スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らーめん いけ家 「塩らーめん(2)」

1沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん

那覇市安謝の「らーめん いけ家」へ行って来ました。(沖縄ラーメン大図鑑:17/40
今回も「沖縄ラーメン大図鑑2014年版」半額企画参加店への訪問となります。こちらは開店当初から気にかかっていたお店で、過去2度訪れているのですが(うち一度は本記事ではなくまとめ記事に掲載)、個人的に那覇市内ながらも微妙に訪れにくい立地となっており、なかなか再訪が出来ずにいました。今回は半額企画に参加されたということで、訪問の良い動機付けとなりましたね。過去二度の訪問はランチタイムということもあり、この日は意識をしてメニューが変わるという、E夜の部の来店となっています。お店には、午後6時前の入店となりました。

2沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん

「いけ家」のメニュー表紙です。
先述したとおりランチタイムと夜間の部で、用意されるお品書きも変えられているようです。冊子状になっている画像のメニューが夜間の内容となるのですが、今回はランチタイムの提供品目が判りませんね。前回訪れた際も思ったのですが、常時両方用意されていた方が、後の集客に繋がるのではないかと思ったりもします。ちなみに前回ランチ時に訪れた際は、提供品目を絞って代表的な「醤油(塩)らーめん(650円⇒600円)」の50円値引きがあったうえ、「ライス1杯」を付けてくれました。うーん、とても嬉しいサービスだったのですが、現在も同様にやっているのか、今回の来店では不明となっています。確認が出来て間違いなく実施していましたら、お昼時に喜んで再訪したいと考えているのですが……。

さて今注文なのですが、色々と興味深い品目に目移りしながらも、今回のお目当てとなる筆頭にも記されてる「塩らーめん(670円⇒330円)」をお願いすることにしました。また、夜間の部ならではのサイドメニューとなる、記載の「焼きたまごかけごはん(220円)」も追加注文です。

3沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん

「いけ家」のメニュー見開きページです。
これまでランチタイムの限られた簡易メニューしか拝見出来なかったのですが、思いのほか豊富なラインナップとなっていました。冊子になった本メニューを確認したところ、該当するのは『夜・土日・祝日』となっているようですね。平日でなければランチタイムでも、これらの迷ってしまいそうな魅惑な各品目を試してみることが出来そうです(笑)

4沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん

お品書きの最終となる裏面ページです。毎月25日はサービスデーのようですね。
「いけ家」の代表的品目が、通常より120円引きで提供をされているようです。訪問した際は夜間の部最初のお客さんでしたが、帰る前に常連さんらしいお客さんが見えていました。熱心な常連さんでしたら、このようなサービス設定も遅い時間帯関係なく、訪問の良い機会として、きっと来店をされているのでしょうね。

5沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん

期間限定らしい、別紙で掲示されていた「冷麺(750円)」のお品書きです。
さほど店内ではアピール感もなく、さらりと別紙で置かれていましたが、これまた興味深いビジュアルな一品ですね。「いけ家」では定期的に期間限定品目を提供されているようなのですが、段階をおってそちらも傾向を確認してみたいものです。

6沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん

待っている間に店内の様子を写してみました。
以前訪れた時と同様にカウンター席に座っています。左手側が厨房で、右手壁際にはテーブル席がいくつか用意されています。専用駐車場も店舗前の空き地にしっかり確保されていますが、基本は家族連れというより、一人から二人客までといった少数を対象とした硬派(?)な雰囲気のお店となっています。

7沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん

程なくして運ばれた「塩らーめん」です。
具材の構成が王道というか華やかさがあって、見た目にも食欲をそそります。個人的には“塩”より、“醤油”の方がスープの色合いとして一層そのような刺激を受けたりします。しかしお店側としては「塩らーめん」が一押しの自信作なのでしょうか。今回の半額対象品目であることもそうなのでしょうが、店内のあちらこちらに画像入りのポスターにて掲示されていました。

8沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん

「塩らーめん」のアップ画像です。
具材としては大ぶりのチャーシューにメンマ、ネギにほうれん草に半玉、そして彩りよくワンポイントのなるとが添えられています。チャーシューについては注文を受けるとすぐにバーナーで炙られる手順のようで、店内にはワクワク感のある香ばしい匂いが漂っていました。それと沖縄市のラーメン店「泡瀬三丁目」ばり(?)に、あおさが入っているのも特徴的ですね。口に入れる滑らかな食感もそうですが、すっきり塩味のスープ自体にも良く似合う具材となっています。

9沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん

「塩らーめん」の麺ですが、中太のちぢれたもの。以前頂いた記憶よりいくぶん柔らかめな茹で加減でしたが、これはこれでスープの絡みも良く、美味しく食べ進めることが出来ました。そのスープですが、淡い色合いながらもしっかり厚みある、程よい塩梅の作りだったかと思います。油分もそれなりに感じましたが、そうなりますと個人的にはやや醤油味の方が、見ために判りやすいと感じてしまったかもiしれません。

10沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん

やや遅れて運ばれて来た「焼きたまごかけごはん」です。
おお、これは見た目にも美しいですね。洋食屋さんのオムライスのように、ふわりと綺麗に火を通して盛り付けられています。品目名から推察するに、お椀に入った「たまごかけごはん」を焼いた一品になるのでしょうか、自宅ではこのように綺麗に作ることはとても出来ません。これぞプロのワザなのでしょう(笑) 大判の海苔にレンゲが添えられているのが、ラーメン店のサイドメニューを主張しているのが嬉しいところです。

11沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん

「焼きたまごかけごはん」をお箸で割ってみました。
表面は盛り付けが崩れないくらいに丁寧に程よく焼かれ、なかはふんわりと程よい半熟感を保っています。味付けも醤油(だし醤油?)の味わいがとても上品でした。食べ進める内にもう少し塩味が欲しくなりましたが、そこは遠慮無く卓上の醤油を自由に利用したら良かったですね。220円という、サイド品目としてもお手頃価格なのが嬉しいところです。最後はラーメン共々、交互に食べつつ、スープの一滴も残さず完食です。

本文中でも書きましたが、気になっていたお店ながらもこれまでなかなか寄ることが出来ず、今回をきっかけとしてぜひ定期的に訪れたいお店だと再確認出来ました。そうそう、書き忘れていましたが、こちらは消費税増税に伴い致し方なくラーメンの値上がりをされたようですが(650円→670円)、半額チケットの額面どおり(650円→330円)で精算をしてくれました。今回の注文で330円プラス220円(=550円)という安価なお支払いで済みましたが、このような良店は出来るだけ顧客単価の高い注文をしたいものですね。次回来店がいつになるか判りませんが、そう間を空けずに訪れたいと考えています。

12沖縄 ラーメン 那覇市 いけ家 塩らーめん

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市安謝183 丸長ビル1F
電話:098-866-1940
営業時間:11:30-15:00 17:30-22:00
定休日:火曜日
駐車場:有り

らーめん いけ家ラーメン / 古島駅おもろまち駅

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1201-26a39b9c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。