スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

味の時計台 那覇国際通り店 「味噌野菜ラーメン」

1沖縄 ラーメン 那覇市 味の時計台 味噌野菜ラーメン

那覇市牧志の「味の時計台 那覇国際通り店」へ行って来ました。
こちらは2014年8月3日(日)にオープンしたばかりのお店になります。オープン2日間は特別サービス価格で提供をされていたようですね。開店当初の喧噪もある程度落ち着いたであろう、3日目に初訪問となりました。実はこちら「味の時計台」、札幌を本拠に全国展開をしているラーメンチェーン店として、オープンをとても楽しみにしておりました。酒席の場から流れてラーメンを頂くこともおおいなかで、気軽に寄れるラーメン店が新しく出来ることはとても嬉しいものです。しかし国際通り近辺は本当にラーメン激戦区になって来ましたね。お店は国際通りと沖映通りを結ぶ、人通りのとても多い三叉路に面する一等地に構えています。お昼過ぎの入店となりました。

2沖縄 ラーメン 那覇市 味の時計台 味噌野菜ラーメン

「味の時計台 那覇国際通り店」の券売機です。
とても品揃えが豊富ですが、ここで迷う暇はありません。なんと言っても躊躇する間に券売機前に行列が出来てしまうからです(^_^;) まあ初訪問ということもあり、ここはやはり筆頭に位置する品目を選ぶべきでしょう。配置でいうと左上隅のボタンですね。ということで「味噌野菜ラーメン(850円)」をお願いすることにしました。店内は満席状態でしたが、ひとり客ということもあり、タイミング良くまったく待たずに壁際のカウンター席に座ることが出来ました。観光客らしきグループ連れも多く、そういった方はある程度は待つことになりそうです。

3沖縄 ラーメン 那覇市 味の時計台 味噌野菜ラーメン

「味の時計台 那覇国際通り店」のお品書きです。
はい、やはり卓上のメニュー表は必須だと思います。券売機前のわずかな時間では、次回来店時の注文品の目星も付けられません(^_^;) さて一見してとても豊富なメニュー群ですが、これは基本の「味噌・正油・塩野菜ラーメン(各850円)」に、各種トッピングメニューを組み合わせたものとなっています。お品書き下部にトッピング類が記されていますが、それら自体がとても種類が多いですね。ラーメンは100円増しで大盛りにも出来るようです。

4沖縄 ラーメン 那覇市 味の時計台 味噌野菜ラーメン

お品書き右上部分のアップ画像です。
先ほど基本は「味噌・正油・塩野菜ラーメン(各850円)」の三種類だと書きましたが、その他にも「熟成生醬油ラーメン(750円)」、また店舗内店舗のように「とんこつらーめん 二金堂」として、「塩とんこつラーメン(750円)」と「正油とんこつラーメン(750円)」を提供されています。この「二金堂(にきんどう)」というのは、ロゴを見ると「一風堂」のようにも映りますが(笑)、「味の時計台」経営元による新業態のお店らしいですね。この二品目は替え玉制になっているようです。

5沖縄 ラーメン 那覇市 味の時計台 味噌野菜ラーメン

お品書きの最終ページです。
箱入りから袋入り、はてはカップ麺まで各種お土産ラーメンも販売されているようです。国際通りという観光地の中心とはいえ、沖縄で札幌ラーメンのお土産を購入する人がいるのだろうかとも思ったのですが、廻りのお客さん(観光客)の多くがどうも中国の方らしいのですよね。異国の方であればどれも「日本のお土産」になる訳で、意外と思い出の品になるかもしれません。

6沖縄 ラーメン 那覇市 味の時計台 味噌野菜ラーメン

待っている間に店員の方から思わぬプレゼントが。
なぜか細川たかしさんを前面に出した「味の時計台白みそラーメン」のお土産麺を、専用の袋に入れられて渡されました。タレ付きの2食入り生麺で、販売時には税別400円相当の商品になるようです。いつまで実施しているか判りませんが、大盤振る舞いなサービスですね。しかしなぜ細川たかしなのだろう……(^_^;)

7沖縄 ラーメン 那覇市 味の時計台 味噌野菜ラーメン

卓上の様子を写してみました。
お冷やは店員さんが持って来てくれました。手前のポットは冷水が入っているのですよね? どうもこのタイプのポットは、つけ麺の割りスープを思い浮かべてしまいます(「味の時計台」ではつけ麺は提供されていません(^_^;))。調味料類としては胡椒に唐辛子、胡麻にお醤油などお馴染みのものですが、このうち「青森県産ニンニク」が特徴的ですね。ラーメンスープにも使われているようで、お店らしさを感じさせる薬味でありました。

8沖縄 ラーメン 那覇市 味の時計台 味噌野菜ラーメン

程なくして運ばれた「味噌野菜ラーメン」です。
待ち客が居るほどの混雑具合から、しばし待たされることも予想したのですが、意外なほど手早く提供されました。超混雑していたであろうオープン初日から二日間の様子は判りませんが、さすがは全国チェーン展開しているラーメン店、オペレーションはしっかり鍛えられているのでしょう。フロアを見る女性の店員さんも、明るく気持ちの良い接客をされていました。

9沖縄 ラーメン 那覇市 味の時計台 味噌野菜ラーメン

「味噌野菜ラーメン」のアップ画像です。
具材としてはチャーシューにキャベツやもやしにネギ、メンマに茎ワカメなどとなっています。中央部にはおろし生姜も添えられていました。具材のなかでは茎ワカメが珍しい部類に入りますね。

10沖縄 ラーメン 那覇市 味の時計台 味噌野菜ラーメン

「味噌野菜ラーメン」の麺ですが、中細のちぢれが入ったもの。口中で心地の良い固さの茹で加減となっており、ある意味イメージ通りの安心出来る美味しい麺でありました。その麺に絡むスープですが、想像していたよりかは味噌味はそう強くはなく、とはいってもしっかりコクの感じられる作りとなっていました。香味野菜からも出汁を取られているでしょうか、穏やかな甘みを含みつつ、万人受けするであろう一杯となっています。油分もさほど強くはないのですが、ラードの効果でしょうか、最後の最後まで熱々のまま頂けたのも嬉しかったです。真夏の沖縄ですが、冬場はさらに美味しく頂けそうですね(店内はしっかり空調が効いていますので汗だくになることはありません(^_^;))。

12沖縄 ラーメン 那覇市 味の時計台 味噌野菜ラーメン

せっかくですので、終盤になって卓上の調味料類を投入してみました。
胡椒に唐辛子、胡麻なども利用しましたが、存在感のあったのはやはり青森県産という生ニンニクでした。基本的にニンニク好きというのもありますが、ラーメンにもっとも似合う調味料類のひとつだとも思います。先述したとおり最後まで熱々スープでしたので、中だるみすることなく美味しく完食となりました。

13沖縄 ラーメン 那覇市 味の時計台 味噌野菜ラーメン

レギュラーメニューとは別に、別紙で用意されたお品書きシートです。
「那覇国際通り店」独自の品目になるでしょうか、「ゴーヤチャンプルーラーメン(950円)」に「サーロインステーキ拉麺セット(4800円)」です。ゴーヤラーメンはともかくとして、石垣牛のラーメンセットはちょっとやり過ぎだとツッコミたくなりました(笑) 強いて一緒に食べなくても……美味しそうではありますが、完食も大変そうです(^_^;) その他別紙では「トムヤクムンラーメン(温or冷)(950円)」なるお品書きシートもありました。

さてこちら「味の時計台」ですが、基本のラーメンが850円からと、若干高めの価格設定となっています。ラーメン丼は大ぶりで深みもあり、ボリューム感自体はあるのですが、やや強気な価格設定ではありますよね(実際に内地営業店とは価格設定が異なるようです)。個人的には楽しみにしていた新規店ということもあり、この日は満足感をもってお店を後にしました。ラーメン激戦区の中心地(かつ一等地)でもありますし、今後の営業展開も楽しみであります。また、朝早めから遅くまでの営業時間も嬉しいところです。個人的には短期集中せずに、程よく期間を空けて再訪したいと考えています(酔って寄ったらあまり記憶に残らないですしね(^_^;))。

14沖縄 ラーメン 那覇市 味の時計台 味噌野菜ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志3-1-1 角尾ビル1F
電話:098-917-4121
営業時間:10:00-翌3:00
定休日:無休
駐車場:無し

味の時計台 那覇国際通り店ラーメン / 牧志駅美栄橋駅安里駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1251-1bac919c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。