スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

赤道ラーメン 真栄原店 「つけめん」

1沖縄 ラーメン 宜野湾市 赤道ラーメン つけめん

宜野湾市真栄原の「赤道ラーメン 真栄原店」へ行って来ました。
「沖縄ラーメン大図鑑半額企画店巡り」にて何度も伺った「赤道ラーメン」ですが、その刷り込み(?)のなかでどうにも気になっていた品目があったのでした。これまでの「赤道ラーメン」のイメージとは異なる、「つけ麺」や「まぜそば(冷やしタンタンメン)」の提供を始めていたのですよね。特に「つけ麺」については自信作なのか大々的に売り出し中のようで、各店舗店頭には垂れ幕で大きく宣伝されていました。そう遠くない内に試してみたいと考えていたのですが、思いのほか早くに機会に恵まれたようです。お店には、週末の午後9時過ぎの入店となりました。

2沖縄 ラーメン 宜野湾市 赤道ラーメン つけめん

「赤道ラーメン 真栄原店」の卓上に用意された別紙メニューです。
しばらく前から「赤道ラーメン」でも券売機が導入され始めたようですが、こちら「真栄原店」では設置されていませんでした。多店舗展開をされているお店なのですが、その辺りの基準はよく判りません(^_^;) さて今回はいつものラーメンではなく、「つけめん」か「冷やしタンタンメン(「こうぞう麺」が商品名?)(770円)」どちらかの品目を頂こうと考えていたのですが、まずは王道となる「つけめん(並盛320g)(770円)」をお願いすることにしました。ちなみに小盛は同グラム数でお値段は変わらず、大盛りは480gで110円増しの880円になるようです。なかなかボリューム感がありそうですね。

3沖縄 ラーメン 宜野湾市 赤道ラーメン つけめん

「赤道ラーメン」の以前からのメニュー表です。
これまでお馴染みのレギュラーラーメンとなる「しょうゆ・みそ・とんこつ・しお(醤油のみ620円で他は670円)」などが掲載されています。消費税増税後の価格改定跡や、提供を終了した品目などもありますが、基本はずっと変わらない内容となっています。品目構成や、やや古ぼけたメニュー表自体からも、老舗ラーメン店らしい風情が感じられますね。

4沖縄 ラーメン 宜野湾市 赤道ラーメン つけめん

卓上に用意された調味料類です。
置かれているのは醤油にラー油にお酢、胡椒に唐辛子などです。以前から変わらず、ラーメン店お馴染みの調味料類ですね。新たにつけ麺やまぜそばなどもラインナップに加わっていますが、それら専用の調味料類は追加されていないようでした。

5沖縄 ラーメン 宜野湾市 赤道ラーメン つけめん

程なくして運ばれた「つけめん」です。
「赤道ラーメン」のつけ麺ということで、どのようなビジュアルか、とても期待しておりました。垂れ幕などでも画像で掲示されていましたが、やはり実際に目の前に置かれているのを見ますと印象も変わるものです。つけ汁には胡麻がたっぷりと浮かび、また別途に小皿にて魚粉が添えられていました。この辺りは注文してみないと判らなかった部分です。

6沖縄 ラーメン 宜野湾市 赤道ラーメン つけめん

麺が載せられた器のアップ画像です。
器が幅広で大きく、なかなかの迫力がありました。ちなみに今回は「中盛り(320g)」となっております。具材はすべてこちら側に載せられており、これまで頂いて来たラーメン類とほぼ共通なものとなっています。具体的にはチャーシューが2枚にメンマ、葱に海苔に海苔などとなっていました。半熟煮玉子などではなく、ふつうのゆで玉子なのがある意味「赤道ラーメン」らしいですね(笑) それとメンマ側に白い固まりが写っていますが、判別出来るでしょうか? 麺を冷水で締めた時のものなのか、小さな氷の欠片が入っており、これはあえて残しているようです。冷たさを保つためのものかな?

7沖縄 ラーメン 宜野湾市 赤道ラーメン つけめん

つけ汁側に具材や麺を投入し、改めていただきます。
茹で時間に10分かかるという自家製の太麺ですが、全粒粉独特の色合いと紋様が見て取れます。しっかり冷水で締められた麺はもっちり弾力感があり、食べ応えのある麺となっています。なんでも全粒粉以外にも混ぜ合わせているものがあるらしく(何かは秘密なのだそう)、お店では「熟成二段仕込み麺」と呼んでいるとのこと。その麺に絡むつけ汁ですが、つけ麺ではお馴染みの魚介豚骨となっています。「赤道ラーメン」らしいところと言えば、つけ汁の塩味が尖っているところでしょうか。初期のつけ麺によくあった、荒削りなどこか懐かしい塩梅でありました(ここは褒めてます(^_^;))。途中で小皿の魚粉を加え、更に魚介の風味を強くすることも出来ます。具材では、しっとり柔らかなで二枚入りチャーシューの存在感が目立っておりました。今回はこれまで良く行っていたライスの追加注文はしませんでしたが、併せて頂くとかなりの総量になりそうです。美味しく完食となりました。

以前から試してみたかった「赤味ラーメンのつけ麺」がようやく頂けて、満足でありました。試してみたくても「赤道ラーメン店巡り」が優先になっていましたからね(^_^;) こちらは多店舗展開をしているだけあって、別に麺工場をもっていて、通常の営業とは別に商品開発に専念することが出来そうです。営業店舗は異なることになるでしょうが、次の訪問時にはもうひとつの新品目となる、「冷やしタンタンメン(こうぞう麺?)」を頂くことになりそうです。

8沖縄 ラーメン 宜野湾市 赤道ラーメン つけめん

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県宜野湾市真栄原1-1-12
電話:098-897-5177
営業時間:19:00-翌6:00
定休日:日曜日
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1282-f183825e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。