スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

花銀琉 「花銀琉つけ麺」

1沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉 つけ麺

浦添市安波茶の「花銀琉」へ行って来ました。(沖縄ラーメン大図鑑:14/40
そろそろ4月も終わりますね。「沖縄ラーメン大図鑑」の半額企画店舗巡りですが、まだ1/3を過ぎたところです。過去2回のペースと比べますと、ぐっとのんびりしたものとなっております。まあラーメン店へは、本来はそういった心持ちで訪れるのが良いのでしょう。さてこちら「花銀琉」ですが、コンスタントに訪れているつもりでしたが、一年以上ぶりの来店になりますね。おそらく同地での前営業店舗であった、「新風そば」のイメージも含まれてのことだと思われます(^_^;) お店には、週末の午後1時過ぎの入店となりました。

2沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉 つけ麺

「花銀琉」の券売機です。
今回は半額企画店巡りとしての訪問ですが、そのための専用ボタンが用意されていました。俯瞰からの撮影のため画像では判別しにくいとは思いますが、最下部から二列目の赤い品目札がそれに当たります。さて今回の注文ですが、半額対象品目は「花銀琉らーめん(680円)」と「花銀琉つけ麺(780円)」の二種類ということで、初訪問であった宜野湾市営業時代以来の「花銀琉つけ麺(780円⇒390円)」をお願いすることにしました。ちなみに初訪問時には、「特製つけ麺 全部のせ」を頂いております。

3沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉 つけ麺

「花銀琉」のメニュー表です。
筆頭では「つけ麺類」が記されています。お店の推しとしてはつけ麺系統になるのでしょうか? また2014年4月1日以降の、消費税増税後の価格改定の跡が見られますね。全般的に30円ほど価格を上乗せされたようです。消費税のアップは今後もう一段階予定されており、外的要因で経営状況が左右されるであろうことは、お店の方々の苦労が偲ばれるところです。

4沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉 つけ麺

ページを開いた見開きです。
こちらでは「らーめん類」と「坦々麺類」が掲載されています。
券売機方式ながら、画像付きのメニューが卓上に用意されているのは嬉しいですね。待っている間にメニュー表を眺めて、次回来店の動機付けにもなるというものです。「坦々麺」が独立したジャンルのようになっているのは、ある意味お店の特色ですね。でも表記が「担々麺」ではなく「坦々麺」なのは、どうにも気になってしまうところです(^_^;)

5沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉 つけ麺

最後の見開きページです。
こちらでは「ごはん類」と「スープのこだわり」が記されていました。丼物も消費税増税に伴い価格改定があったようですが、個人的には300円以下で設定された方が、気軽に追加注文しやすいですよね。

6沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉 つけ麺

待っている間に席上から壁際を撮影してみました。
各種お知らせがびっしり掲示されていますね。「花銀琉」は色々なサービスを意欲的に設定されており、その辺りの告知となっています。平日のトッピング一品サービスや、「お子様らーめん(毎日100円)」、更には平日ランチメニューとして、ランチタイム(11:00-14:00)には「麺類+ご飯物(高菜ご飯・白飯)サービス」なども設定されているでした。

7沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉 つけ麺

程なくして運ばれた「花銀琉つけ麺」です。
つけ汁の器ですが、ぐつぐつと煮えたぎっております。そうそう、オープン初日に訪れた宜野湾市営業時代の店舗でもそうでありました。失礼ながら少し意外だったのですが、営業開始当初からブレのない品目提供をされているのですね。考えてみましたら確か本店は岐阜にある「花銀」というお店が前身のようですし、バックボーンはしっかりあるということなのでしょう。その他節粉や、セルフで急須に割りスープも用意されています。

8沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉 つけ麺

「花銀琉つけ麺」の麺側のアップ画像です。
麺と共に、具材群はこちらに載せられています。具材としてはチャーシューにメンマ、葱に海苔に中央には彩りのポイントとして糸唐辛子が載せられていました。沖縄での開店当初から、ブレのない構成となっているようでした。

9沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉 つけ麺

「花銀琉つけ麺」の麺ですが、中太のストレートのもの。ややもっちり弾力感がありつつもそこまで径がある仕様ではなく、しっかり食べ応えもあり食べやすさのある麺となっています。その麺に絡むつけ汁ですが、ラーメンスープ共々、『濃厚なコクの動物系とんこつスープをベースにブレンドした自家製えび油を使用している』というもの。熱々過ぎるつけ汁はやや香りが飛んでしまっている感はあるもの、程よい粘度感に麺が絡み、濃厚な味わいにてがっつり感を演出されています。途中で花銀琉オリジナルという節粉を投入して味の変化付を行いつつ、バランス良く食べ進めて行きました。

10沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉 つけ麺

最後はつけ汁に割りスープを投入して締めとなりました。
つけ汁は超熱々なのですが、なぜか割りスープはそうでもありませんでした。つけ汁も冷める頃合いですので、最後はやはり熱々が良かったかな? とはいっても「花銀琉」久しぶりのつけ麺ということもあり、満足感をもって完食となりました。今回は半額企画での訪問でしたが、「花銀琉」は各種店舗独自のサービスを行っていますよね。次回訪問の機会では、そちらを活用しつつの来店になるかと思います。

11沖縄 ラーメン 浦添市 花銀琉 つけ麺

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市安波茶2-1-6
電話:098-874-8200
営業時間:11:00-24:00(金・土・祝日前は翌2:00まで)
定休日:月曜日
駐車場:有り


花銀琉ラーメン / 市立病院前駅儀保駅古島駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1181-a1db47c0










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。