スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

香陽軒 「ラーメン」

1沖縄 ラーメン 名護市 香陽軒 ラーメン

名護市宮里の「香陽軒」へ行って来ました。
引き続いて「名護ラーメン紀行」の一環で廻ったお店になります。ラーメン類を取り扱っていることはもちろん事前に知って訪れているのですが、ラーメン専門店ではないこともあって、細かなお店の情報は殆どといっていいほど知らずに訪れています。まあこういうのもまた楽しみになるというものですよね。さてこちら「香陽軒」も同様な訪問の仕方なのですが、これまでのお店と少し異なるのが“内地の老舗ラーメン店”らしい、「○○軒」といった店名です。沖縄発祥という観点ではなかなか見かけませんので、変な方向で期待(妄想?)を膨らませての初訪となりました(笑) お店には、週末の午後2時頃の入店です。

2沖縄 ラーメン 名護市 香陽軒 ラーメン

「香陽軒」のメニュー表です。
ちょうど見開きで収まる品目数となっていました。取り扱っている内容は過去2店と同じく、“沖縄の昔ながらの中華料理屋さん”といった印象ですね。中華な品目はライス・スープ付きで、「マーボドーフ」が500円からと、お手頃な価格設定となっています。また「家族コース(5000円)」なる品目設定もありますが、これはお一人の値段ではなく、5~6名様用とのこと。それぞれ単品で頼むより、バラエティや分量も増されたものになっているのでしょう。せっかくですので、取り扱っているラーメン類を書き出してみます。『チャーシューメン(600円)・みそラーメン(650円)・とんこつラーメン(500円)・玉子焼き入りラーメン(550円)・五目ラーメン(650円)・ちゃんぽんメン(650円)・ラーメン(500円)』などとなっています。全部で7種類になりますね。比較的安価な価格設定ですが、老舗店らしい雰囲気あるお品書きの古さから、消費税増税後も価格の改定は行われていないようです。さて今回の注文なのですが、シンプルに最後尾記載の「ラーメン(500円)」をお願いすることにしました。

3沖縄 ラーメン 名護市 香陽軒 ラーメン

待っている間に店内の様子を写してみました。
お店は画面右手側入り口すぐにテーブル席が並び、その奥側が厨房となっています。入り口から左手側が座敷席になっており、今回はのんびりそちらに座らせて貰いました。お昼のピークも過ぎた頃合いでしたが、この後いくつかのテーブル席が埋まって行きました。客層はやや年配の方が多いようで、きっとずっと以前から常連さんとして通われている方々なのでしょうね。

4沖縄 ラーメン 名護市 香陽軒 ラーメン

卓上の調味料類です。
用意されていたのは餃子のタレに醤油、胡椒にラー油などとなっています。餃子のタレとお醤油の容器が一緒で、どことなく洋風なソース入れっぽいのはご愛嬌といったところです(区別が付くようシール書きがされていました(^_^;))。

5沖縄 ラーメン 名護市 香陽軒 ラーメン

程なくして運ばれた「ラーメン」です。
醤油ダレのオーソドックスなラーメンになるようですね。安価な価格設定ですが、店舗ではセットものなどは特に用意されていないようでした。それでも単品で「餃子(6コ入り)(300円)」と「ライス(100円)」を追加注文で頼んだとしても、900円程度に収まりますね。そういえばスタンダードな『みそ・とんこつ・しょうゆ』は用意されているのですが、なぜか「しおラーメン」は置いてありませんでした(老舗店では豚骨は無くとも塩は設定されているイメージ)。

6沖縄 ラーメン 名護市 香陽軒 ラーメン

「ラーメン」のアップ画像です。
具材はチャーシューが一枚に彩りよくたっぷりな青葱、もやしにメンマとなっています。500円という価格設定ということもあり、ごくシンプルな構成ですが、個人的にはこれもまた老舗店らしい風情があって、頂くまでの少しの間にも期待を抱いてしまいます。今風なトッピング(煮玉子など)は設定されていませんが、ラインナップにあった「玉子焼き入りラーメン(550円)」が今となっては気になっております(笑)

7沖縄 ラーメン 名護市 香陽軒 ラーメン

「ラーメン」の麺ですが、中細のやや捻りが入ったもの。角があるタイプながらほんの少し柔らかめなゆで加減なのも、また老舗店らしい安心感のある作りだったかと思います。その麺に絡むスープですが、鶏ガラなどがベースになったシンプルな醤油味のもの。スープ表面には香味油分が結構浮いており、それもあってか比較的終盤まで熱さを保っていたかと思います。麺や具材に対する全体の塩梅もほどよく、最後まで美味しく食べ進めることが出来ました。最後はもちろん、スープの一滴も残さず完食です。

このような中華料理店系統のお店に寄るたびに少し残念に思うのが、なかなかラーメン以外の品目を試せないことなのですよね。さすがにフルサイズの二品目同時注文はなかなか出来なかったりします(まあ代わりにハシゴラーメンを敢行していたりしますが(^_^;))。次回来店の機会がありましたら、中華な定食類の注文は難しいでしょうが、ラーメンと共にサイド的な「餃子(6コ入り)(300円)」はぜひお願いしようかと考えています。

8沖縄 ラーメン 名護市 香陽軒 ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県名護市宮里7-6-48
電話:0980-54-0148
営業時間:11:30-15:30 17:00-22:00
定休日:火曜日
駐車場:有り

香陽軒中華料理 / 名護市)

昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1289-2d6810c2










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。