スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

桃どん 「塩らーめん」

1沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 塩らーめん

那覇市首里汀良町の「桃どん」へ行ってきました。
こちらは2014年2月に初訪問を果たし、今回が二度目の来店になります。元々のルーツは群馬県の「桃太郎食堂」というお店なのだそうで、主品目の「かつ丼」はその老舗の味を引継ぎ、店名もこれらから付けられたもののようです。安価でラーメン類も提供をされており、初回時には「濃厚しょうゆらーめん(390円)」を頂きました。お店の雰囲気が良かったので、機会があれば再訪をと考えていたのですが、すぐ近隣の「赤道ラーメン首里駅前店」へ寄った際に、そのままハシゴラーメンとなりました(記事掲載が前後しますが、こちらが二軒目となっています)。お店には、週末の正午頃の入店となりました。

2沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 塩らーめん - コピー

店内に入る前に外観を写してみました。
モノレール首里駅前という交通の便が良い立地からか、派手な宣伝がされています。単純に提供品目の画像が貼られているほか、英語や中国語、ハングルでも品目の紹介がされていました。ちなみに立て看板に書かれているお勧めとしては、『1位昔ながらのカツ丼・2位自家製沖縄そば・3位濃厚醤油らーめん』となっていました。3位のラーメンは前回注文したものですね。また390円という安価な価格設定も売りのひとつとなっているようで、『オムライスと二つ食べても780円』とも記されていました。

3沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 塩らーめん

「桃どん」の券売機です。
取り扱い品目ですが、ほとんどが500円または390円で統一されています。このお手頃で安価な設定が良いですね。消費税増税後も、価格の改定は行っていないようです。一番のお勧めである「昔ながらのカツ丼」(券売機では「県産ロイヤルポークロースカツ丼」と記されていました)は680円となっています。当ブログ的にはラーメンも注文することが前提ですので、二品目分を頂くとなるとちょっと重すぎますね(^_^;) さて今回の注文ですが、390円のラーメン類のなかから、あっさりめの「塩らーめん(390円)」をお願いすることにしました。

4沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 塩らーめん

「桃どん」の店内の様子です。
入り口から一番奥側のテーブル席に座らせて貰いました。画面左手側が厨房となっていて、カウンター席はありません。以前訪れた際は女性の店員さん(店主さん?)がおひとりで応対されていたのですが、今回は男性の方がお店を廻されていました。現在は夕方で閉めて夜の部の営業は行っていないようですが、スタッフの体制もこれから整っていくのかもしれません。

5沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 塩らーめん

お店の一角に用意されたセルフサービスのコーナーです。
先述したとおりお店はお一人で廻されていますので、基本はセルフサービスとなっています。お冷ややお漬け物類、調味料類や各種食器などがこちらで用意されています。せっかくですので、お漬け物を小皿に移して頂いております。

6沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 塩らーめん - コピー

程なくして用意された「塩らーめん」です。
トレイに載せて運ばれました。スープの色合いがほとんど透明に近く、想像以上にあっさり感のある「塩ラーメン」となっています。実はこの日は連食でしたので、濃厚系の品目は避けていたのでした(^_^;)

7沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 塩らーめん

「塩らーめん」のアップ画像です。
具材としては生玉子に鰹節、かまぼこに葱などとなっています。取り扱っている390円ラーメンは「味噌らーめん」・「和風醤油らーめん」・「濃厚醤油らーめん」・「塩らーめん」となっており、実際に頂いたのは今回のぶんを含めて後者ふたつなのですが、具材に生玉子を落としているのはおそらく各品目共通なのでしょうね。あっさり系のスープということで、具材としてはこの中では相性は良くなかった方かも(^_^;)

8沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 塩らーめん

自家製という「塩らーめん」の麺ですが、中細平打ちのほぼストレートのもの。表面は滑らかで今回は特にあっさりスープということもあり、するすると食べやすい麺でありました。その麺に絡むスープですが、見た目にも透明感のあるあっさり塩味となっています。鰹節も添えられていますが、出汁の具合からちょっと沖縄そばをイメージしてしまう作りだったかと思います。そう見てしまうと沖縄かまぼこや葱なども、沖縄そばの具材に映ってしまいますね(^_^;) 思わず紅ショウガが欲しくなりましたが、実際にセルフのコーナーに用意されていましたで、投入して味の変化を付けさせて貰いました。

9沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 塩らーめん

追加注文した「和風オム丼(390円)」です。
結局ラーメン単品では済まさず、追加オーダーをしています(^_^;) 注文時の記憶が曖昧になっていますが、立て看板などでは「ふわふわオムライス」、または「和風オム丼」などと記されていました。うーん、店頭の画像ですと後者の品目名のような……。たまごの上には鰹節や青ネギなどが散らされているものの、マヨネーズにケチャップも掛けられており、あまり和風感はなかったかな?(笑) ラーメン共々、最終的にがっつりな形で完食となりました。

以前はラーメンの提供は夜間限定だったようですが、現在はオープンからクローズまでフルタイムまで応対をされているようです。しかしながらいまのところ夕方には閉めてしまうようで、やはり少しばかり一般のラーメンファンには寄りづらい面があるかもしれませんね。次回来店の機会がありましたら、今度こそお店の看板となる「カツ丼」を頂きたいと考えております。あ、でも「焼き餃子(390円)」も気になっていたりして……。

10沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 塩らーめん

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市首里汀良町3-20
電話:098-885-7654
営業時間:11:30-17:00(LOは30分前)
定休日:木曜日
駐車場:有り

桃どんかつ丼・かつ重 / 首里駅儀保駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1280-e8e4fa3e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。