スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夜食屋らーめん民民 沖縄うるま店 「熟成醤油らーめん」

1沖縄 ラーメン うるま市 民民 醤油らーめん

うるま市宮里の「夜食屋らーめん民民 沖縄うるま店」へ行って来ました。
こちらは2012年11月にオープンしたお店なのですが、これまで当ブログではなかなか来店が叶わず、つい先月末にようやくの初訪問となっています。その際はアルコールが入ったテンションの高さもあったのでしょうが、個人的にはとても落ち着ける雰囲気の良さを感じました。本拠は静岡県にあるお店のようなのですが、展開している店舗数は多くはないようなものの、取り扱い品目の多様さや業態(居酒屋に近い?)などの部分から、飲兵衛にはどこか琴線に触れてしまう部分があるのかもしれません(笑) お店には、週末の午後10時半過ぎの入店となりました。

2沖縄 ラーメン うるま市 民民 醤油らーめん

「夜食屋らーめん民民 沖縄うるま店」のお品書きからラーメンのページです。
メインのラーメンは「白とんこつらーめん」と「黒とんこつらーめん」になるらしく、この二品目については丸々一ページを割いて、各種バリエーションが掲載されていました。前回訪問した際はその中でも筆頭品目にあたる、「丸得白とんこつらーめん(800円)」を頂きました。スープや麺の味わいも良く、また「丸得」というだけあって具材たっぷりで食べ応えのある一品でありました。さてこのページにおいては上から順に、『熟成醤油・醤油とんこつ・あっさり塩・味噌・つけ麺・坦々麺』などとされた各種品目が掲載されているのですが、二度目訪問の今回はこれまたページ筆頭の「熟成醤油らーめん(600円)」をお願いすることにしました。

3沖縄 ラーメン うるま市 民民 醤油らーめん

程なくして運ばれた「熟成醤油らーめん」です。
筆頭に記されているだけあってシンプルな佇まいなのですが、個人的にはなかなか雰囲気というか風情を感じ取っております。先のお品書き画像の最下部には、十種類以上のトッピングが用意されていることが目に取れますので、一品加えることでまた雰囲気が変わるかもしれません。そういえばトッピングのフリーパスカードも携帯していたはずですが、すっかり利用を忘れていました。アルコールが入っていることも失念の理由でしょうが、「半額企画とは併用出来ない」が染みついてしまっているのでしょうね(^_^;)

4沖縄 ラーメン うるま市 民民 醤油らーめん

「熟成醤油らーめん」のアップ画像です。
具材としてはチャーシューにネギ、メンマに海苔などとなっています。前回頂いた具材増しの「丸得らーめん」などは特にそうでしたが、細切りにした白ネギを立体的に盛り付けているのは見た目にも映えますね。また透明感のある醤油スープに浮かぶ、たっぷりの背脂がいかにも甘味のあるコクを与えてくれそうな見た目となっています。

5沖縄 ラーメン うるま市 民民 醤油らーめん

「熟成醤油らーめん」の麺ですが、中細のやや捻りが入ったもの。表面はつるりと滑らかで喉ごしの良い麺となっています。その麺に絡む透明感のある醤油味のスープですが、程よい塩梅と共にこってり背脂が組み合わされており、するするとお箸が進む仕上がりとなっています。口当たりはあっさりめながらも、後ほどこってりも感じられるバランスは、アルコール後の締めとしても良く合いそうな一杯でありました。

6沖縄 ラーメン うるま市 民民 醤油らーめん

前後しましたが、席上に掲示されていた「みんみんの麺の特長」です。
自家製麺についてのこだわりが記されていました。なんでも『麦は柄木田製粉(長野県)の「翔山」を使用。兵庫の「赤穂塩」とたっぷりの卵白を加え、更には不純物を除いた「おいしい水」を加えて熟成させた特長のある麺』なのだそう。たぶんに多店舗展開されているラーメン店らしい演出もあるでしょうが、こういったお店側のうんちくも雰囲気というか、見ていて楽しいものです。

8沖縄 ラーメン うるま市 民民 醤油らーめん

お品書きに戻り、『名物浜松餃子』が記載されているページです。
実際に本拠は静岡県浜松市にあるということで、ラーメン店では定番の餃子も特別売りになりますね。前回は注文しそびれたということもあり、今回改めて注文することにしました。お手頃というか、ふだんラーメン店でお願いするであろう通常サイズの「名物浜松餃子(5個入り)(300円)」を追加注文です。

9沖縄 ラーメン うるま市 民民 醤油らーめん

程なくして運ばれた「名物浜松餃子(5個入り)」です。
大きさは標準かほんの少し小ぶりに映りながらも、焼き目が綺麗でなかなか美味しそうです。もやしが添えられているのが「浜松餃子」の特徴でしたっけ? しかしどこかしら違和感が……。お品書きにも記されていたのですが、餃子を円形に焼くと中央に穴が開いてしまい、その隙間を埋めるようにサービスのもやしを盛ったのだそう。となりますと、円形になるほど充分な個数を注文しなければ、本来の盛り付けにはならないのでしょうね(^_^;) 餃子そのものは卓上の調味料類を利用しつつ、美味しく頂いております。最後はラーメン共々、しっかり完食となりました。

本文中でも書きましたが、お店の雰囲気込みで結構なお気に入りのお店となっています。立地的になかなか寄れる訳ではないのですが、訪れるとなったらアルコール込みのほろ酔い気分での来店になりそうですね。この日は店内に先客はおりませんでしたが、もう少し遅い時間になりますと、締めの一杯を求めるお客さんで賑わうのでしょうか? 定期的に訪れて各種品目を試したいところですが、冬の寒い日などは特に風情が感じられる温かい一杯を頂けそうです。

10沖縄 ラーメン うるま市 民民 醤油らーめん

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県うるま市宮里204-15 1F
電話:098-974-1223
営業時間:19:00-翌5:00 (金・土は翌6:00迄)
定休日:水曜日
駐車場:無し

夜食屋らーめん民民 沖縄うるま店ラーメン / うるま市)

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1266-2bdce219










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。