スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らあめん花月嵐 糸満店 「嵐げんこつらあめんブラック(7)」

1沖縄 ラーメン 糸満市 花月 ブラック

糸満市潮平の「らあめん花月嵐 糸満店」へ行って来ました。
当ブログにおいては毎度お馴染み「らあめん花月嵐」への訪問ですが、今回は来店に至るまでに二つほどちょっと変わった理由があります。まず一点めですが、いつもでしたら期間限定麺を頂くための発売日初日の訪問のところ、今回は緊急に用意された数量限定品であるということ。元々は4月に発売された通常の期間限定品(言い回しが変ですね(^_^;))だったのですが、数量限定品切れ次第終了という形で急遽復活したようです。「花月」では期間限定品が発売されない月が年に二回ほどありますので、本来は9月がその月に当たっていたのですけどね。そして二点めですが、「ラーメン花月 糸満店」がいつの間にか「らあめん花月嵐 糸満店」へ変わっていたこと。そうです、同じ「花月」でも、実は糸満市の店舗だけ業態が違っていたのでした。とりあえずはリニューアルオープンになるのでしょうか? いちおうは未訪店にあたるということで、寄ってみることにしました。お店には、平日の昼過ぎの訪問です。

2.0沖縄 ラーメン 糸満市 花月 ブラック2沖縄 ラーメン 糸満市 花月 ブラック

店内に入る前に以前の店舗外観(左)と現在の店舗外観です。
看板では「ラーメン花月」となっていますね。正直なところ取り扱い品目や店内サービスなどに変わりはなく、業態が異なるといっても店名と外観以外にどこが違うか判別がつきません(^_^;) 強いて挙げるとしましたら、「ラーメン花月」は内装が野暮ったく(失礼)、「らあめん花月嵐」は今風のちょっとお洒落な作りであることでしょうか。またはフランチャイズ店として、契約に関する条件が異なっているのかもしれません。

3沖縄 ラーメン 糸満市 花月 ブラック

「らあめん花月嵐 糸満店」の店内の様子です。
カウンター席側から入り口側を写してみました。画面奥が座敷席、自分の背後がテーブル席で、向かい側が厨房となっています。店内の構成は以前と変わっていませんが、やや小綺麗に整頓された印象はあります(以前は雑多に新聞や雑誌なども置かれていたかも)。なにぶん建物自体が古いので、最近新規オープンされた「嵐」店舗とはやや趣が異なるのはしょうがないところです。そうそう、「ラーメン花月」から「花月嵐」にリニューアルされたのは、2014年2月のことなのだそう。想像していたより、ずっと前の改装だったようです。

4沖縄 ラーメン 糸満市 花月 ブラック

恒例の卓上に用意されたリーフレットの紹介です。
左側の小さなリーフレットが前月発売の期間限定(とは言っても3ヶ月近く販売は続きます)「嵐げんこつらあめんブラック・デビル」、右側の大きなリーフレットが次月発売の期間限定となる「スーパーGTR」となっています。つい最近発売された「GTR(ガーリック・トマト・ラーメン)」は五作目にして原点回帰のようにナンバリングを外していましたが、このような隠し球を用意していたのですね。なんでも川越シェフとのコラボラーメンで、またもや意欲的に「味噌」を組み合わせたもののよう。変化球ながらも前作は何気に完成度の高いトマトラーメンでしたので、これまた発売が楽しみです。

そうそう、画像左側上部の紙片は、キャンペーン的な無料クーポンとなっています。クーポンの内訳としては『チャーシュー2枚・ニンニク豚めし・トッピングまたはライス』となっています。この日から配布されたらしく、いつまで配布しているか判りませんが有効期限は10月末日となっていました。受け取ったのは「糸満店」ですが、店舗独自の押印はないことから、全店共通のものだと思われます(未確認ではありますが)。珍しい応対だと感じたのですが、クーポンに記された「スーパーGTR」の価格は880円というこれまでの記憶にない高めの設定です。ホント「花月」は色々な意味で面白いことしますよね(その色々については来月の記事にて……)。

ところで前月発売された期間限定品の「嵐げんこつらあめんブラック・デビル」ですが、個人的にとても気に入ったヒット限定品となっています。9月に「ブラック」が緊急発売されなければ、珍しくリピート品目になったかもしれません。当該記事にて『前作の「ブラックモンスター」は高評価だったようですが、「花月」常連のファンから今回はどう捉えられてるのでしょうか?』などと書きましたが、やはり賛否ある評価のようですね。常連ファンと他ラーメンも頂く者では、やはり嗜好にも違いが出るのでしょう。元々ラーメン自体がそういったものですしね(^_^;) さてずいぶんと前置きが長くなりましたが、今回はお目当てとなる「嵐げんこつらあめんブラック(740円)」を注文です。

5沖縄 ラーメン 糸満市 花月 ブラック

待っている間にカウンター席上の様子を写してみました。
カウンター席には誰もいませんが、背後のテーブル席、左手奥側のテーブル席には昼過ぎながらもそれなりにお客さんが入っていました。チェーン店らしい安定した集客力をひしひしと感じるところです。卓上に用意された各種調味料類は、この後しっかりと利用させて貰うこととなっております(特に愛してやまない壺ニラですね(^_^;))。

6沖縄 ラーメン 糸満市 花月 ブラック

程なくして運ばれた「嵐げんこつらあめんブラック」です。
しっかり「ごはん(100円)」の追加注文をしております。前作の「ブラデビ」は大盛り不可だったのですが、今回の「ブラック」は大盛り出来るようになっていました。とりあえずそちらの注文は我慢したということで(^_^;) それと花月マスターサービスから追加トッピングとして、「キャベツ(本来は100円)」をお願いしました。あまり利用しないトッピングなのですが、前回期間限定「ブラデビ」の標準具材として思いのほか似合っていたので、お試しでの注文です。盛り具合がかなりのものですね。また無料の「生ニンニク」も二人前を店員さんに告げて用意して貰っています。垢抜けない「花月」刻印のお皿が、旧営業形態である「ラーメン花月」の名残を感じさせます。

7沖縄 ラーメン 糸満市 花月 ブラック

といいますか、注文時点で失敗していました(^_^;)
いつもでしたら「花月」のトッピングは別皿でお願いしていたのでした。今回はうっかり失念してしまい、生ニンニクが載せられた皿にキャベツを移し、本来の「ブラック」に戻して改めて全体画像を撮影です。ブログ記事冒頭の「ブラック」画像も、キャベツを別皿に移した後のものとなっています。多少盛り付けが崩れたことになったかもしれませんが、そのような裏事情があったことをご了承ください。といいますかそのような応対の間に、いつもの「花月めし」も作っていたりします。ライス側に壺ニラを載せて生ニンニクを絞り、更に卓上の「秘伝のたれ」を加えた癖になる(勝手に命名した)一品であります。

1沖縄 ラーメン 糸満市 花月 ブラック

「嵐げんこつらあめんブラック」のアップ画像です。
具材としては大判のチャーシュー(※追記あり(^_^;))にメンマ、半熟味玉に葱に海苔などとなっています。ぱっと見た限りは4月発売バージョンと大きな変更点はないようですね。もっとも度々大きなアレンジが加えられる「一番星」などの期間限定ものと異なり、元は定評のあるレギュラーでもあった「ブラック」ですので、明らかな変更はなかなか出来ないのでしょう。ちなみに「ブラック」名称の由来となるスープに入るマー油ですが、前回発売時点で結構なパワーアップを果たしているのだそうです。

8沖縄 ラーメン 糸満市 花月 ブラック

「嵐げんこつらあめんブラック」の麺ですが、「花月」お馴染み中細のストレートのもの。柔すぎることなく程よい茹で加減で、スープの色合いが移るほどしっかりと絡んでいます。その品目名どおりの黒い色合いのスープですが、焦がしニンニクの香りと苦みが効いた、濃厚な味わいとなっております。個人的にはジャンク感増しとなる背脂が少し物足りないような気がしましたが、これは前作からの比較印象(前作は背脂マシマシ)だったのかも。それでもやはり「花月」らしさを感じさせる一品ですよね。後半には更に、生ニンニクや壺ニラ、果てにはブラックペッパーまで投入し、思うぞんぶんに背徳な旨さを堪能させて貰いました(笑)

9沖縄 ラーメン 糸満市 花月 ブラック

……ごめんなさい。「ごはん(100円)」を追加注文してしまいました。
せっかく見映えのある半熟煮玉子が標準で丸々一個付いているということで、つい先ほど「花月めし」を平らげながらも、我慢できずに「花月ブラックめし」を改めて作ってしまいました(^_^;) おまけの要素として追加トッピングのキャベツも添えられていますね。味玉が具材の要素にあると作らずにいられないのです。最後はラーメン共々、がっつりと完食です。

クーポン券を貰ったことにより、「糸満店」にはまた再訪することになるのかなーとも思いましたが、考えましたら店舗指定がされた券ではありませんでした。次の「花月」訪問は次回期間限定麺を頂くことになりそうですが、クーポン券利用が前提になりそうですね。いまのところ訪問店は未定となっております。

10沖縄 ラーメン 糸満市 花月 ブラック

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県糸満市潮平620-1
電話:098-992-6691
営業時間:11:00-24:00
定休日:無し
駐車場:有り

ニンニクげんこつラーメン花月 糸満店ラーメン / 糸満市)

昼総合点★★★☆☆ 3.5


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1272-9b983cb7










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。