スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

きらく 「醤油ラーメン」

1沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 醤油ラーメン

2014年4月1日以前訪問 )那覇市牧志公設市場内の「きらく」へ行って来ました。
前回ブログ記事からの続きとなります。実際に訪れたのは2014年1月のことですので、かなり間が開いての記事更新となりました。専門のラーメン店ではなく、お食事処といった公設市場内への訪問ですので、まあ番外編といった位置づけですね。こういった異業種店への来店は、事前に想像しにくいこともあって実にワクワクするものがあります(笑) お店には、営業開始時間となる午前10時頃の訪問となっています。

2沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 醤油ラーメン

「きらく」のメニュー表です。
前回記事では見開きで掲載しましたが、今回は『めん』の項がしっかり見えるよう、アップで掲載です。前回記事では「味噌ラーメン(500円)」をお願いしましたので、引き続いて「醤油ラーメン(400円)」を注文することにしました。改めてお品書きを見直してみますと、「エビ汁そば(700円)」や「五目汁そば(500円)」なる品目も記されていますね。訪問当時は意識していませんでしたが、こちらもラーメン店的品目になるのかもしれません。

3沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 醤油ラーメン

「きらく」の卓上の様子です。
“沖縄の食堂”としては外せない「沖縄そば」が提供されていることもあり、しっかりコーレーグースが用意されていました。いつも忘れてしまうのですが、いつか「ラーメン」にコーレーグースが似合うのか、試してみたいものです。いや、邪道もいいところかもしれませんが、ある意味親戚のようなものですし、結構似合うのではないでしょうか?(笑)

4沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 醤油ラーメン

追加で頼んだ「青菜炒め(400円)」です。
実はタイミングとしては前回記事と同時に頼んだものでした。ブログ記事構成の都合上、今回の掲載となりましたが、これが実に美味しかった! シンプルに青菜を炒めただけの品目ではありますが、高火力でざっと火が通された青菜は食感が良く、ほど良い塩気とニンニクの香りが、実に食欲を刺激してくれました。一品しか頂いていませんが、中華料理の品目はどれも美味しいのだろうと伺える作りでありました。前回記事の好印象の多くは、おそらくこの「青菜炒め」に寄ることが大きかったりします。さてここで興に乗って、調子よく追加注文をしてしまいました(^_^;)

5沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 醤油ラーメン

程なくして運ばれた「醤油ラーメン」です。
ええー? まさかの先ほど味わったばかりの青菜たっぷりラーメン?(^_^;) いや、本来はこれはこれでOKだったのですが、まさか見た目にもそのまま被るとは思いませんでした。低価格(400円)な設定ながらも、たっぷり具材が盛られているのは変わらずだったのですけどね。

7沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 醤油ラーメン

「醤油ラーメン」のアップ画像です。
具材は先述のとおり、たっぷりの青菜と三枚肉が一枚となっています。青菜の方はボイルされたもので、特別味付けなどはされていませんでした。こちらでは沖縄そばも提供されていますので、三枚肉はそちらにも入っていそうです。

6沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 醤油ラーメン

「醤油ラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。柔らかめのゆで加減でしたが、これはこれでお店の雰囲気に沿ったしっくり似合うものでした。見た目にも艶やかで綺麗です。価格は400円ということで、充分にお得な価格設定でしたね。具材の三枚肉もとても味わい深いものでしたが、入っていた青菜は先ほど別途に注文した青菜炒めとは対照的に、こちらは淡泊な作りでありました。全般的に400円のラーメンであることを考慮しますと、とてもがっつり感があった一杯となっています。青菜は被りましたが、最終的に満足感をもってお店を後にしました。

9沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 醤油ラーメン

メニュー表の裏面にあったお店の情報です。
なにげに公式ホームページも公開されているようです。また前回記事でも触れましたが、公設市場の2階で営業されているこちらのお店は、1階で購入したお魚などを3品までなら一人500円で調理をしてくれるそうです。これは面白いシステムですよね。次回訪問の機会がありましたら、ぜひ試してみたいと思います。

8沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 醤油ラーメン

同フロアで営業をされている「次郎坊」です。
「きらく」と同様に、壁際にお品書きがずらりと掲示されていました。よくよく見ますと、こちらでも「ラーメン(550円)」の提供をされているようでした。はい、これでまた公設市場へ再訪する理由が出来ましたね(笑) 前回の訪問からすっかり季節も変わったことですし、またそう遠くない内に訪れることになりそうです。ここでも食材持ち込みの調理対応をしてくれるのかな?

10沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 醤油ラーメン 

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市松尾2-10-1(牧志公設市場2階)
電話:098-868-8564
営業時間:10:00-20:00
定休日:第4日曜日
駐車場:無し

きらく沖縄料理 / 牧志駅美栄橋駅安里駅

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1186-ed49d3f3










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。