スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エースコック 「寸胴屋 とろみ鶏そば」

エースコック とろみ鶏そば1

今週発売となった、エースコックの「寸胴屋 とろみ鶏そば」です。
「寸胴鍋」とは円筒型の底の深い鍋のことで、スープなどを大量に作る時に用いられる調理器具です。素材を多く用いて大量に作ることによって、旨味に深さが増したりするので、今回の商品名はそこから取られたものなのでしょう。今回は「とろみ鶏そば」ということで、鶏ガラを炊き出したスープということになりますね。

メーカー説明によると、『ここ数年、豚骨魚介ブームが続いているラーメン業界ですが、最近では「鶏」を使った濃厚なスープが人気を集めております。「寸胴屋 とろみ鶏そば」は、鶏を寸胴鍋で仕込むことにより冬場にニーズの高まるスープの“とろみ”と“濃度”を演出しました。トレンドと季節性を兼ね備えた味わいです』とのことです。考えてみれば、沖縄県内でも「鶏」を中心に据えたお店もオープンしていますし、対抗文化として鶏に焦点が当てられてもおかしくないですよね。

エースコック とろみ鶏そば2

上蓋を開けると袋類は4つ。先入れとなるかやくと粉末スープ、後入れとなる調味油と液体スープです。調味油は黄色い油分でしたので、おそらく「鶏油(チーユ)」だったのでしょう。お湯を注ぎ、4分間待ちます。

エースコック とろみ鶏そば3

出来上がった「とろみ鶏そば」です。
具材が鶏肉そぼろ、ネギ、水菜、糸唐辛子とシンプルかつポイントなるような大きさのものが無いので、少し画的に寂しく見えるかな。ただ、鶏肉そぼろと水菜については麺を啜ると一緒に口中に入り、結構な存在感がありました。そぼろの方は食感や味わいもしっかりとあって、アクセントになっていましたね。残念なのが糸唐辛子で、最近はラーメン店でも彩りを添えるために用いるところが多くなっていますが、細かく砕けてしまっていて、全く目立たなくなっていました。辛味を加えるという具材でもないですから、カップ麺的には不向きなのかもしれません。

さて、今回メインであろう「鶏だしスープ」ですが、名称に”とろみ”を謳っている割りには、自分としては殆ど粘度は感じませんでした。「鶏だし」に「とろみ」というと、どうしても「天下一品」を思い起こしてしまうのですが、あちらは極端としてそれを差し引いても、比較的サラッとしたスープでした。それで味の方ですが、これがなかなか旨かったです。しっかりとした鶏白湯スープに、鶏油の濃さも合わさり、すっきりとした口当たりながらも複雑な旨味が感じられました。結局、とろみがどこへ行ったのかは謎ですが……(^_^;)

つるっとした麺はそれでもきちんととスープに絡まり、麺・スープと交互に食べ進むと結構な満足感がありました。見た目的に地味ではありましたが、コンセプトも明確ですし、今回のカップ麺は充分な佳作と言えるものですね(^_^)

ごちそうさまでした!

満足度:★★★★★★★☆(7.5)
内容量:112g
カロリー:455kcal
価格:230円(参考:238円)
作り方:熱湯4分
購入場所:ファミリーマート
※価格は希望小売価格(税抜)で、参考は実際に購入した際の価格です。

関連記事
[ 2010/12/18 09:42 ] カップ麺 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/119-11a17647










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。