スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天下一品 浦添店 「屋台の味ラーメン(2)(Wチャーシューメン)」

1沖縄 ラーメン 浦添市 天下一品 屋台の味ラーメン

浦添市牧港の「天下一品 浦添店」へ行って来ました。
今回も「沖縄ラーメン大図鑑2014年版」半額企画参加店への訪問……となるはずでした。いえ、半額企画参加店には違いはないのですが、これまで参加店である『小禄店・北谷店』で店員さんから受けた説明と同様に、「こってり」と同価格帯のラーメンはどれも選べるものだと思っていたのです。それで「こってり(北谷店注文)」から「あっさり(小禄店注文)」に引き続き、「屋台の味(こっさり)」を頼もうとしたところ、なんと半額チケットは「こってり」のみとのこと。予想をしていなかった展開にショック(?)を受けつつ、お店には平日のお昼時の入店となりました。

2沖縄 ラーメン 浦添市 天下一品 屋台の味ラーメン

「天下一品 浦添店」のメニュー表です。
さて、改めて注文に至るまでの経緯説明です(^_^;) 半額企画には『小禄店・浦添店・北谷店』の3店舗が参加をされており、今回ですべて廻ることとなっています。過去の2店については、「林屋」の提供ラーメンをもじり、トッピングのチャーシューをダブルで追加した「Wチャーシューメン」仕様で頂いており、今回も同じ趣向ということで「こっさり(屋台の味ラーメン)」をお願いしようと考えていたのでした。

3沖縄 ラーメン 浦添市 天下一品 屋台の味ラーメン

……しかしながら今回の半額チケット対象は「こってり」のみ。うーん、結構迷ったのですが、今後の再訪が前提となりつつも初志貫徹で“あっさり+こってりのダブルスープ”となる、「屋台の味ラーメン(680円)」をお願いすることにしました。もちろん当初の志を貫くべく、トッピングからは「チャーシュー(160円)×2」も追加注文です。この時点でこれまで半額企画追加トッピングでは見られなかった、ちょうど4桁(1000円台)に到達しちゃっていますね(^_^;)

さて以下余談になるのですが、「屋台の味ラーメン」は簡単な説明書きによると、『昭和48年当時の屋台の味を再現。こってりとあっさりをブレンドしたWスープ』なのだそう。馴染みのあった「こっさり」から急に変更になったように感じたのですが、どうもざっと調べてみますと「天下一品」の品目名は全国で統一されていないようですね。「こってりラーメン」と「あっさりラーメン」を半分ずつブレンドしたラーメンを「ハーフ&ハーフ」と呼ぶ店舗が多く(スケートの真央ちゃんの変な言い回しはここから?笑)、京都総本店では「屋台の味ラーメン」、中国・四国・九州地方などでは「こっさりラーメン」、大阪の一部の店舗では「こてあさラーメン」と名づけられているのだそう。ついでながら、東京の多くの店舗にはメニューにこのラーメン自体が存在しないとのこと(裏メニュー扱いなのだそう)。今回の刷新をきっかけに、少なくとも沖縄では京都総本店の名称に準ずることとなりましたが、全国的にはどうなのでしょうか?

4沖縄 ラーメン 浦添市 天下一品 屋台の味ラーメン

すみません、メニュー表についてはまだ続きます(^_^;)
トッピングの「チャーシュー(160円)×2」をお願いしたところで、これまでどおり「ライス(160円)」は必須かな? と考えていたところ、平日ランチタイムサービスの来店ということで、定食全般100円引きとなる「ラーメンライス(800円⇒700円)」に該当するとのことです。ここで迷いは一切断ち切れ、素直にブログ記事どおりのランチを楽しむこととしました(笑) 

5沖縄 ラーメン 浦添市 天下一品 屋台の味ラーメン

「天下一品 浦添店」の卓上の様子です。
秘伝の辛子味噌(チェーン店らしく「花月」と表現が一緒(笑)!)に、ラーメンだれが見えますね。後ほどこのふたつの調味料類は活躍することとなります。これまで辛子味噌はそうでもなかったのですが、ラーメンだれはこれまで利用してこなかったですので、機会を見つけて出来るだけ使うようにしたいものです。

6沖縄 ラーメン 浦添市 天下一品 屋台の味ラーメン

程なくして運ばれた「屋台の味ラーメン」です。
はい、この日もしっかりセットでライスを追加注文しております。さて今回お願いした『こってり+あっさり』スープという「屋台の味ラーメン」ですが、過去に「こっさりラーメン」を一度注文したことがありますので、ブログタイトルの表記では(2)とさせて頂きます。

7沖縄 ラーメン 浦添市 天下一品 屋台の味ラーメン

「屋台の味ラーメン」のアップ画像です。
「こってり」と「あっさり」のブレンドということですが、確かにアップにしてみますと色合い以外にも、スープ表面からは粘度のなさが見受けられます。まあこれが普通のラーメンらしい状態なのかもしれませんが(^_^;) いま改めてこちらを拝見しますと、先日「小禄店」にてスープ濃度を上げたという特別品目の「絶品こってり(800円)」は、また別次元の固体状のスープだったのかもしれません(笑) さて今回注文の本来の具材としては、チャーシューにメンマ、そして葱とシンプルな構成なのですが、今回はトッピングの「チャーシュー」をWで頼んだため結構な分量となっているはずです(初期盛り付け状態ですと、いまいち不明です)。

8沖縄 ラーメン 浦添市 天下一品 屋台の味ラーメン

「屋台の味ラーメン」の麺ですが、お馴染み中細ストレートのもの。注文時に麺の固さを指定できるのですが、個人的に鉄板な「かた麺」でお願いをしています。柔らかめの茹で加減でもそれはそれで合いそうではありますが、やはりくっきりのど越しの良さが感じられる硬めを選んでしまいます。その麺に絡むスープですが、「こってり」と「あっさり」を半分ずつブレンドしたというもの。確かに麺への絡み方が通常よりずっと穏やかで、持ち上げるお箸にいつもの重さがまったく感じられません(笑) 味わい的には「ハーフ&ハーフ」なのでしょうが、「こってり」の印象が強すぎて、「こってりライト(?)」といったところです。二日酔いなどで胃が重いながらも、「天下一品」テイストを味わいたい! という方には良いのではないでしょうか?(そもそも二日酔いで“テンイチ”をチョイスするというのもおかしいですが(^_^;))

9沖縄 ラーメン 浦添市 天下一品 屋台の味ラーメン

「天一Wチャーシューめし」を作ってみました。
おなじみラーメンの具材をライス側へ移しただけのものですが、チャーシューの分量がたっぷりとあるために、ちょっとした丼もののように映りますね。他店と比べますと、一枚のボリューム感を押さえたぶん、枚数を増やした感じです。トータルの分量は同じくらい? 更に卓上の辛子味噌を直接添えて、それからラーメンだれもしっかりかけて、がっつりと頂きました。

10沖縄 ラーメン 浦添市 天下一品 屋台の味ラーメン

ラーメン丼側も同様に、せっかくの「こっさり」仕様でしたが、これでもかと濃厚寄りに“味変”をさせて頂きました(笑) 具材をライス側に移しましたので、見た目に素ラーメン状態になっていますが(^_^;) トータルではやはりがっつりな構成となり、もちろんスープの一滴も残さず完食です。

これにて「天下一品」の(当ブログ企画としての)半額企画参加店はすべて廻り終えました。
Wで注文したチャーシューにライスを含めて、確かに高い満足感がありましたが、こちらではやはり「こってり」が王道だとは思います。先にも書いたように、気分によって軽めに頂きたい時などに「屋台の味ラーメン(こっさり)」を選択しても良いかもしれません。余談ですが「こってり」をベースにしたと思われる、「担々麺」がこれまた濃厚で美味しかった覚えがあります。どちらにしても半額企画として、「こってりラーメン」を頂きに再訪することになりますね(^_^;)

11沖縄 ラーメン 浦添市 天下一品 屋台の味ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市牧港1196
電話:098-870-8330
営業時間:11:00 - 翌2:00
定休日:不定休
駐車場:有り

天下一品 浦添店ラーメン / 浦添市)

昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1200-7a92acb5










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。