スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とん珍亭 小禄店 「とんこくラーメン(4)(全部のせ)」

1沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍 亭 とんこくラーメン全部のせ

那覇市鏡原町の「とん珍亭」へ行って来ました。
「とん珍亭 小禄店」は、ブログ記事としては4月にもアップしていますが、その際は「2014年4月1日以前訪問店」として、遅れての掲載でした。今回は消費税増税後からは初めての来店になりますね。安価で提供しているお店だっただけに、どのような変化を見せているか気になるところです。あとすみません、今回も前回記事同様に酒席の場から流れての訪問となっています(^_^;) お店には、週末の午後10時過ぎの入店となりました。遅めの時間帯にも関わらず、店内はほぼ満席に近い状況でした。繁盛されているようで何よりなことです。

2沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍 亭 とんこくラーメン全部のせ

席上に用意されたメニュー表です。
以前は壁際の広い範囲でしか掲示されていなかったお品書きですが、卓上の手元側でもじっくり確認が出来るようになっていました。その他にも店内の改装がなされていたりと、老舗店ながら積極的な今風な改善の意向が伺えます。改めて一覧で提供品目を見てみますと、意外なほど豊富なラインナップであることがわかりますね。こちらではどうしても「とんこくラーメン(とそのセットもの)」を注文しがちで、前回訪れた際はまさにそのような注文で、次回こそ未食の品目をお願いしようと考えていたのでした。……なのですが、こちらに訪れる前に他店の「全部のせ」を食べ損ねた経緯があり(売り切れだったようです)、「とん珍亭」でリベンジ(?)することにしました。ということで、ベースとなる注文はやはり「とんこくラーメン(500円)」です。おお、「とん珍亭」さんは頑張りました! 消費税増税にも関わらず、値上げをされていませんでした。

3沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍 亭 とんこくラーメン全部のせ

トッピングの項のアップ画像です。
今回は当ブログ企画の「全部のせ仕様」ということで、記載されたトッピングをすべて注文することとなります。追加注文したのは『コーン&バター・味付け玉子・もやし(各50円)・わかめ(100円)・メンマ・ネギ(各150円)・チャーシュー(200円)』となりました。トッピングの合計額は800円で、「とんこくラーメン(500円)」とあわせますと1300円になりますね。なかなか豪勢な構成になりそうです(笑) なお、トッピング類についても値上がりはされていませんでした。

4沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍 亭 とんこくラーメン全部のせ

「とん珍亭 小禄店」のカウンター席上の様子です。
先述しましたが店内は改装がなされていて、昔ながらのラーメン店らしい赤色のカウンターから、モダンな硬質の色合いとなっています(「花月 浦添国道58号店」ぽい)。卓上の調味料類としても、チェーン店テイスト(?)なブラックペッパーなどが備えられていました。

5沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍 亭 とんこくラーメン全部のせ

待っている間に「オリオンビール中ビン(500円)」を注文していたようです。
酒席の場から流れての訪問ですので、まだまだ飲み足りなかったのでしょう(^_^;) この日は遅い時間帯にも関わらず店内は混雑していましたので、待っている間に手持ち無沙汰にならずに良かったかと思います。

6沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍 亭 とんこくラーメン全部のせ

程なくして運ばれた「とんこくラーメン(全部のせ仕様)」です。
はい、予想できたこととはいえ、やはりラーメン丼上は凄いことになっております(^_^;) 追加トッピングでてんこ盛りで、元のラーメンの様子がまったく伺えません。これだけ具材が増されていることもあり、「半ライス(100円)」も追加注文しております。「半」にしているあたり、健康に気を使っていることが伺えます(どこが?笑)。そうそう、今回はあまり意識をせずに「半ライス(100円)」を注文したのですが、ラーメンにライス付きの「チキン唐揚げセットorとんかつセット(650円)」も用意されているのですよね。相変わらず価格設定が(お得な方向で)おかしいお店です(笑)

0沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍 亭 とんこくラーメン全部のせ

食べ進める前に、前回訪れた際のノーマル状態の「とんこくラーメン」画像です。
基本仕様となる具材としてはチャーシューが一枚にネギにわかめ、海苔などとなっています。ごくごくシンプルな構成のラーメンですね。スープも豚骨特有の脂分は感じますが、沖縄である意味主流のこってり濃厚系ではなく、比較的すっきりとした口当たりのものとなっています。ところで改めて数えなおして見ますと、トッピング追加のチャーシューは7枚もありますね。ずっしり6枚分が増されたということで、なかなかなお得な設定となっているようです。

7沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍 亭 とんこくラーメン全部のせ

「とんこくラーメン(全部のせ仕様)」のアップ画像です。
再度追加トッピングを書き出してみますと、『コーン&バター・味付け玉子・もやし(各50円)・わかめ(100円)・メンマ・ネギ(各150円)・チャーシュー(200円)』となっています。50円という安価な設定のトッピングが結構あるのが嬉しいところです。そのなかでも「コーン&バター(50円)」のお得感が光りますね。あと毎回このような注文をするたびに思うのですが、きっちり盛り付けが綺麗で、さすがプロのお仕事だと恐れ入ります(当り前かもしれませんが、自分が行ったらもっと見苦しい体裁になってしまうことでしょう(^_^;))。

8沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍 亭 とんこくラーメン全部のせ

「とんこくラーメン」の麺ですが、軽くひねりが入ったもの。若干径があり、後半までのびを感じにくい、しっかり食感の麺となっています。今回はどうしても食べ終わるまで時間がかかる構成ですので、このような麺の作りは特に助かりますね。その麺に絡むスープですが、豚骨特有の脂分に加えて、塩味もそれなりに含まれています。しかしながら今回は追加トッピングが山盛りとなっていて、どうしてもスープが冷め気味かつ薄味の方向になってしまったようです(自業自得なことですが(^_^;))。全部のせしたトッピングのなかでは、特に「ネギ」の辛味に存在感があったでしょうか。がっつりモリモリと食べ進めて行きます。

9沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍 亭 とんこくラーメン全部のせ

ライスに各種具材を載せてみました。
今回は「半ライス」ということでベースとなる器が小さく、豊富な具材を載せるにはスペースの都合上ちょっと厳しかったですね。いつもでしたら、彩りの良い味付け玉子を中心にどーんと盛り付けているところですが……。改めてたっぷりな追加トッピングの合間に麺やスープを啜り、満足感をもって完食となりました。

今回は当ブログ企画となる「全部のせラーメン」としての注文でありました。
前回記事でも触れましたが、実はこちら「とん珍亭」でも辛いラーメンを提供されているのですよね。書き出してみますと、『中辛ラーメン(1倍)・激辛ラーメン(2倍)・超激辛ラーメン(3倍)・地獄ラーメン(4倍)』となっています。同じく当ブログ企画で「激辛チャレンジ」も実施していますので、そちらも出来れば併せてクリアしたいと考えております。でもベースのラーメンは「とんこくラーメン」になるのでしょうか? だとしましたら、なかなか未食の品目にありつけませんね(^_^;)

10沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍 亭 とんこくラーメン全部のせ

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市鏡原町26-26-106
電話:098-859-2805
営業時間:11:00-翌3:00
定休日:月曜日
駐車場:有り

東京ラーメンとん珍亭 小禄店ラーメン / 奥武山公園駅壺川駅小禄駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

こんばんは(^∀^)

トッピングを全部を注文した・・・←このくだりを読んでこんな粋なオーダーするのはきっとまやサンだと思ったら案の定でした∀

まやサンの画像は景気良く完璧なアングルなのでいつもラーメン食べに行くときに拝見してコンセントレーションを高めてますωお世話になってます<(_ _)>

ちなみに私は鏡原付近に行くと未だにいせやに行きたくなります。条件反射ですω
[ 2014/06/04 00:21 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし


>U→Tさん
こんにちはー。

「全部のせ」は粋か無粋かで分かれるとは思いますが、
そういって頂けたら嬉しいです(^_^;)

いせやは懐かしいですね。
いまでも記憶に残る個性的ななラーメン店でした。
今後も当ブログへのご愛顧、よろしく願います(^_^)
[ 2014/06/04 06:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1207-00dd6002










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。