スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

桃原 沖縄松本店  「豚骨らーめん(4)(全部のせ)」

1沖縄 ラーメン 沖縄市 桃原 豚骨らーめん全部のせ

沖縄市の「桃原 沖縄松本店」へ行って来ました。(沖縄ラーメン大図鑑39/40
今回も沖縄ラーメン大図鑑半額企画参加店への訪問になります。半額企画店巡りもいよいよラス2となりました。「桃原」はこちら本店(沖縄松本店)以外にも「宜野湾伊佐店」も企画参加をされており、個人的に比較して寄りやすい立地ということもあり、最近はそちらへの訪問が多かったようです。記録を見ますと意外でしたが、本店の方はほぼ3年振りの来店となっていました。さて冒頭記事タイトルや画像で既におわかりでしょうが、当ブログのもうひとつの企画である「全部のせラーメン」も一緒に乗っからせて貰っています。先日「宜野湾伊佐店」へ寄った際にメニュー構成を見て、ぜひ試してみたいと思ったのでした。お店には、平日のお昼時の入店です。

2沖縄 ラーメン 沖縄市 桃原 豚骨らーめん全部のせ

「桃原 沖縄松本店」のお品書きです。
今回のお目当ては「豚骨らーめん」になるのですが、麺の種類によって650円と700円の二品目に分かれています。半額企画対象は「豚骨らーめん(中太麺)(700円⇒350円)」となっており、価格面もそうですが細麺はこれまでも馴染みがあるので、「中太麺」の指定は嬉しいところだったりします。もちろん、この日の注文はそちらをお願いすることにしました。そうそう、「宜野湾伊佐店」では導入されている券売機ですが、こちらでは設置されていませんね。なんとなくお店の雰囲気的にもそれで合っているような気もします。

3沖縄 ラーメン 沖縄市 桃原 豚骨らーめん全部のせ

先ほどのお品書きから、トッピングの項のアップ画像です。
今回は「全部のせラーメン」企画も兼ねていますので、トッピングもすべてお願いすることにしました。追加注文としては「煮たまご(100円)・のり五枚(100円)・もやし(50円)・ねぎ(100円)・きくらげ(100円)・チャーシュー(200円)・背脂とマー油(50円)」となっています。トッピング7種類合計で700円ですね。程よく価格設定がばらけているのも、バラエティ感があって注文時のワクワクな心情を煽ります。総額で本来は1400円のところ、ラーメンは半額チケットを利用していますので1050円となりました。ちなみに画像右上部に“麺のカタさ”の設定がありますが、てっきり記載の位置から細麺専用の指定かと思いきや、今回の中太麺でも適用は可能とのこと。お店の方に訊かれましたので、無難(?)に「カタ麺」でお願いをしました。

4沖縄 ラーメン 沖縄市 桃原 豚骨らーめん全部のせ

先ほどのお品書きの裏面です。
「宜野湾伊佐店」も半額企画に参加しているのですが、そちらは「まぜそば(700円⇒350円)」が対象品目となっています。ラーメン店巡りをするような者にとっては、このように品目を分けてくれるとそれぞれ楽しめて良いですね。もちろん、先の「まぜそば」も美味しく頂いております。

5沖縄 ラーメン 沖縄市 桃原 豚骨らーめん全部のせ

別紙で用意されたランチタイムのセットメニューと、単品ラーメンのお品書きです。
ランチタイムのセットメニューは、プラス200円程度でライス込みのおかず(または丼もの)が付いてきます。ラインナップで特に興味深いのが、「チキン唐揚げとごはん」だったりします(鶏肉好きです(笑))。種類もありますし、ランチで利用される地元の方はローテーションを組んでがっつりいけますね。また別紙の単品ラーメンですが、こちらも未食なままなので、いつかは試してみたいものです。

6沖縄 ラーメン 沖縄市 桃原 豚骨らーめん全部のせ

「桃原 沖縄松本店」のカウンター席上の様子です。
背後にはテーブル席も用意されていますが、お昼時で比較的こぢんまりとした規模ということもあり、店内はすぐに満席に近い状態となりました。卓上に置かれている調味料類としては、お酢にお醤油にラー油、唐辛子に紅ショウガに胡麻などとなっています。これは充分以上と言って良いほどの品揃えですね。今回利用を楽しみにしていたのが一番手前にある白い器の「特製甘辛みそ」で、特にスープのあるラーメンと追加トッピングにて初めて頂ける海苔に、がっちり似合うのではないかと考えていたのです。

7沖縄 ラーメン 沖縄市 桃原 豚骨らーめん全部のせ

程なくしてトレイに載せて運ばれた「豚骨らーめん(全部のせ)」です。
今回は具材たっぷりの特別仕様ということで、しっかり「ライス(100円)」も追加注文しております。また各種追加のトッピングは、基本的にラーメン丼側に盛られているのですが、「のり(5枚)」については別皿に載せられています。今回は「全部のせ」としての紹介ですので、冒頭の画像は提供後に自分で盛り付けたものとなっています。

8沖縄 ラーメン 沖縄市 桃原 豚骨らーめん全部のせ

「豚骨らーめん(全部のせ)」のアップ画像です。
改めて追加トッピングを書き出してみます。追加分は「煮たまご(100円)・のり五枚(100円)・もやし(50円)・ねぎ(100円)・きくらげ(100円)・チャーシュー(200円)・背脂とマー油(50円)」となるのですが、ベースで入っている分と、トッピングで新規に追加される差異が気になりますね。自分がそう思ったので、以前頂いたノーマルの「豚骨らーめん」画像も掲載してみます。

20130320053401397_2014082806064849c.jpg

2013年9月に頂いたノーマルの「豚骨らーめん」です。
改めて今回の「全部のせ」と「ノーマル」との追加要素を書き出してみますと、「煮たまご・のり五枚・もやし」は新しく加わった具材で、「ねぎ・きくらげ・チャーシュー・背脂とマー油」は増されている具材になりますね。見比べますとやはり今回は迫力があります(笑)

9沖縄 ラーメン 沖縄市 桃原 豚骨らーめん全部のせ

「豚骨らーめん」の麺ですが、今回は指定の中太麺となっています。ゆで加減は注文時に「カタ麺」でお願いをしましたので、わしわしと食べ応えのある食感となっていました。お店お勧めの“麺のカタさ”は「普通」だったかもしれませんが、今回は具材たっぷりの特別仕様でしたので、食べている間にのびてしまう時間も考慮しますと、ちょうど良かったかも。しかし中太麺で「ハリガネ」を頼みますと、どのような食感になるかも気になりますね(笑) その麺に絡むスープですが、やや粘度のある濃厚な豚骨仕立てのもの。単体ではそう臭みは強くありませんが、独特なペースト状になった「背脂とマー油」がアクセントになり、がっつりとした食べ応えを加えてくれます。

10沖縄 ラーメン 沖縄市 桃原 豚骨らーめん全部のせ

せっかくの「全部のせ」ですので、ライス側に具材を移してみました。
改めての「桃原豚骨めし」です(笑) 各種具材をライスに載せたうえに、卓上の紅ショウガにお店独自の「特製甘辛みそ」を足してみました。色合いとしても赤味が加わり、見た目にも良いアクセントになっています。今回楽しみにしていた「特製甘辛みそ」と海苔(と豚骨スープ)のマッチングですが、想像どおりに相乗効果のある美味しさでした。ただ以前も感じたのですが、これらにおろしニンニクが加われば、さらに旨さが増されそうです。「桃原」では豊富な調味料類が用意されているのですが、ニンニクは置いてないのですよね。これはお店の矜恃なのかもしれません。

11沖縄 ラーメン 沖縄市 桃原 豚骨らーめん全部のせ

中盤を過ぎた頃合いに、卓上の調味料類をラーメン丼側に投入しました。
有料のトッピングも追加しましたが、無料の調味料も投入して、最後の最後までぞんぶんに味わい尽くしました。いま改めて考えてみますとそれでもまだ完全ではなく、「替玉(100円)」設定も用意されていますので、追加で「細麺替玉」も有りだったかもしれません(笑) ライス共々、最後はスープの一滴も残さずに完食です。

今回は「全部のせラーメン」仕様ということで、満足感たっぷりにお店を後にすることが出来ました。改めてですが、半額企画ならではの思い切った注文が出来たのは良かったですね。次回来店の機会がありましたら、別紙メニューの「魚介だしらーめん(700円)」や「濃厚味噌らーめん(800円)」なども試していたいものです。ランチタイムでしたら、セットメニューも有りですね。

12沖縄 ラーメン 沖縄市 桃原 豚骨らーめん全部のせ

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県沖縄市松本1-2-16
電話:098-937-0631
営業時間:11:00-23:00
定休日:無休
駐車場:有り

桃原ラーメン / 沖縄市)

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1267-f9055108










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。