スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

桃原 宜野湾伊佐店 「まぜそば(2)」

1沖縄 ラーメン 宜野湾市 桃原 まぜそば

宜野湾市の「桃原 宜野湾伊佐店」へ行って来ました。(沖縄ラーメン大図鑑32/40
今回も「沖縄ラーメン大図鑑半額企画」参加店への訪問となります。企画参加店への未訪問分が残るなか、ついに対象期間一ヶ月を切る8月に突入してしまいました。寄り道も多く(という言い方は他ラーメン店に失礼ですね(^_^;))、なかなか更新もままならない状況です。ラストスパートをかけて行きましょう! さてこちら「桃原 宜野湾伊佐店」ですが、前回の半額企画にも参加されています。その際は「豚骨らーめん」での参戦でしたので、対象品目を変えてくれるのは嬉しいところです。……なのですが、同期間中に開催された「らぁ★麺 ふぇすた!! vol.3」へも参加されており、その際はこちらの「桃原」で未食だった今回対象品目の「まぜそば」を注文していたのでした。まあそれも一年以上前のことですし、久しぶりの実食ということで楽しみましょう。お店には、平日の午前11時過ぎに入店となりました。

2沖縄 ラーメン 宜野湾市 桃原 まぜそば

「桃原 宜野湾伊佐店」の券売機です。
今回の目的は半額企画対象品目となる「まぜそば」になりますが、別途「クーポン」ボタンが用意されていました。右下隅に目立つように配置されており、これはスマートな対応ですね。実際にお客さんが利用をされる割合がどれほどかは判りませんが、こういった企画参加で券売機を導入されている対象店では、同じような対応をしてくれたら助かるというものです。さて今回の注文ですが、お目当てとなる「まぜそば(700円⇒350円)」をお願いしました。

3沖縄 ラーメン 宜野湾市 桃原 まぜそば

「桃原 宜野湾伊佐店」の卓上に用意されたお品書きです。
一年以上振りの訪問になりますが、レギュラーメニューに変更は無いようですね。ついでに言いますと、2014年4月1日以降の消費税増税後の価格改定も無かったようで、金額表記についても変更点はありませんでした。さて実は今回の半額企画対象店巡りでは、沖縄市の「桃原 松本店」も未訪となっており、そちらの対象品目はメインの「豚骨らーめん(650円)」となっております。ノーマルでは何度か頂いている品目ですし、トッピングのラインナップも豊富でお手頃感のあることから、「松本店」ではぜひ「全部のせラーメン」で注文したいと考えております。トッピングが120円とか値上がりしていましたら、ちょっとその気にならなかったかも(^_^;)

4沖縄 ラーメン 宜野湾市 桃原 まぜそば

先ほどのお品書きから裏面です。
表面はラーメン類やトッピング等が記されていましたが、こちらではつけ麺やまぜそば、餃子などのサイドメニュー類が記されています。別紙で用意されていますが、ランチタイム(午後3時まで)にはこれらサイドを組み合わせた「豚骨ラーメンセット(850円)」や「つけ麺セット(950円)」なども提供されています。ライスも付いていますので、わずか200円増しでこれらのセットが構成されていると考えますと、とてもお値打ち感がありますね。それとこちらのお品書きには記されていませんが、券売機側にて確認出来る「魚介だしらーめん(700円)」や「濃厚味噌らーめん(800円)」なども用意されていました。

5沖縄 ラーメン 宜野湾市 桃原 まぜそば

卓上に用意された「特製甘辛みそ」の説明書きです。
「桃原」オリジナルの特製調味料になります。前回は味が濃すぎる記憶がありましたが、今回は改めて意識して使い方を工夫してみようと考えていました。お店特製のものですので、個人的にも上手く美味しく利用出来れば、こちらのお店を印象づける味わいになることでしょう(自分にとっての「花月」の壺ニラのように(^_^;))。

6沖縄 ラーメン 宜野湾市 桃原 まぜそば

待っている間にカウンター席上の様子を写してみました。
厨房側を囲むようにカウンター席が用意されているのですが、その手前にも厨房を背にして小さめのカウンター席が設置されています。当初は厨房側の席に座ろうとしたのですが、お客さんは自分ひとりということもあり、落ち着けるこちらの方へ座らせて貰いました。さて卓上の調味料類ですが、先ほどの「特製甘辛みそ」や「紅ショウガ」などを始めとして、「醤油・お酢・ラー油・胡麻・唐辛子」などが並んでいます。今回はこれらも積極的に利用してみたいですね。

7沖縄 ラーメン 宜野湾市 桃原 まぜそば

程なくして運ばれた「まぜそば」です。
はい、しっかり「ライス(100円)」も追加注文しております。今回は“汁無し”ということで、ご飯との相性は仕様によっては微妙な場合もあるのですが、今回は「特製甘辛みそ」なども利用しつつ、がっつりと頂く所存であります(笑)

8沖縄 ラーメン 宜野湾市 桃原 まぜそば

「まぜそば」のアップ画像です。
具材としては肉厚の炙りチャーシューにキャベツにもやし、ざっくり切られた白ネギに半熟煮玉子などとなっています。煮玉子は丸々一個分なのが嬉しいところです。また切られた煮玉子の黄身の色合いが、盛り付け全体の見映えに力強い華を添えているようでした。

9沖縄 ラーメン 宜野湾市 桃原 まぜそば

「まぜそば」の麺ですが、やや太めのちぢれが入ったもの。わしわしとした食感の、噛み応えのあるワイルドな味わいの麺となっていました。その麺に絡むまぜだれですが、魚介醤油だしの風味が漂う、油分たっぷりの仕上がりとなっています。麺とまぜだれは事前にしっかり混ぜ合わされており、具材の盛り付けは綺麗なままでムラなく頂けました。キャベツなどの野菜類はボイルされただけなので、味の付いた麺や底のまぜだれと程よく組み合わて、モリモリと頂きます。歯応えのあるキャベツはもちろん、太もやしが食感の良いアクセントになっていました。

10沖縄 ラーメン 宜野湾市 桃原 まぜそば

具材をライス側に移し、「桃原まぜそばめし」を作ってみました。
ライスの器がやや小ぶりということもあり、白飯部分が見えず良くわからない盛り付けになってしまいました(^_^;) ここでのポイントは先に触れた「特製甘辛みそ」と「紅ショウガ」の存在ですね。思いのほか「特製甘辛みそ」とライスの相性が良く、また紅ショウガの辛味と鮮やかな色合いは食欲を刺激してくれました。桃原独自の「特製甘辛みそ」については、ラーメンスープに海苔などが加われば、さらに白米とがっつり似合いそうでありました。

11沖縄 ラーメン 宜野湾市 桃原 まぜそば

中盤になって「まぜそば」側にも卓上の調味料類を使用してみました。
胡麻に唐辛子、紅ショウガに特製甘辛みそなどをがっつり投入です。色々と調味料類を加えて味の変化を楽しめるのも、「まぜそば」ならではの醍醐味だったりしますよね。唐辛子や甘辛みそからは辛味が加わるのですが、ここでも紅ショウガが良いアクセントになっていました。中盤を過ぎて来るとまぜだれの油分がかなり重くなって来ますので、しゃっきり清涼感のある辛味と食感は良い箸休め(?)となっています。

12沖縄 ラーメン 宜野湾市 桃原 まぜそば

最終盤にはお酢をぐるりと投入し、「追いめし」も追加です。
先ほど書いたように後半になると比率の関係からまぜだれの油分が強めになっていますので、最終兵器(?)であるお酢の酸味で中和しつつ、美味しく締めとなりました。今回の「桃原のまぜそば」に関しては、個人的には良い流れで頂けたかと思います。今夏は夏バテなどしないよう、今後も効能のありそうな「お酢」は積極的に活用したいものですね。

派手さはないものの、しっかりがっつり満足感の高い「まぜそば」でありました。食後の喉の渇きが凄かったのですが、これもまた食後の余韻として嫌いではなかったりします。まあその系統の品目連食はさすがに出来ませんが(^_^;) そういえば卓上の定番揃い調味料類でなにかが足りないかと思ったら、ニンニクが無かったですね。「豚骨ラーメン」を注文したら、別途用意してくれるのかな? 近いうちに訪問するであろう、沖縄市の店舗で確かめてみたいと思います。

13沖縄 ラーメン 宜野湾市 桃原 まぜそば

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県宜野湾市伊佐2-20-5
電話:098-943-8350
営業時間:11:00-24:00
定休日:無休
駐車場:有り

桃原 宜野湾伊佐店ラーメン / 宜野湾市)

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1249-09cc1b50










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。