スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

沖縄そば すばじらぁ 那覇店 「ラーメン 小豚(2)(全部のせ)」

1沖縄 ラーメン 那覇市 すばじらぁ ラーメン小豚(全部のせ)

那覇市長田の「沖縄そば すばじらぁ 那覇店」へ行って来ました。
こちらは二度目の来店となっており、前回(2013年9月)訪れた際は「沖縄そば 二郎 那覇店」名義でありました。色々大人の事情があったのかは判りませんが、現在は「沖縄そば すばじらぁ 那覇店」という、どう解釈したら良いのかなんとも含みのある店舗名となっております(^_^;) さてこちら「すばじらぁ」ですが、ずっと前から再訪をしたかったお店だったのですよね。ただ二度目の来店では“全部のせ仕様”で行きたいと考えていましたし、また混んでいる時間帯は避けたいと漠然と考えていたところ、ずいぶん間が空いてしまいました。お店には、平日の午後2時過ぎの訪問です。お客さんは途切れなく入り、お昼の部も終わり頃の入店となりました。

2沖縄 ラーメン 那覇市 すばじらぁ ラーメン小豚(全部のせ)

「沖縄そば すばじらぁ 那覇店」の券売機です。
さて今回は冒頭画像からも判る通り、“全部のせ仕様”での注文を目論んでの訪問です。ベースとなるラーメンは「ラーメン 小豚(750円)」、それと追加トッピングとして「生玉子(50円)」・「フーチバー(100円)」・「納豆(100円)」をお願いです。“全部のせ”としては品目数が寂しい気もしますが、こちらは無料トッピング(後述します)が充実しているということで良しとしましょう。なんといってもラーメン単体のボリューム感自体が凄いですしね(笑) ちなみに「生玉子」は去年訪問した際も用意されていましたが、後者の二つは後ほど追加されたようです。券売機のボタンには設定されておらず、こちらは現金で支払いをしました。

3沖縄 ラーメン 那覇市 すばじらぁ ラーメン小豚(全部のせ)

卓上に貼り出された無料トッピングの一覧です。
食券をお店の方に渡すのですが、実際にお願いしたい無料トッピングを注文するのは、麺を茹で上げた後、出来上がる直前に店員さんに聞かれてからとなります。ちなみに無料トッピングの種類としては、「ヤサイ・ニンニク・アブラ・カラメ(すべて0円)」となっています。さて本家二郎では色々呪文のようなコールの仕方もあるようですが、自分は単純に「全マシでお願いします」と告げました。もうちょっと常連さんになれば、遠慮無く「マシマシ」などもお願い出来るようになるのでしょうか?(^_^;)

4沖縄 ラーメン 那覇市 すばじらぁ ラーメン小豚(全部のせ)

同じく卓上に用意された調味料類です。
一味唐辛子にブラックペッパー、醤油ダレは以前訪れた際も置かれていましたね。あれからお酢にラー油が追加されたようです。前者3つはある意味ラーメン用に代表的な調味料ですが、後者の二つはまあラーメンにも使わなくもないのですが、「餃子」に用いるようなものとなっています。調味料は前回はまったく使用しなかったので、今回は利用してみるつもりであります。

5沖縄 ラーメン 那覇市 すばじらぁ ラーメン小豚(全部のせ)

カウンター席上の様子を写してみました。
閉店間際ということもあり、待っている間に座っていたお客さんも帰ったところで撮影をしました。「二郎」もとい「すばじらぁ」の流儀では、“食べ終わったうつわ、コップ等はカウンターの上にお願いします”とあるため、先客の方々はそのように応対し布巾で拭いて帰られています。ちなみに店内最奥部には、オーション粉の袋と黒烏龍茶が入った自販機が置かれていました。

6沖縄 ラーメン 那覇市 すばじらぁ ラーメン小豚(全部のせ)

程なくして運ばれた「ラーメン 小豚(全マシ)」です。
有料トッピングの「生玉子・フーチバー・納豆」はそれぞれ別皿で用意されました。確かにいずれもお店の方では盛り付けにくく、お客さんの方で調整しながら投入した方が良さそうな具材ばかりです。ちなみに先ほど紹介した卓上の調味料類には「醤油ダレ」が用意されており、少なくともそちらは間違いなく利用することになりそうです。

7沖縄 ラーメン 那覇市 すばじらぁ ラーメン小豚(全部のせ)

有料トッピングの「生玉子・フーチバー・納豆」です。
「生玉子」は自分で割って使うことになりますね。「納豆」には海苔が二枚添えられており、小粒なもので結構な分量がありました。海苔が添えられているのも嬉しいところです。想像していたのとちょっと違ったのが「フーチバー」で、そのまま生ではなくボイルされていました。お肉が二切れ添えられていたのも嬉しいところです。

9沖縄 ラーメン 那覇市 すばじらぁ ラーメン小豚(全部のせ

改めてトッピングを全部のせた、「ラーメン 小豚(全部のせ)」のアップ画像です。
野菜の山に沿ってバランス良く追加トッピングを載せようとしますと、画面内に収まらないため前面に盛り付けてみました。うーん、「生玉子」はやはり安定させることが出来ず、崩れてしまいました。各追加具材とも、後から盛り付けて食べ進めるには正直なところ無理がありますので、画像を撮影済み次第いったん別皿へと戻しています(^_^;) ラーメン丼側に移すには、少なくともある程度以上食べ進めた後の方が無難でしょう。標準で入っている「ブタ」は、大量の「ヤサイ」に隠れてほとんど見えない状態となっています。今回は生玉子も追加注文しましたが、標準で彩り良く半玉も添えられていました。

8沖縄 ラーメン 那覇市 すばじらぁ ラーメン小豚(全部のせ)

「ラーメン 小豚」の麺ですが、平打ち太めのやや捻りが入ったもの。「二郎」ではお馴染み、オーション粉(日清製粉製の強力粉)を使用した自家製のものだそうです。極端に太めだったり固め過ぎることもなく、程よく弾力感があって食べやすく美味しい麺ではないでしょうか。その麺に絡む脂分を含んだ醤油味のスープですが、塩梅はもちろんですが、今回はずいぶん甘めに感じました。前回頂いた時よりニンニクの風味もさほど強く感じなかったのは、この後の食べ方が影響しているかもしれません。

10沖縄 ラーメン 那覇市 すばじらぁ ラーメン小豚(全部のせ)

ラーメン丼の方で溢れてしまった「生玉子」を、元の別皿に戻しています。
そちらに卓上の醤油ダレを加え、麺を投入してみました。甘みを含んだ元スープが浸っていたもっちり麺に生玉子のまろやかさが加わり、なるほどこれはすき焼きのような味わいです。別皿があることで小分けにしつつ、これは色々な食べ方を楽しめそうです。

11沖縄 ラーメン 那覇市 すばじらぁ ラーメン小豚(全部のせ)

「納豆」単体では麺に絡ませて食べることは難しいと思い、先ほどの別皿に残った「生玉子+醤油ダレ」を加えて混ぜ合わせ、更に麺を投入してみました。うん、これはかなり美味しいです! 元スープとの相性はばっちりな上、なにより「納豆+生玉子」は鉄板の組み合わせでありました。このトッピングはぜひセットで頼むべきでしょうね。ここまで来ましたら、ライスが欲しくなってきてしまいます(お腹に入りません(^_^;))。

12沖縄 ラーメン 那覇市 すばじらぁ ラーメン小豚(全部のせ)

もう一品のトッピング、「フーチバー」の別皿です。
フーチバー自体は苦手ではなく、むしろ薬味として好きな食材だったりします。ボイルしたことによりやや苦みというかエグみが強調されましたが、麺などに絡ませ易くなって、食べるという点では良い処理だったのでしょう。今回は別皿に分けて単独で頂きましたが、先ほどの納豆に絡ませてみても良かったかもしれません。

13沖縄 ラーメン 那覇市 すばじらぁ ラーメン小豚(全部のせ)

せっかくですので空いた別皿に麺を移し、卓上の調味料類を投入してみました。
利用したのは一味唐辛子にブラックペッパーです。鉄板の調味料で、辛味が加わり良いアクセントになりました。しかし今回は、別皿の存在がかなり大きかったです。各種トッピングを直接ラーメン丼に投入してしまうと、一気に全部混ざった味になってしまうので、それぞれの味の変化を楽しむことが難しくなってしまいます。元の味を堪能しつつ、色々と自分好みの味わいを開発することも出来そうですね。今回は利用しなかった、お酢やラー油なども次回は試してみたいものです。

14沖縄 ラーメン 那覇市 すばじらぁ ラーメン小豚(全部のせ)

ある程度食べ進めたところで、ヤサイに隠れていたブタを引っ張り出してみました。
厚みのあるブタがメインで5枚、細々としたぶんも結構入っていたようです。前回訪れた時と比べるとやや厚みが減り、脂身が入っていない部位で構成されていました。ヤサイからはキャベツの比率が少し減ったかな? まあ消費税増税後も価格改定は行われておらず、こちらはしょうがないところでしょう(むしろ頑張っています)。全体のがっつり満足感は相変わらず高いものでした。最後はもちろん、スープの一滴も残さず完食です。

今回は色々変化のある食し方が出来て楽しかったです。
当ブログ企画である「全部のせ仕様」で頂きましたが、これは次回来店でも同じように注文しそうです(笑) なんらかの変化は付けたいところですが、「子豚W」かあるいは「大豚」へ挑戦してみた方が良いのか……。食後ずっとお腹は膨れっぱなしですので、ガッツリ注文は今回パターンが限度かな? それと空いている時間帯が知りたいところです(^_^;)

15沖縄 ラーメン 那覇市 すばじらぁ ラーメン小豚(全部のせ)

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市長田2-1-1
電話:不明
営業時間:11:30-14:30 18:30-21:00(日曜日は11:30-18:00)
定休日:木曜日
駐車場:有り

沖縄そば すばじらぁ 那覇店ラーメン / 安里駅牧志駅壺川駅

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1222-2edb3b73










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。