スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

きらく 「味噌ラーメン」

1沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 味噌ラーメン

2014年4月1日以前訪問店)那覇市牧志公設市場内の「きらく」へ行って来ました。
こちらもかなり以前に訪れたお店ですね。ラーメン店ではなく番外編的な扱いのため、なんとなく記事にしそびれていたところ、すっかり季節まで変わってしまいました(実際に訪れたのは2014年1月となっています(^_^;))。「きらく」は牧志公設市場内2階にある店舗で、沖縄料理や中華料理はもちろん、海鮮類なども提供されています。他の2階で営業されているお店と同様、公設市場の1階で鮮魚などを購入しますと、そのままお店で調理してくれることでも有名ですよね。内地の方にとっては観光名所にもなっているかもしれません。お店には、午前10時頃の訪問です。

2沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 味噌ラーメン

公設市場内の様子です。
比較的早い時間帯に訪れたのですが、それでも既に雑多な賑わいを見せていました。正式名称は「那覇市第一牧志公設市場」というのですね。「第二市場」はどこかにある(あった?)のでしょうか?(^_^;) さて店舗へ立ち寄る前に、せっかくですので周辺を散策してみます。

3沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 味噌ラーメン

生鮮食品以外にも、果物や野菜類なども売られています。
訪問したのは1月のため、画像は季節感がずれてしまっているかもしれません。

4沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 味噌ラーメン

沖縄らしい、極彩色のお魚たちです。
手前のはアオブダイ(イラブチャー)ですよね。一人では確かに分量的に多いでしょうが、家族連れなどで観光客が複数人にて持ち込み調理されると、これはなるほどテンションが上がるものでしょう。新鮮であることは間違いないですしね。

5沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 味噌ラーメン

鮮魚以外にも大きな海老や貝、蟹なども豪快に生け簀に入っていました。
お値段も相応なのでしょうが、地元民としても一度は頂いてみたいものです。購入して自分で捌くというのも、ちょっと難しいことでしょう(^_^;)

6沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 味噌ラーメン

沖縄の食材としてお馴染み、各種豚肉です。
豪快に豚足ごろり、中味(内臓)からそのまんま豚の顔まで、あますことなく並べられていました。まあ見て食欲がわくものではありませんが(笑)、どれも調理されると美味しいものですよね。そういえば最近中味汁って食べてないなぁ。

7沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 味噌ラーメン

1階の売り場から、2階へ上がる途中に掲示されていた案内板です。
鮮魚や食肉など、ある程度ブロックごとに売り場が分かれています。2階は食堂コーナーとなっていました。ちなみに定休日は第4日曜日となっており、その他正月三が日に旧正月の1日・2日、お盆の旧暦16・17日とされています。後者のふたつはいかにも沖縄らしい設定ですね。

8沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 味噌ラーメン

公設市場2階、食堂コーナーの様子です。
営業開始時間に合わせて訪れたため、まだほとんどお客さんは入っていません。お店は何店舗かあるのですが、フロア内は仕切られてはおらず、ある意味フードコートのような作りとなっています。とはいってもそこまでシステマティックではなく、どこかオープンでアジアンテイストな、ワクワクする雑多な空気がフロア内には流れていました。

9沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 味噌ラーメン

奥の壁際に位置する、「きらく」のテーブルに座ります。
以前からラーメン類を提供されていると知っていたのですが、今回ようやく念願が叶ったといったところです。まあ目的の大半は、久しぶりに公設市場内の冷やかし(失礼)がしたかったというのが大きかったのですが(^_^;)

10沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 味噌ラーメン

「きらく」のメニュー表です。取り扱い内容をざっと書き出してみます。
『うちなーめいぶつとして「島らっきょうの天ぷら(600円)」や「ラフティ(800円)」など、海鮮として「魚のバター焼き(800円~1200円)」など、ちゃんぷるーとして「ゴーヤー」や「ソーメン(各600円)」など、中華として「酢豚」や「八宝菜(各600円)」など、めんとして「沖縄そば(大)(400円)」など、おつゆとして「アバサー汁(1200円)」など、ごはんとして「五目炒飯(500円)」など』が提供されていました。とてもバラエティ豊かですね。“沖縄の食堂”ならではでもありますが、「きらく」の特色として海鮮や中華料理が充実しているように感じます。さて今回の注文ですが、麺類のなかから「味噌ラーメン(500円)」をお願いすることにしました。

11沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 味噌ラーメン

程なくして運ばれた「味噌ラーメン」です。
これは想像していた一般的な“味噌”とはまた異なった見た目です。具だくさんで良い意味で裏切られた感じです。炒められた具材にはニンニクを効かせているのか、湯気とともにとても食欲をそそる香りが漂って来ました。

12沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 味噌ラーメン

「味噌ラーメン」のアップ画像です。
ニンニクが効いた細切りの炒め物がたっぷりと載せられていました。筍に椎茸に袋茸、豚肉にもやしに人参に韮や玉葱などとなっています。ややとろみと酸味の付いたスープやその色合いなどを含め、“スタミナラーメン”といった印象ですね。味噌というより醤油ベースの要素が強いように感じました。がっつりボリューム感があり、テンションが上がったため、いつもの麺画像を撮影し忘れてしまいました(^_^;) 麺は柔らかめながらもこちらも分量がたっぷりあり、スープと具材にとても合っていたかと思います。最後まで飽きることなくスープの一滴も残さず完食したのですが、実は食べ進めるなかで追加注文をしております。特殊な周囲のロケーションを含め、とても良いお店ですよね。ということで、次回記事へと続きます。

13沖縄 ラーメン 那覇市 きらく 味噌ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市松尾2-10-1(牧志公設市場2階)
電話:098-868-8564
営業時間:10:00-20:00
定休日:第4日曜日
駐車場:無し

きらく沖縄料理 / 牧志駅美栄橋駅安里駅

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1185-a8b64e63










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。