麺や 和楽 「肉中華そば(3)」

和楽肉中華そば1

「二日酔いには和楽!」ということで、行って来ました。最近は普段の酒量は少なくなってきているのですが、12月もこの時期になると、何かとお酒を飲む機会も増えてしまいます。前日は鍋物と一緒に飲んだのですが、こちら沖縄でも一番冷え込んだ日でしたので、程よく酔うことが出来ました。むしろ、食べ過ぎてしまったきらいがあったのですが……。

和楽肉中華そば2

お店にはいつものように開店直後に着いたのですが、少なからずショックな事が(今回、三連発であります)。店頭の営業時間が記されている場所に、追記で「土・日・祝祭日は15:00までの営業です」とありました。混雑を避けるために、自分は和楽へは休日の開店時にしか殆ど寄ることはなく影響は少ないのですが、それでも頂ける機会が減るのは残念なことです。なんでも和楽の一日のスープ仕込み量は決まっているらしく(100~120杯程度?)、家族連れの多くなる休日などは、これまでも夜の部はスープ切れ終了することが多かったようです。それならば最初から営業時間を決めて置いた方が、お客さんにとっても親切なのかもしれません。スープの仕込み量を増やすという選択は、ご夫婦二人でやっているこのお店では難しいのでしょう。実際に自分が食べ終わる頃には席はすべて埋まり、控え席で待っているお客さんが並んでいる状態でした。

今回も、自分が勝手に呼んでいる「1,250円セット」なのですが、きちんと書き記しますね。
お願いしたのは「肉中華そば(大)(850円)」に「ご飯(100円)」、「味玉(50円)」、「九条ねぎ大盛(50円)」、「別肉(100円)」、「小メンマ(50円)」で、後ほど「小ご飯(50円)」を追加で注文しました。昨晩、鍋でかなりの量を食べて、朝方にも締めのうどんを食べたのですが、あればあるだけすんなりと胃に収まってしまうのが和楽の魅力でもあります(^_^;)

和楽肉中華そば3

程なく運ばれてきた「1,250円セット」です。ここで二つ目のショックが……。
「九条ねぎ大盛」のざるが小さくなっていて、更に上げ底処理もされていました。実質、半分近くになってしまったのではないでしょうか。元の単価が50円と安く、量的にもこれで充分にあるとは思いますが、和楽らしさを象徴するトッピングでしたので、かなり残念なことでした。野菜価格高騰の波が、ここにも押し寄せて来ているようです。

和楽肉中華そば4

細めのストレート麺ながら、いつものしっかりとした和楽の麺で、美味しかったです。
ですが、ここで最後に三つ目の衝撃です。スープの味が変わってる……?
はっきりと醤油の味が強く、例えるなら複雑に積み重ねて出来上がった旨みが、今回は簡素化されたような印象でした。結果として醤油ダレの味が突出してしまったというか。今回がたまたまだったと思いたいのですが、味のブレが無かったのも「和楽」の特徴だったはずです。実際はごくわずかな味の違いは出ていたのですが、全くの微細な範囲内で、ここまではっきりと変化があったのは、記憶にある中では初めてでした。作り方そのものを変えたのか、或いは本当にたまたまの変化だったのか……。(一番心配しているのは作り方は変わっておらず、スープの原材料コストなどから影響を受けているケースです)

これまでも「豚バラ肉の切り方が短くなった」、「麺の長さが短くなった」という見た目にも大きな変化はありましたが、味そのものに大きな影響を及ぼさなかったので、安心だったのです(でも密かに先の変更も残念に思っていました)。まあ「あの店の味は変わってしまった!」などと声高にいう偏屈なファンにはなりたくはないですが、近いうちに、変化の正体を確かめる意味でもまた訪れたいですね。年内に行けるかな……? 心配は杞憂に終わったら良いのですが。

ショックは置いといて、もちろん、スープの一滴まで残さず完食いたしました(笑)

和楽肉中華そば5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市宮城3-15-2
電話:098-874-8069
営業時間:11:00-15:00 18:00-21:00(土・日・祝祭日は昼の部のみ)
定休日:月曜日
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/122-5faab166