スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

せたが屋 那覇国際通り店 「せたが屋らーめん」

1沖縄 ラーメン 那覇市 せたが屋

那覇市松尾の「せたが屋」へ行って来ました。
熱心なラーメンファンの間では既に周知のこととは思いますが、2014年8月末日をもって「せたが屋」は閉店となりました。2013年11月に国際通りの真ん中、ドン・キホーテの7階テナントに入った内地の有名ラーメン店として、同フロアの「博多だるま」と共に開店当初はとても話題になりました。契約満了に伴う撤退とのことですが、一般層の支持を得るにはやはり立地的に厳しかったのかもしれません。「せたが屋」は内地の集合ラーメン施設などにも積極的に出店しており、県内進出前から比較的馴染みがあったのものですから、沖縄県内で気軽に頂くことが出来なくなるのは、個人的にも残念なことであります。最後の一杯を頂こうということで、週末の午後9時頃の入店となりました。

2沖縄 ラーメン 那覇市 せたが屋

「せたが屋 那覇国際通り店」厨房側カウンターの様子です。
お品書きと共に「契約終了に伴う閉店のお知らせ」も掲示されていますね。お知らせの最後は『閉店まで精一杯美味しいラーメンを作って参ります。また、皆様にお会いできますのを楽しみに心よりご来店をお待ちしております』と締められていました。この文言はいつかの再出店を期待したいものですね。さて今回の注文ですが、お品書きの筆頭にて店名を冠した、“全部のせ”的な品目である「せたが屋らーめん(1030円)」をお願いすることにしました。

3沖縄 ラーメン 那覇市 せたが屋

待っている間にテーブル席から厨房側を撮影してみました。
こちらはドン・キホーテ7階のフードコートとなっているため、ワンフロアのテーブル席は各店共通のものとなっています。雰囲気的にはなかなかの華やかさがあるのですが、国際通りど真ん中で更には特殊なドン・キホーテの客層と、7階上層フロアという足を運ぶには高い敷居が、やはり厳しい面があったのかなと思い馳せてしまいました。

4沖縄 ラーメン 那覇市 せたが屋

テーブル席で撮影した、フードコート店ならではの呼び出しベルです。
呼び出し音がなるまでのんびりと待ちます。今さらですがこの日も週末の夜ということもあり、酒席の場から流れての訪問だったのですが、自分的に定番となるアルコール類は追加注文していなかったようです。7階に昇る間にテンションは落ち着いてしまったのかも(^_^;)

5沖縄 ラーメン 那覇市 せたが屋

呼び出しベルが鳴り、カウンター側まで受け取りに行った注文品目です。
トレイには“全部のせ”的な品目である「せたが屋らーめん」の丼と共に、しっかりと追加注文をした「半ライス(100円) 」も載っています。具材たっぷりな品目を注文した以上、やはり白飯は欠かせませんね(笑)

6沖縄 ラーメン 那覇市 せたが屋

「せたが屋らーめん」のアップ画像です。
具材としてはチャーシューが3枚に半熟味付玉子、メンマに海苔などとなっています。特徴的なのは四万十川あおさのりでしょうか。またなるとが視覚的に良いワンポイントになっていますね。

7沖縄 ラーメン 那覇市 せたが屋

「せたが屋らーめん」の麺ですが、北海道産小麦粉を使用したという中細のちぢれが入ったもの。くっきりした食感ながらも、もっちり感も含んでおり、味わい深い麺となっていました。その麺に絡むスープですが、魚介の薫りも高い醤油味となっています。お品書きにあった説明によると『豚骨、鶏ガラなど10時間じっくり煮出した動物系スープと厳選された煮干、うるめ、宗田節たっぷりの魚介ダシ』が合わされたもの。しっかりとした食感の麺に程よい塩梅のスープが絡み、啜る勢いは止まりません。沖縄では主流ではない魚介スープということもあり、やはり印象に残る味わいでありました。具材の太めのメンマや増されたチャーシューなども、更に華を添えてくれました。

8沖縄 ラーメン 那覇市 せたが屋

具材をライス側に移した「せたが屋めし」です。
個人的に具材増しのラーメンにはライスは欠かせません(笑) チャーシューが白飯に合うのはもちろんのこと、彩りや味わい的に半熟煮玉子が入っているのも必要なポイントだったりします。そういえば別途店舗カウンター側に用意された「刻み玉ネギ」などは、すっかり失念したのか利用しなかったようです。ある意味フードコート店の弱みでもあるかもしれませんが、それだけ美味しく食べ進めていたのでしょう。ラーメン共々、もちろんスープの一滴も残さずに満足感たっぷりの完食となりました。

国際通り近辺では酒席の場から流れてラーメンを頂くことも多く、その割りには「せたが屋」へ足を運ぶ機会は少なかったかも、といま考えますと反省することしきりです。ビルの最上階というのは、少しばかりハードルが高かったのかな……。そういえば「せたが屋」が撤退した後の空きスペースはどうなるのでしょうか? 同じフロアに出店されている「博多だるま SOUTH JAPAN」に久しぶりに顔を出しつつ、またそう遠くない内にフードコートへは訪れてみようと考えています。

9沖縄 ラーメン 那覇市 せたが屋

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県覇市松尾2-8-19(ドン・キホーテ国際通り店7F)
電話:098-868-3730
営業時間:11:30 - 22:00
定休日:無休
駐車場:無し

関連記事

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/09/02 22:23 ] [ 編集 ]

せたが屋さん閉店したの~>0<:

沖縄に存在するラーメン屋さんでは、上位クラスだと思ってたのに…。
近い駐車場だと、ドンキで3000円↑で駐車無料だったかな?
思い出すと無意識にドンキ+して考えてしまって
頻繁には、行けなかった…。

閉店じゃなく移転にして欲しかった!

駐車スペース確保しつつやってれば成功していたと思う
[ 2014/09/03 09:47 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>himikoさん
こんにちはー。
残念ながらせたが屋さんは閉店しちゃいましたね。

沖縄では比較的少ない魚介風味を前面に出した
ラーメンでしたし、なによりあの「せたが屋」が
沖縄県内で頂けなくなるのはとても寂しいことです。

営業条件が変わればお客さんは入っていたかもしれ
ませんし、再出店して欲しいものですね。
[ 2014/09/04 06:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1270-d42c401e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。