スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミスタードーナツ サンエー西原店 「麻婆豆腐麺」と「酸辣湯麺」

1沖縄 ミスタードーナツ ラーメン 陳建一

西原町嘉手苅の「ミスタードーナツ サンエー西原店」へ行って来ました。
先日から中華の陳建一氏を前面に出したテレビCMが流れていますね。「ミスタードーナツ」は言わずと知れた、全国チェーン展開をされているドーナツ屋さんですが、飲茶と称して麺類の提供(もちろん点心や粥なども)をされています。当ブログでは以前に「那覇メインシティ店」の「7種の野菜麺」なる品目を取り上げたこともあるのですが、今回はまんまとテレビCMに載せられた格好です(インスタントではないラーメンのCM自体珍しいですしね(笑))。どちらの店舗でも良かったのですが、たまたま「サンエー西原店」にテナントで入っているのを見かけ、立ち寄ることにしました。お店には、週末の午後9時半過ぎの入店です。

3沖縄 ミスタードーナツ ラーメン 陳建一

店頭に掲示されていた「Premi-Yum(プレミヤム)」の宣伝板です。
通常の飲茶とは異なるプレミアム感を出すための造語のようですね。先述したようにMr.中華である陳建一氏が監修をされているようで、CMにも実際に出演されています。最近はあまりテレビ出演をされていないようですが、この方は愛嬌たっぷりで、見ていてどこか安心感がありますので、もっとメディア露出を増やして欲しいですね。ちなみにお父さん陳建民氏は、日本式の「担担麺」を広めた方でもあります。

4沖縄 ミスタードーナツ ラーメン 陳建一

店内に掲示されていた「ミスタードーナツの飲茶セット」です。
本来はドーナツ屋さんなのですが、残念ながらその部分については、当ブログでは一切触れることはありません(笑) 「Premi-Yum(プレミヤム)」として発売されるのは、「麻婆豆腐麺(486円)」「酸辣湯麺(486円)」・「海老湯麺(486円)」の三種類となっているようです。その他現在のレギュラー麺類としては、「海鮮野菜そば(421円)」・「担々麺(421円)」・「汁そば(334円)」となっているようです。さて今回の注文ですが、「麻婆豆腐麺(単品では486円)」を選択した形で、「点心セット(750円)」をお願いすることにしました。

5沖縄 ミスタードーナツ ラーメン 陳建一

程なくして用意された「点心セット」です。
点心の三種セット(内容は後述します)はレンジで温められているようで、容器もそのような作りとなっています。辛子やたれなども袋入りで、この辺りはファストフード感の強いものとなっていました(いやまあ実際にそうなのですが(^_^;))。セットのドリンクは本来は各種ソフトドリンクから選べるはずですが、特にこの日は甘いのは避けたく、ただのお冷やをお願いしています。

6沖縄 ミスタードーナツ ラーメン 陳建一

「麻婆豆腐麺」のアップ画像です。
改めて画像で見直してみますと、これはなかなか雰囲気がありますね。具材の挽肉と豆腐がいかにも辛そうに赤色に染まっており、中央部の葱の緑色がとても鮮やかであります。そうそう、「麻婆豆腐麺(486円・税抜きで450円)」という価格設定から想像できるでしょうが、器は小ぶりなハーフサイズのものとなっています。コンセプトが専門店外による気軽に頂く「飲茶」ですので、妥当な品目設定なのでしょうね。

7沖縄 ミスタードーナツ ラーメン 陳建一

「麻婆豆腐麺」の麺ですが、中細のほぼストレートのもの。やや柔らかめながら、上部に載せられた麻婆豆腐との絡みも良く、ゆで加減としてちょうど良い作りとなるのでしょう。その麺に絡む具材の麻婆豆腐なのですが、四川のピーシェン豆板醤を用いて味を調えたというもの。唐辛子にそら豆を原料とした豆板醤になるようですね。独特な風合いで、じんわりと辛味と旨味の感じられる仕上がりとなっていました。陳建一氏が監修という刷り込みもあり(笑)、美味しく頂きました。

8沖縄 ミスタードーナツ ラーメン 陳建一

セットの「点心3種(単品では280円)」です。
内容としては『肉まん・肉しゅうまい・エビ蒸し餃子』となっています。それなりに食べ応えがあり、バラエティ感もあったのですが、よくよく考えてみますと、前回訪れた際も同じセットで注文をしているのですよね(^_^;) 今回は二度目の訪問の上にライスと相性が良いであろう「麻婆豆腐麺」でしたので、「卵チャーハンセット(同価格の750円)」をお願いしても良かったかもしれません。

9沖縄 ミスタードーナツ ラーメン 陳建一

ハイ、先のセットでは分量的に満足出来ず、「酸辣湯麺(486円)」も追加注文してしまいました。
「麻婆豆腐麺」は掲載メニューの筆頭に記されていますし、何より陳建一氏の代名詞のような品目であることから、最優先の選択となりました。しかしながらここ最近は沖縄の過酷な夏場を乗り切るべく、酸味(お酢)の効いたラーメンをずっと身体が欲していたのでした。「酸辣湯麺(さんらーたんめん)」は酸味と辛味が融合した、考えてみましたら、いま現在の自分にぴったりのラーメンなのかも。

10沖縄 ミスタードーナツ ラーメン 陳建一

「酸辣湯麺」のアップ画像です。
具材としては青菜に、細切りの筍に豚肉などとなっています。程よくピリリと効いた酸味と辛味が、食感を演出した各種具材と中細麺にとても良く似合っていました。ラーメン単品で見てしまうと、どうしても分量的な面などで物足りなさを感じてしまうものの、別途ドーナツを購入する方を含め、満足感はそれなりに得られるのではないでしょうか? 個人的には「酸辣湯麺」は、改めて開拓しようと思った品目なのだと再確認となりました。

今回のような“異業種のラーメン店”ですと、突発的な訪になったりしますので、なかなか計画的な品目注文が出来なかったりするのですよね。前回記事を見直しますと、次回は炒飯注文をと考えていながらも、いつもの思考(嗜好)パターンを繰り返しているようですし(^_^;) 次回来店がいつになるか判りませんが、せっかくのドーナツ屋さん訪問ですし、麺類とセットになるらしい、「ドーナツセット(650円)」を頼んでもいいかもしれません(笑)

11沖縄 ミスタードーナツ ラーメン 陳建一

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県西原町嘉手苅130
電話: 098-882-9688
営業時間:9:00 - 23:00
定休日:無休
駐車場:有り

ミスタードーナツ 西原ショップドーナツ / 首里駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1279-1f1f0455










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。