席上の盛りだくさん感や、セルフで具材を載せていくというのも、また楽しさに繋がるというものです。ということで、実際にラーメン丼側へ盛り付けてみましょう。……とその前に、比較として「塩らーめん(ノーマル)」の画像を掲載してみます。

5沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん全部のせ

標準仕様の「塩らーめん」です。
具材としては大ぶりのチャーシューにメンマ、ネギにほうれん草に半玉、そして彩りよくワンポイントのなるとが添えられています。またあおさが入っているのも特徴的ですね。標準段階でバラエティ豊かな具材が載せられているのですが、塩ラーメンということでスープに透明感があることから、より具材の存在感が際立つものとなっています。

6沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん全部のせ

別皿に用意された具材をすべて移した、「塩らーめん全部のせ仕様」です。
これはかなり迫力ある盛り付けとなりました。運ばれた時点で大判のチャーシューが3枚分(一枚が大きいためか、切られて3切れ以上入っていました)すっぽり丼上を覆っていたのですが、別皿の具材まで移してしまいますと、わずかに見えていたスープまで隠れてしまいました。各種具材のコントラストも良く、これは実際に頂くのが楽しみです。セルフながら、結構綺麗に盛り付けられていますよね?(笑)

7沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん全部のせ

「塩らーめん全部のせ仕様」のアップ画像です。
改めて追加注文したトッピング類を書き出してみます。『味付け玉子(半個)(50円)・メンマ(50円)・アーサ(50円)・三種きざみネギ(150円)・チャーシュー(3枚)(220円)・自家製からしとフライドにんにく(50円)・おっかけ豆乳バター(100円)』となっています。特に特徴的な具材について触れますと、「三種きざみネギ」の内訳は「長ネギ・青ネギ・玉ネギ」となっていて、しゃくしゃく食感に葱特有の辛味を楽しめます。「自家製からしとフライドにんにく」は、辛味と香ばしさを刺激的に加えてくれました。そしてこれまた珍しい「おっかけ豆乳バター」ですが、豆乳とバターから来るまろやかな風味を演出してくれます。バター単品ですと結構あっという間にスープに溶け込んでしまうのですが、豆乳が繋ぎになっていたのか配置した箇所に留まり、結果としてピンポイントで各種“味変”を楽しむことが出来ました。しかしこれだけ具材を加えても、なるとが一点中央にあるだけで画が引き締まりますね。

8沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん全部のせ

「塩らーめん」の麺ですが、中太のややちぢれが入ったもの。麺は薄く透明感があり、こちらも見た目に綺麗ですね。程よく軽く固めの茹で加減となっていて、今回は薬味的なトッピングも多く追加したことから、スープとの絡みもちょうど良かったことかと思います。そのスープですが淡い色合いながらもしっかり厚みある、程よい塩梅の仕上がりとなっていました。追加トッピングから来る“味変”のベースとして、濃く強い味わいでは無かったはちょうど良かったかもしれません。

9沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん全部のせ

せっかくですので「いけ家めし」を作ってみました。
各種追加したトッピング類をライス上へ載せております。今回は移しにくい具材もあるため、“全部のせ”とは行きませんでしたが(^_^;) 「○○めし」の花形は「煮玉子」になるのですが、たまたま画像の味玉はハードボイルドに映っていますが、実際に頂くときちんと魅惑的な半熟具合でありました。「塩ラーメン」は通常でしたらさほどライスとの相性は良くない方かもしれませんが、今回は香ばしく炙られたチャーシューも増量されています。各具材群と共に、がっつり白飯も頂かせて貰いました。それでもメインはあくまでも「塩らーめん」ということで、麺はもとより最後はスープの一滴も残さず完食です。

元より具材の種類が多い割に、バランス良く頂ける一杯ではありましたが、お店の方があまり想定していないであろう注文だったのにも関わらず、これまた偏った味わいにはならず美味しく完食となりました。こちら「いけ家」は、他のレギュラー品目も順次試していきたいと考えているのですが、那覇市内ながらも個人的に微妙に寄りづらい立地だったりするのですよね。まあ今回で大きな満足感をもってお店を後に出来ましたので、次回来店までの期間は少しばかり空きそうです。その際はどの品目を注文するか、迷いながらも楽しみなことになりそうです。

10沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん全部のせ

満足感:★★★★★★★☆(7.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市安謝183 丸長ビル1F
電話:098-866-1940
営業時間:11:30-15:00 17:30-22:00
定休日:火曜日
駐車場:有り

らーめん いけ家ラーメン / 古島駅おもろまち駅

夜総合点★★★★ 4.5

関連記事

美味しそうです~~~♪

いけ家の塩らーめんが大好きですが、全部のせは未体験。
盛り付けも美しく、凄く美味しそうです♡
おっかけ豆乳バターも気になります。

近いうちに伺いたくなりました。
[ 2014/10/02 19:49 ] [ 編集 ]

Re: 美味しそうです~~~♪

>すーちーさん
こんにちはー。

トッピングの全部のせはちょっと極端な
注文でしたが、お手頃な価格設定と分量ですし、
いくつかを組み合わせてのオーダーは有りですね。

機会がありましたらぜひお試しください(^_^)
[ 2014/10/06 21:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1292-444ad6f8










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。