スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウチのそば 「辛まぜそば」

1沖縄 まぜそば 沖縄市 ウチのそば 辛まぜそば

沖縄市美里の「ウチのそば」へ行って来ました。
あいだに「花月」の記事が入ってしまいましたが、実はその前の「かめ家」からのハシゴ訪問となっています。ちょうど「沖縄ラーメン大図鑑半額企画」店巡りで沖縄市美里へ訪れたことから、せっかくなので「おきなわ倶楽部8月号」に掲載されていたこちらのお店まで、足を伸ばしてみようと考えたのでした。使用している麺は沖縄そばのものらしいのですが、提供品目としては「まぜそば」をメインとされているようで、まあ番外編として捉えて頂けたらと思います。お店には、週末の午後10時前の訪問となりました。

2沖縄 まぜそば 沖縄市 ウチのそば 辛まぜそば

入店前に店舗外観を撮影してみました。
こちらは入り口ではなく、店舗サイド側となっています。建物は道路の流れに合わせて、細長い作りになっているようですね。右手側が入り口側、左手側がお店専用の駐車場へと続いています。ところでお店の所在は沖縄市美里1丁目となるのですが、近隣は飲み屋街となっているようですね(いわゆるコザ吉原なのかな?)。周辺は思わぬ活気に満ちており、既にアルコールも入っていることから、妙にテンションが上がってしまいました(笑) 「ウチのそば」はそのような立地のなかで、酔客へ締めの一杯といった品目を提供されているのでしょう。

3沖縄 まぜそば 沖縄市 ウチのそば 辛まぜそば

「ウチのそば」のメニュー表です。
先述したように、筆頭の品目として「まぜそば」の文字が並んでいます。書かれている内容を抜粋してみますと『名物まぜそば各600円(麺は沖縄そばです!)~汁がほとんどなく、よく混ぜて食べる新感覚の沖縄そばです★~』と説明がされていました。取り扱い内容としては『・牛まぜそば…甘く味付けた、すき焼きや牛丼っぽいイメージです。・豚まぜそば…大根おろしを載せた、生姜焼きっぽいイメージです。・辛まぜそば…唐辛子とニンニクたっぷりの鶏そぼろにパクチーたっぷり載せてます』などとなっていました。牛・豚・鶏のバリエーションが揃っていますね。その他にはソーキやてびちなどの“普通の沖縄そば”が各500円で、また麺をご飯に置き換えたものらしい「牛まぜ丼」などの“ごはんもの”は各700円で提供をされていました。“その他”として「いなり150円」や「串揚げチキン100円」などの単品ものもあるようです。さて今回の注文ですが、お店の一押しらしい、「辛まぜそば(600円)」を注文です。パクチーが苦手な方は青ネギに変更も出来るそうですが、今回は自分で調整が出来るよう、別皿で用意してもらうことにしました。

4沖縄 まぜそば 沖縄市 ウチのそば 辛まぜそば

待っている間にここでもしっかり「生ビール」を頼んでいます。
こちらも正規のメニュー表に書かれていませんので、正式な価格設定がわかりません(壁際に掲示されていたかも(^_^;))。今回頂く品目は“辛い汁無しそば”の上にパクチーなども入っていますので、ビールとの相性も良さそうですね。卓上の調味料類としては沖縄そばも扱っていることからか、紅ショウガ・七味唐辛子・ビールで隠れていますが、コーレーグースなどとなっていました。

5沖縄 まぜそば 沖縄市 ウチのそば 辛まぜそば

程なくして運ばれた「辛まぜそば」です。
本来はパクチーが麺の上に載せられているはずですが、要望して別皿にて用意して貰いました。何度か書いた覚えがありますが、パクチー自体はそこまで苦手ではないのですが、品目が独特なパクチー味に染まってしまうので、最初からの大量投入は避けたいところです。まずはベースの味も頂きたいですしね。具材としてはシンプルに香りある油分と鷹の爪が含まれるたっぷりの鶏そぼろ、先述のとおりパクチーなどとなっています。汁無しではありますが、具材を掬うためのものか、レンゲもしっかりと付けてくれています。

6沖縄 まぜそば 沖縄市 ウチのそば 辛まぜそば

「辛まぜそば」の麺ですが、中太ストレートのもの。中太と書きましたが、沖縄そば用としてみましたら細めの部類に入るでしょうね。表面はつるりと滑らかで、するすると食べやすい作りの麺となっています。またこちらの「まぜそば」は事前に混ぜ合わされているタイプではなく、自分でしっかり混ぜる仕様となっています。崩れる心配のない細かな具材のシンプルな構成ですし、その方が食べる楽しさもあるのでしょう。底のまぜたれ自体はあっさりとした出汁らしいのですが、具材の鶏そぼろはナンプラーとニンニクでじっくり炒められているらしく、程よい辛味が噛みしめる度にじんわりとわき出て来ます。それにパクチーの独特な香りが、またビールを進ませてくれる要素となりました(笑) そうそう、別皿に分けたパクチーですが、酔った勢いもあってかひとしきりノーマル仕様を頂いた後に、一気に投入して混ぜ合わせて食べ進ませて貰っています。特徴的な香りも良い酒の肴になるようです(^_^;)

7沖縄 まぜそば 沖縄市 ウチのそば 辛まぜそば

せっかくですので卓上の調味料類も投入してみました。
ここでも紅ショウガの色合いが映えますね。ベースが辛味のあるものですが、更に七味唐辛子やコーレーグースも利用させて貰いました。この時点ではパクチーもたっぷりと入り、なんとも無国籍な状態となっております(笑) 麺を啜り尽くした後は器の底に残った鶏そぼろもレンゲを使って掬い上げ、完食となりました。

8沖縄 まぜそば 沖縄市 ウチのそば 辛まぜそば

せっかくですので「軟骨ソーキそば(500円)」も注文です。
“普通の沖縄そば”も三品目が用意されており、各500円で『軟骨ソーキそば・てびちそば・梅ゆし豆腐そば』となっていました。具材としては甘辛く炙られた軟骨ソーキが3つにかまぼこ2枚、それに葱などとなっていました。麺は先ほどのまぜそばと同様、細めのストレート麺ですね。スープは魚介の風味が強い、鰹だしの澄んだものとなっていました。お手頃価格ですし、近隣で飲んだ後に軽く締めの一杯を済ませたい時は最適ではないでしょうか。

こぢんまりとした店内はカウンター席が中心となっており、お店は店主らしい男性の方と女性の二人で応対をされていました。店内は白を基調として照明も明るく、またこちらのテンションも上がっていたからかもしれませんが、にこやかな接客で居心地の良さを感じました。立地的になかなか訪れる機会を作るのは難しいのですが、周辺は繁華街として、一種独特な雰囲気ある賑わいを見せています。次の予定があったので「ウチのそば」を出た後はすぐに移動しましたが、次回沖縄市美里へ訪れることがありましたら、近辺で飲んだ後に、に締めの一杯として本店舗へ来店しようと思います。

9沖縄 まぜそば 沖縄市 ウチのそば 辛まぜそば

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県沖縄市美里1-13-10
電話:080-2792-4369
営業時間:11:00 - 15:00 20:00 - 00:00
定休日:木・日曜・月曜日のディナー
駐車場:有り

ウチのそば沖縄そば / 沖縄市)

夜総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/08/11 08:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1254-ea207a62










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。