スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らあめん花月嵐 南風原宮平店 「ラーメン街道一番星」

1沖縄 ラーメン 南風原町 花月 ラーメン街道一番星

南風原町宮平の「らあめん花月嵐 南風原宮平店」へ行って来ました。
本日(6月4日(水))より期間限定発売の、「ラーメン街道一番星」を頂くために来店です。毎月のように発売される花月の期間限定品ですが、今回は期間限定のなかでも毎年のように提供されている、「ラーメン街道一番星(シリーズ)」となりました。さてこちら「ラーメン街道一番星」ですが、基本は“家系ラーメン”といった作りのもので、ここ最近はそこから派生したバリエーションを販売していました。特に前年の「ラーメン街道一番星 横須賀カレー味」は、家系とカレー味の相性がここまで良いものかと、ちょっとした驚きがあったものです。今回はそのまま特別な味の変化は付けず、初心に戻ったというところでしょうか。お店には、夕方頃の入店となりました。

2沖縄 ラーメン 南風原町 花月 ラーメン街道一番星

恒例の、卓上に用意されたリーフレットの紹介です。
左側の小さなリーフレットが今回の期間限定のもの、右側の大きなリーフレットが来月発売の期間限定のものとなっています。次回の期間限定麺は「GTR(ガーリックトマトラーメン)」なのだそう。こちらも過去に何度か登場していますが、当ブログが開始する以前が最後の発売となっています。さて今回の注文ですが、もちろんお目当ての「ラーメン街道一番星(720円)」をお願いすることにしました。ちなみに作りはどうみても家系ラーメンを意識しているのですが、リーフレットにはどこにもそのような文言はなく、『オリジナル鶏油仕立て豚骨醤油』などと記されています。

3沖縄 ラーメン 南風原町 花月 ラーメン街道一番星

リーフレットに記載されていた、お勧めの食べ方です。
トッピングからは特に「ほうれん草(100円)」と「海苔(100円)」を推奨されているようですね。どちらも家系ラーメンには必須といえる具材になります。それと絶対という表現で「ライス(100円)」も勧められていました。なんでも『スープをひたした海苔で巻く旨さは格別!』とのこと。そのまま素直にそれぞれの品を追加注文です(笑) ちなみにトッピングのひとつ分は、マスターカードにて無料でお願いをしております。

4沖縄 ラーメン 南風原町 花月 ラーメン街道一番星

卓上に置かれたレギュラーのメニュー表です。
こちらは券売機方式なのですが、卓上にもしっかりとお品書きが置かれています。改めてのことで気になるのが「彩の冷やし中夏(650円)」ですね。「中夏(ちゅうか)」は打ち間違いでなく、そういった品目名となっています。夏季の季節限定麺になるのですが、当ブログを始めてからは頂いた記録がなく、「花月」の特設ページまで設けた身としては引っかかるところです(^_^;)

5沖縄 ラーメン 南風原町 花月 ラーメン街道一番星

程なくして運ばれた「ラーメン街道一番星」です。
追加トッピングですが、そのまま盛り付けて貰っても良かったのですが、今回は別皿にて用意をして頂きました。なんとなく、自分で盛り付けてみたりとかしたかったのです。あと標準との分量比較もしてみたかったり(^_^;) そうそう、無料サービスの生ニンニクも持ってきて貰いました。こちらも家系ラーメンには、必須といえる追加調味料ですよね。ライスに使用するぶんも含め、二人前をお願いです。しかし別皿まで含めますと、カウンター席上は壮観な光景となっております(笑)

6沖縄 ラーメン 南風原町 花月 ラーメン街道一番星

「ラーメン街道一番星」のアップ画像です。
具材としては大判の海苔が3枚に、特製炭火焼きという燻しチャーシューが2枚、中央部分にはほうれん草が添えられ、スープ表面にはネギが浮いています。そのスープ表層にはオリジナルという鶏油(ちーゆ)も浮かんでいるのですが、運ばれてすぐにぎっとりと膜を張っていました。ちなみに今回の特製チャーシューですが、お店の方の裁量であるのか、「花月」公式の画像より大きく見栄え良く切られていました(笑)

7沖縄 ラーメン 南風原町 花月 ラーメン街道一番星

別途お願いした各種トッピング類です。
ここで注目をして頂きたいのが「ほうれん草」のお皿です。左側がトッピングで用意されたぶん、右側がラーメン丼に標準で入っていたぶんを移してみました。うーん、トッピングが大盤振る舞いなのか、標準が少なめなのか……(といいますか、トッピングぶんは標準の何倍に当たるのでしょう?(^_^;))。個人的には「花月」のトッピングはとても分量がある方だと感じています。更には他の全国展開をされているラーメンチェーン店と違い、今回の消費税増税では値上げをしない形に踏ん張ったのですよね。それもあって、気軽に追加注文できることとなっております。

8沖縄 ラーメン 南風原町 花月 ラーメン街道一番星

トッピングの「ほうれん草」と「海苔」をセルフで盛り付けてみました。
海苔は大判のものがなんと8枚入りとなっており、追加をしますと見た目にも迫力がありますね。元から3枚分が添えられており、合計で11枚となりました。ラーメン丼をぐるりと囲むとどうしても重複してしまい、数枚が折り重なっている形となっています。今回は既に入っていた具材を追加トッピングとしましたが、アンバランスな程のマシマシ具合となりました。

9沖縄 ラーメン 南風原町 花月 ラーメン街道一番星

「ラーメン街道一番星」の麺ですが、太めのほぼストレートのもの。もちもちとした弾力感を含んでおり、やはり家系を思い起こさせる食べ応えのある麺となっています。ちなみに、家系独特のシステムである『麺の硬さ・味の濃さ・油の量』などの指定は出来ません(そこはセントラルキッチンのチェーン店ですからね(^_^;) ただ余程の常連さんになりますと麺の硬さの融通くらいは効かしてくれるかも)。その麺に絡むスープですが、濃厚という豚骨スープに醤油タレが合わさったもの。更にはそこに鶏油(ちーゆ)が加わったものですね。家系らしいテイストに仕上がっていますが、具材を増したこともあったのか、ややライトな味わいに感じてしまいます。まあこの辺りの感じ方は、どうしても県内の某家系ラーメン店が基準になってしまうからでしょう(^_^;)

10沖縄 ラーメン 南風原町 花月 ラーメン街道一番星

すっかり恒例となりました「花月めし」です。
卓上に用意された無料の壺ニラに、追加無料の生ニンニクを一人前(3粒分)絞り入れ、更には卓上の秘伝のたれを掛けたものです。はい、最近はラーメンとこちらの「花月めし」を“ハーフ・ハーフ”の目的配分で食べに来ているような気がします(^_^;) ちなみに画像後方に写っているもう一人前ぶんの生ニンニクは、お勧めどおりに終盤になってラーメン側に絞り入れました。

11沖縄 ラーメン 南風原町 花月 ラーメン街道一番星

すぐに「花月めし」を食べ終え、気付いたら「ライス(100円)」を追加注文です。
いえ、考えましたらきちんと『スープをひたした海苔で巻く旨さは格別!』を堪能しておらず、もう一巡ライスを食べる必要性を感じたのでした。正確には先ほどの「花月めし」でも海苔で巻いて頂いたのですが、壺ニラニンニクの味しかせず、更には海苔がいっぱい余ってしまったのです。お勧めトッピングを含めての11枚はさすがに多すぎですよ!(てか言い訳自体が多すぎ(^_^;))。あと改めてライスに載せてみた標準具材の燻しチャーシューですが、とても香ばしい良い風味がして旨味もあり、願わくはもっと厚みのある形で頂きたかったものです。

さて今回の「ラーメン街道一番星」ですが、原点回帰といえば聞こえは良いのですが、どうも単にあまり工夫がなされていないようにも感じます。春先の限定麺である「NANA」は、固定化することを避けるために終了するといっていましたので、ちょっと矛盾があるような気も……などと来店前には偏屈に考えていたのですが、思いのほか訪問中の時間を楽しんでしまいました(笑) まあきょうびの沖縄でしたら、家系ラーメン(テイスト含む)を提供されている店舗も結構出店をされていますし、熱心なラーメンファン方には見向きもされない品目かもしれませんね。それでも数年前までは沖縄では考えられなかったことですし、客層として多数を占める一般の方へ、広くラーメンの体系などについて知らしめている功績は大きいことだと個人的には感じ入っています。

12沖縄 ラーメン 南風原町 花月 ラーメン街道一番星

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県南風原町字宮平251
電話:098-888-1233
営業時間:11:00 - 25:00
定休日:無休
駐車場:有り

らあめん花月嵐 南風原宮平店ラーメン / 首里駅儀保駅市立病院前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1208-ce0fbdcc










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。