スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

はっちゃく 「しおモロコシバターラーメン」

1沖縄 ラーメン 沖縄市 はっちゃく 塩ラーメン

沖縄市山内の「はっちゃく」へ行って来ました。(沖縄ラーメン大図鑑:18/40
今回も「沖縄ラーメン大図鑑2014年版」半額企画参加店への訪問となります。こちらはブログ休止となった去年の5月頃にオープンしたお店で、遅ればせながら同年の10月に初訪問を果たしています。実はその際は「麺やTANREI」の移転先となる「麺やTANREI番外編」へ向かおうとしていたのですが、残念ながら閉店をされていました。しかしながら関連があるらしい「麺やGochi」が改めて開店し、今回はそちらとのハシゴラーメンとなっています。「麺やGochi」の記事を先にアップしていますが、実際に訪れたのは「はっちゃく」から「麺やGochi」の順番となっています。お店には、平日の午後12時半過ぎの入店となりました。

2沖縄 ラーメン 沖縄市 はっちゃく 塩ラーメン

「はっちゃく」のメニュー表です。
前回訪れた際は筆頭記載の「みそラーメン(単品では550円)」より、セット構成となる「ラーメンセット(レギュラーラーメン+餃子3個+半ライス)(780円)」をお願いしました。今回の半額対象は「みそモロコシバターラーメン(650円⇒330円)」となっており、前回とちょっと被ってしまったかなと思いつつ店員さんにチケットを渡したところ、『みそ・しょうゆ・塩』のどちらも選べるとのこと。これはとても有り難い措置ですね。この後ハシゴラーメンを控えていることもあり、一番ライトであろう「しおモロコシバターラーメン(650円⇒330円)」をお願いすることにしました。半額ラーメン単品のみではやはり申し訳なく思い、また鶏肉好きとして美味しそうな「鶏かつ(380円)」が目に入りぎりぎりまで追加注文を迷ったのですが、今回は無理せずに見送ることにしました(^_^;) そうそう、こちらは消費税増税後もメニュー表に変更はないようです。

3沖縄 ラーメン 沖縄市 はっちゃく 塩ラーメン

お品書きの裏面です。
嘉手納町の「八茶坊」に1号店の表記、こちら沖縄市山内の「はっちゃく」に2号店の表記がなされています。少しややこしいのですが、沖縄市胡屋にも「八茶坊」というお店があり、経営者自体はどうも別となっているようです(知り合いかなにかで暖簾分けみたいなもの?)。車で5分程度しか離れていませんので、地元の方ですと関連店舗だと思ってしまうかもしれませんね。

5沖縄 ラーメン 沖縄市 はっちゃく 塩ラーメン

程なくして運ばれた「しおモロコシバターラーメン」です。
余談になりますが、来店は正午も半ばを過ぎた頃合いでしたが、座敷席がすべて空いていたことからひとり客ながらこちらに座らせて貰いました。なのですが、待っている間に数組のお客さんが次々と来店し、あっという間に座敷席が埋まってしまいちょっと焦りました(^_^;) ラーメン単品でしたのであまり時間もかからずに食べ終えましたが、追加注文していましたらちょっと落ち着かなかったかもしれません(笑)

6沖縄 ラーメン 沖縄市 はっちゃく 塩ラーメン

「しおモロコシバターラーメン」のアップ画像です。
取り扱っているラーメンは奇をてらうことのない、いわゆる“昔ながらの沖縄のラーメン屋さん”的オーソドックスなラインナップですし、缶づめのクリームコーンなどはいかにも老舗店らしい作りだと思います。しかしながら、個人的に様式美に通じるような盛り付けの綺麗さを感じてしまいました。以前も書いた覚えがあるのですが、この系統のラーメンは食傷気味だった時期もあるのですが、いまではある意味一周廻ってとても好ましく感じています。「はっちゃく」は出店からいえば新規店になりますので、このように老舗店からの味を引き継いでいって欲しいものですね。

7沖縄 ラーメン 沖縄市 はっちゃく 塩ラーメン

「しおモロコシバターラーメン」の麺ですが、中太のほぼストレートのもの。やや柔らかさを含みながらも角があるタイプで、どっしりとした重さも感じられる麺となっています。その麺に絡むスープですが、基本はあっさりとした塩味ながらも、溶けていくたっぷりバターの風味がとても良かったです。そこに具材のたっぷりもやしにとろみのあるモロコシを加え、どっしりと受けきる麺を啜りますと、懐かしい味わいながらも素直に美味しい! とちょっとばかり感動を覚えました(笑) 

8沖縄 ラーメン 沖縄市 はっちゃく 塩ラーメン

後半に差し掛かったところで、卓上の調味料類を投入です。
ブラックペッパーや七味唐辛子などの辛味分の追加となっています。大判のチャーシューに半玉など、見た目にもボリューム感があるのも食欲を刺激しますね。各種具材と麺、そしてバターが溶けだして風味豊かなスープを交互に口にし、この日はラーメン単品の注文ながらも、満足感を持って完食となりました。

9沖縄 ラーメン 沖縄市 はっちゃく 塩ラーメン

改めてメニュー表から、トッピングの項です。
「はっちゃく」では基本のラインナップである『みそ・塩・しょうゆ』から、今回で前者のふたつを頂くこととなりました。残りはひとつですし、何より迫力のある「チャーシューメン」も注文したいところです。実際に美味しかったですし、なによりこの日は半額ラーメン単品だけの注文だったのも気にかかっています。というとこで次回来店時には、当ブログ企画である「しょうゆラーメン全部のせ仕様」を注文しようと考えています。接客も丁寧でしたし、ぜひ今後とも繁盛されて欲しいお店のひとつですね。

10沖縄 ラーメン 沖縄市 はっちゃく 塩ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県沖縄市山内4-9-6
電話:098-933-7880
営業時間:11:00-23:00
定休日:無休
駐車場:有り

はっちゃくラーメン / 沖縄市)

昼総合点★★★☆☆ 3.5


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1209-0db96d25










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。