スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らーめんランド 開南店 「わかめラーメン(しお)」

1沖縄 ラーメン 那覇市 らーめんランド 開南店 わかめラーメン

那覇市樋川の「らーめんランド 開南店」へ行って来ました。
例によって酒席の場から流れての訪問なのですが、今回は街中をかなり歩き回った末の来店となっています。どうもすんなり訪れたことのあるラーメン店へ行こうという気になれず、かといって国際通り近辺のお店はほぼ来店済みとなっていますので、居酒屋でラーメンを提供されているところはないか、店頭のメニューを眺めつつふらふらと出歩いていたのでした(我ながら酔っぱらいな行動(^_^;))。「餃子」の品目こそちらほら散見されながらも、肝心なラーメン店的品目はそう取り扱ってないものですね。沖縄そばは置いたりするのですが……。とまあそうこうする内に時計も廻り、開いているお店も限られているなか、とうとう「らーめんランド 開南店」の前に立つことになったのでした。お店には、週末の午後11時半頃の訪問です。

2沖縄 ラーメン 那覇市 らーめんランド 開南店 わかめラーメン

店内に入る前に、店頭に掲示されたお品書きです。
以前の記事でも触れましたが、店内では「らーめんランド」としての正規メニュー表(全般的にやや高めな価格設定)も置かれていますが、こちらは「開南店」店主独自の提供品目になるのでしょうか? 「わかめラーメン(300円)」・「もやしラーメン(350円)」などの安価な品目が並んでいます。どちらも“しょうゆ”と“しお”のバリエーションが用意されていました。冒頭の画像から判別出来るとおり、今回は軽めに済ましたいということと実際に品目内容に興味を持っていたことから、「わかめラーメン(しお)(300円)」をお願いしています。

3沖縄 ラーメン 那覇市 らーめんランド 開南店 わかめラーメン

卓上に用意された「らーめんランド 開南店」のメニューです。
さて「らーめんランド」といえば「地獄ラーメン(780円)」です。ただいま当ブログ企画の「激辛チャレンジ」も継続中で、早々に再チャレンジも果たしたいところですが、こちらはラスボス的な位置付けのお店となっています。今回は日和ったと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが(笑)、いくつかの激辛ラーメンを制した後に改めて挑戦したいと考えております。ところで消費税増税後の訪問ですが、こちらは価格改定は行っていないようですね。元よりやや高めな価格設定ですから変更しにくい部分もあると思いますが、入り口側の格安設定のラーメンも改定は行われていませんでした。

4沖縄 ラーメン 那覇市 らーめんランド 開南店 わかめラーメン

カウンター上部に掲示されたお品書きです。
こちら側にも、正規メニュー表には掲載されていない品目がいくつか並んでいます。このなかでは「鶏白湯ラーメン(650円)」が気になりますね。ついでに書きますとラーメン店ながら、「軟骨そば(350円)」・「軟骨ソーキそば(350円)」なども提供されているようでした。

5沖縄 ラーメン 那覇市 らーめんランド 開南店 わかめラーメン

程なくして運ばれた「わかめラーメン(しお)」です。
ここまで特に触れていませんでしたが、確かに遅めの時間帯ではありますが、店内は自分一人となっています。ちょっと寂しかったかな? 何気に近辺は飲食店が散在していますので、時間帯によってはそちらに流れているのかもしれません。ちなみにお店は寡黙な店主お一人で応対をされています。

6沖縄 ラーメン 那覇市 らーめんランド 開南店 わかめラーメン

「わかめラーメン(しお)」のアップ画像です。
300円という価格設定もあり、ごくごくシンプルな構成です。麺とスープ以外の具材としては、たっぷりなわかめとネギだけとなっています。がっつりではなく、軽めにふらっと温かいラーメンスープを頂きたい時などには良いかもしれません。ちなみにこの日は既に暑くなっていてもおかしくない沖縄の4月でしたが、まだまだ肌寒かったです。

7沖縄 ラーメン 那覇市 らーめんランド 開南店 わかめラーメン

「わかめラーメン(しお)」の麺ですが、中細のややひねりが入ったもの。角があるタイプで、口中にて存在感のある食感の麺となっていました。その麺に絡むスープですが、塩味のごくあっさりとしたもの。しかしながら程よい塩梅と旨みが含まれており、しっかり麺を受け止めていました。軽く脂分も浮いていますね。シンプルな具材のわかめを合間に挟みつつ、テンポ良く食べ進め、最後はスープの一滴も残さず完食です。「地獄ラーメン」への再チャレンジは、「らーめんランド 糸満店」で実施することになりそうですが、こちらの店舗へは今後も酒席の場から流れての訪問もあるかもしれません。その際はまた未食の品目を注文するようにしたいですね。

8沖縄 ラーメン 那覇市 らーめんランド 開南店 わかめラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市樋川2-3-2
電話:098-854-2170
営業時間:不明
定休日:不定休
駐車場:無し


■おまけ(三回目)「じょうとう食堂」

9じょうとう食堂

過去二回の「らーめんランド 開南店」記事では、ラーメンを頂いた後にふらふらと、近隣で24時間営業をされている「どん亭 開南店」へ訪れていました。今回もお店を出たところですぐに「じょうとう食堂」なる食堂を見つけ、入ってしまいました。以前から営業されているようですが、これまで気付かなかったような……。あと「どん亭 開南店」は閉店されたのでしょうか? ラーメン記事と直接関係ないブログ内容は控えようと考えておりましたが、これはもう行くしかないでしょう!(なにか恒例になりそうで怖いですが(^_^;))

10じょうとう食堂

「じょうとう食堂」の店頭、道すがらに掲示されていた看板です。
沖縄の食堂らしい充実したラインナップですね。500円から550円が中心帯のようで、お手頃な価格設定となっています。ランチタイム(10:00~14:00)には、そばメニューにじゅーしーが付くサービスもあるようです。

11じょうとう食堂

壁際に貼られたメニュー表です。
調べると午前0時前という閉店間際のはずですが、店内には結構お客さんが入っていました。券売機などは設置されておらず、全体的にアットホームな雰囲気ですね。さて今回の注文ですが、連食ということもあり、ラインナップから一番安価かつ実際に口したかった「納豆丼(350円)」をお願いすることにしました。

12じょうとう食堂

程なくして運ばれた「納豆丼」です。
丼物ながらトレイに載せて運ばれて来て、なかなか盛りだくさん感がありました。構成としては納豆が載せられたライスに生玉子、白菜のおしんこに、お豆腐の小皿にお味噌汁となっています。お豆腐にはもずく入りの特製タレ(?)が付いていました。さっそく玉子を割っておしんことお醤油を混ぜ、納豆側へと投入して頂きました。他の品目と異なり、自宅でも完全再現可能なお手軽料理ですが、なぜか外で食べるとまた美味しく感じるものです。

13じょうとう食堂

まだ物足りなかったのか、「沖縄そば(中)(350円)」も追加注文です(^_^;)
具材としてはかまぼこに三枚肉に青葱となっていて、麺は平打ち太めのやや柔らかめな茹で加減でありました。出汁は見た目どおりにかなりあっさりめです。しかしながらテーブルには味の変化付けが出来る、各種調味料が用意されているのが嬉しいところです。

14じょうとう食堂

卓上の調味料類を投入してみました。
今回追加注文した一番の理由は、卓上に自由に取れるフーチバーが置かれていたこと。各テーブルにポリ容器に入って用意されているのですが、どれも青々として鮮度が保たれていました。ちょうどタイミングが良かったのかもしれませんが、各テーブル備え付けの無料トッピング扱いのものとはしては、ちょっとお得感があります。沖縄そばと一緒に頂きますと、独特の苦みと香りが良く、これまた美味しく完食とあいなりました。これにておまけ記事は終了です。

ラーメンランド 開南店ラーメン / 牧志駅安里駅美栄橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1183-fb364c7f










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。