スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

康竜 那覇松山店 「ラーメン」

1沖縄 ラーメン 那覇市 康竜那覇松山店

那覇市松山の「康竜 那覇松山店」へ行って来ました。
(2014年4月1日以前訪問店) ハイ、今回も酒席の場から流れての来店となっており、また2014年1月訪問というしばらく前の記録となっています。「康竜」は過去にブログで取り上げた回数が多いのですが、一時期「自分仕立てラーメン」の構成作りに凝っていた時があり、また破格なスタンプカード(過去記事参照)もあって集中して通っていました。それからはかなり久しぶりの訪問となりますが、ノーマルの「ラーメン」はまともに取り上げるのは初めてのことになりますね。酔った頭でも未食の品目を選択したのか、それとも適当に選んだのかちょっと判り兼ねるところです(^_^;) お店には、週末の午前0時前の入店となりました。

2沖縄 ラーメン 那覇市 康竜那覇松山店

「康竜 那覇松山店」の券売機です。
画像は消費税増税前の価格設定となっています。お店のホームページを確認したところ、大体ラーメン一杯50円値上がりをされていますね。うーん、今回頂くことになる「ラーメン(650円)」が現在は700円ですか。先述のスタンプカードを始め、過剰ともいえるサービスが負担になったのかもしれませんが、なんとか680円ぐらいに抑えてほしかったところです。といいますか、スタンプサービスは継続されているのでしょうか? 沖縄県内だけではなく東京の店舗でも共用出来たのですが、そちらは不明です。

3沖縄 ラーメン 那覇市 康竜那覇松山店

「康竜」お馴染みの「お客様お好み表」です。
これまで頂いていた「自分仕立てラーメン」でしたら、トッピング類も8種類の中から4種類が選べるのですが、ノーマルの「ラーメン」ということで、最初から『きくらげ・特製メンマ・有明のり』は固定されていました。その上で各品目共通で選ぶことが出来る項目、『麺の太さ(太麺)・麺の硬さ(超硬)・博多ねぎ(あり)・旨味辛味だれ(2倍)・焼豚(あり)』でお願いすることにしています。うん、やはりがっつり硬派な選択ですね(笑)

4沖縄 ラーメン 那覇市 康竜那覇松山店

卓上に置かれていた「康竜」の名刺です。
先ほどもすこし触れたのですが、沖縄県内では2店舗が営業をされており、本拠にあたる東京では4店舗が営業をされています。現在もポイントカードが生きているか判りませんが、熱心な「康竜」ファンでしたら、両方の地でスタンプを押された方もいらっしゃるかもしれませんね。ちなみに東京と沖縄では販売価格も異なり、東京の方が大体20~30円ほど高くなっています。コスト自体は沖縄の方がかかっているかもしれませんが……。

5沖縄 ラーメン 那覇市 康竜那覇松山店

程なくして運ばれた「ラーメン」です。
いままで「自分仕立てラーメン」ばかり頼んでいましたが、100円割安にあたるノーマルの「ラーメン」も、この内容でしたら充分なボリューム感がありますね。提供も比較的早いですので、締めの一杯としてはあまり迷う要素のない、こちらを選択しても良いかもしれません。

6沖縄 ラーメン 那覇市 康竜那覇松山店

「ラーメン」のアップ画像です。
具材の構成としてはチャーシューにきくらげ、特製メンマに有明のり、そしてねぎがたっぷりと添えられています。ネギの青さと旨味辛味だれの赤色が、見た目的にもとても映える要素となっていました。辛味だれは今回2倍ということで、二掬いぶん投入されているようです。ちなみにお好み表の標準お勧めでは、旨味辛だれは「少々」となっていました。

7沖縄 ラーメン 那覇市 康竜那覇松山店

「ラーメン」の麺ですが、今回は「太麺」の「超硬」でお願いをしています。いつもの細麺ストレートと異なり、ややちぢれが入ったくっきりとした食感の仕様となっていました。表記は「太麺」ですが、せいぜい中細から中太麺にあたるくらいかな? その麺に絡むスープですが、しっかり塩梅が感じられるもの。ややくどさというか癖のある豚骨スープですが、これもまた「康竜」の味わいであります。この日は卓上の紅ショウガなども利用せずに、一気に食べ進めました。

8沖縄 ラーメン 那覇市 康竜那覇松山店

麺をすすり尽くしたあとのラーメン丼の様子です。
確かに辛味だれを2倍で頂いていますが、思いのほか真っ赤になりました。少しずつ溶かしながら、味の変化を付けつつ食べ進めていたのですが、最終的にはこの色合いです。この日はあまりバランスの良い食べ方ではありませんでしたが、最後は辛くなったスープを一滴も残さずに完食です。

以前よく訪れていた際は、常になんらかのスタンプカード特典が利用できる状態だったのですよね。しばらく立ち寄っていなかったため、どこに置いたか判らなくなりました(探したら出てくるかも)。それ以前にサービスがいまも継続されているか判りませんが、次回来店の機会がありましたら、その辺りの確認もしようと思います。それには酒席の場から流れての訪問ではダメなのですが……(^_^;)

9沖縄 ラーメン 那覇市 康竜那覇松山店

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市松山1-8-6
電話: 098-860-7737
営業時間:11:00 - 翌6:00 (金・土・祝日前は翌7:00)
定休日:無休
駐車場:無し

ラーメン康竜 那覇松山店ラーメン / 県庁前駅旭橋駅美栄橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1199-f4d9d4c6










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。