スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

花銀琉 「花銀琉らーめん(2)」

1沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉 

浦添市安波茶の「花銀琉」へ行って来ました。
近隣に所用があり、久しぶりに「はるや」か「昇家」へ寄ろうかと考えていたところ、駐車場は満車状態となっていました。繁盛をされているようで何よりです。まったく別の地域の店舗も考えたのですが、そろそろ中休みに入るような時間帯でしたので、そのまま車を走らせて同じ通り沿いにある「花銀琉」へ向かいました。こちらは中休みを設けず営業をされているのですよね。お店には昼下がりの入店となりました。

2沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉

「花銀琉」の券売機です。
「花銀琉」らしく、各種サービス設定のお知らせなどが多様に貼り出されているため、初訪問の方は少しばかり券売機の前で迷ってしまうかもしれません。こちらでは卓上でもお品書きが用意されていますので、後ほどじっくり取り扱い品目を確認することが出来ます。さて前回訪問した際は「花銀琉つけ麺(780円)」を頂きましたので、今回は素直に「花銀琉らーめん(680円)」をお願いしました。この日はラーメン単品で収めず、「チャーシュー丼(360円)」も追加注文です。

3沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉

卓上に用意されたお品書きから、「らーめん類」と「坦々麺類」のページです。
今回は特に事前の目星を付けずの来店でしたが、充実している「坦々麺」から注文をしても良かったですね。それでしたらふつうの白飯でも、充分に美味しく食べ進めることが出来そうです。ベースとなる「坦々麺(830円)」はやや高めですが、それはそれで期待を持たせる価格設定ではあります。「坦々麺」表記品目のなかでは、特に“激辛”や“まぜそば”が気になりますね。ちなみにお品書きの筆頭には「つけ麺類」、後半の見開きページには、「ごはん類」と「スープのこだわり」について記されていました。

5沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉

「花銀琉のスープ」についての説明書きです。
内地に本店があることもあり、この点については営業開始当初からブレはありませんね。改めて抜粋してみますと、『当店のらーめん、つけ麺のスープは濃厚なコクの動物系とんこつスープをベースに風味豊かな魚介系スープをブレンドしております。特に魚介系スープにはえびの香りと味をしみこませた自家製えび油を使用しております』とのこと。沖縄の地でこの基本の味に慣れ親しんだ方は、きっと常連さんになっているのでしょうね。

6沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉

程なくして運ばれた「花銀琉らーめん」です。
具材の構成としては大ぶりの炙りチャーシューにメンマ、ネギに海苔などとなっています。彩りも良く、糸唐辛子も散らされていますね。ちなみにスープは動物系と魚介系を合わせたいわゆるWスープにあたるらしく、更に自家製えび油で香りづけがされているとのこと。スープの濃い色合いと共に、器も暗めということもあり、濃厚な味わいのイメージとなっています。

8沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉

「花銀琉らーめん」の麺ですが、細めのややひねりが入ったもの。少し柔らかめなゆで加減ながら、スープによく絡む作りだったかと思います。その麺に絡むスープですが、先述したとおりのWスープに、エビの風味が加わった味わいとなっています。エビの風合いも活かされているため、スープ単体の口当たりは極端に濃厚な作りではなく、細めの麺に良く似合っていました。大ぶりなチャーシューなどとの、各種具材とのバランス感も良かったですね。

9沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉

やや遅れて運ばれた「チャーシュー丼」です。
ラーメンにも載せられている大ぶりなチャーシューが2枚載せられ、たれや油分が改めて味付けとして加えられています。ねぎや糸唐辛子は、本品目中でもお馴染みの彩りですね。間違いなく美味しかったのですが、テイストがまったく『ラーメン+白飯』だったのはちょっと物足りなかったかもしれません。価格の360円もサイドとしてはちょっと高めですよね。

色々と書いてしまいましたが、トータルでは満足感を持ってお店を後にしました。
それなりに来店頻度の高いお店となっていますので、次回来店はもうしばらく先になるかもしれませんね。しかしながら未食の「担々麺類」など、気になるラインナップが用意されていますので、機会がありましたら意識して注文を決めたいと考えております。

10沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市安波茶2-1-6
電話:098-874-8200
営業時間:11:00-24:00(金・土・祝日前は翌2:00まで)
定休日:月曜日
駐車場:有り

花銀琉ラーメン / 市立病院前駅儀保駅古島駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1203-dd18bcb3










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。