スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とん珍亭 国場店 「しょうゆラーメン(3)」

1沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍亭国場店 しょうゆラーメン

那覇市国場の「とん珍亭 国場店」へ行って来ました。
週末の午後10時半過ぎの入店です。はい、この書き出しで察しの良い当ブログ閲覧者はピンと来ていると思いますが、例によって酒席の場から流れての訪問です(^_^;) 「とん珍亭 小禄店」はつい最近「全部のせラーメン」を頂く形で来店していますが、「国場店」は2011年以来という久しぶりの訪問となります。来店頻度は「小禄店」が高いのですが、これについては実は価格設定が若干「小禄店」が安価というのも影響しているかもしれません(駐車場に関しては「国場店」が停めやすかったりします)。以前店舗近くを通りがかった際に外観が若干変わっていたように見えましたので、酔いの回った状態ながら気になっての訪問となったようです。

3沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍亭国場店 しょうゆラーメン

「とん珍亭 国場店」の席上の様子です。
カウンター席は以前は“昔ながらのラーメン屋さん”らしい、赤色のものだったのですが、現在は改装されて硬質な金属光沢な今風のものになっていました。しばらく前に寄った「国場店」でもそうでしたので、同時期に改装されたのでしょうね。調味料類を置くスペースもそのまま席上ではなく、新たに設けられています。置かれている内容自体はお醤油や唐辛子におろしニンニクなど、以前と変わらないようでした。

2沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍亭国場店 しょうゆラーメン

壁際に掲示されたメニュー表です。
画像付きでとても判りやすいのですが、こちらはラーメンセットや中華系統の定食類などが掲載されています。もちろんラーメン単品やその他サイドなども提供されているのですが、そちらのお品書きはカウンター席上部に掲示されていて、距離が近すぎて撮影出来ませんでした(^_^;) 実際に選ぶのも困難だと思いますので、カウンター席用に別途手元にお品書きを用意してくれたら助かるかも(実際に「小禄店」では設置されていました)。さて今回の注文ですが、酔った頭ですので未食単品ラーメンを頼むという考えも浮かばず、お馴染みの「とんかつセット(750円)」をお願いしました。ちなみに同品目は「小禄店」ですと、50円ほど安価だったりします。

4沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍亭国場店 しょうゆラーメン

程なくして運ばれた「とんかつセット」です。
トレイ上のセット構成としては、サラダ付きのとんかつにライス、そして単品サイズのラーメンとなっています。小皿はとんかつ専用のソースですね。ラーメンは「とんこく」か「しょうゆ」の二種類から選ぶことが出来、今回は「しょうゆラーメン」を選択しました。ところで小禄店では単品のラーメン価格から150円増し(つまりラーメンは550円)でセットが700円だったのですが、こちらでは単品ラーメンのメニュー画像がないため価格設定の仕方が良く判りません。ラーメン単品で差がついているのか、それともセットものに対して50円増しなのか、どちらでしょう? 自然に考えれば前者でしょうが、こちらはセット価格自体が(お得感があり過ぎて)不自然ですからね(^_^;)

5沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍亭国場店 しょうゆラーメン

「しょうゆラーメン」のアップ画像です。
具材はチャーシューにわかめ、海苔にネギなどとなっています。具材の構成としては「とんこく」とも共通ですね。「しょうゆラーメン」は今回で三度目(「とんこく」も同程度)なのですが、実はこちらでは未食のラーメンがありつつも、どうしてもセットものを頼みがちで、なかなか単品ではお願いを出来ず仕舞だったりします。まあある意味主力品目の注文ですので、久しぶりの来店になるほど回数を重ねてしまうものです。

6沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍亭国場店 しょうゆラーメン

「しょうゆラーメン」の麺ですが、中細のやや捻りが入った形状となっています。若干径があり、後半までのびを感じにくい、しっかりとした作りの麺となっていました。その麺に絡むスープですが、ごくあっさりとした醤油味のもの。塩梅はそれなりにあり、全体としては鶏ガラなどの動物系以外にも魚介の風味が感じられる、軽く酸味のあるスープとなっています。具材のチャーシューにわかめなどを合間に挟みつつ、美味しく食べ進めることとなりました。

7沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍亭国場店 しょうゆラーメン

セットの「とんかつ」のアップ画像です。
こちらのお皿にはサラダも載せられていますね。更にはライスにフルサイズのラーメンが付いているため、充分にお得感があるものとなっています。先述したとおり「小禄店」ではそこから50円割安だったりします。とんかつは値段の割には充分な厚さとサクサク具合で、ラーメンにライス共々美味しく頂きました。しかし、夜半にラーメンライス、更には揚げものと、少しばかり罪悪感というか後悔のような念も……(^_^;) まあ充分な満足感をもってお店を後にしましたので、良しとしましょう!(笑)

「とん珍亭」は「国場店」もそうでしたが、消費増税増税後の値上がりは行っていないようですね。安価かつボリュームのある品目提供は、地元の常連さんにとっては特に嬉しいものです。夜中遅くまで開いているも重宝しますし、これからも末長く営業を続けて欲しい老舗店でありました。次回訪問の機会がありましたら、今度こそ未食の単品ラーメンを試してみたいものです。

8沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍亭国場店 しょうゆラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市国場724-1
電話:098-836-3654
営業時間:11:00-27:00
定休日:月曜日
駐車場:有り

東京ラーメンとん珍亭 国場店ラーメン / 安里駅牧志駅壺川駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1242-0feef079










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。