スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中華そば 三太 「中華そば」

1沖縄 ラーメン 糸満市 三太 中華そば

糸満市西崎の「中華そば 三太」へ行って来ました。
こちらは2014年3月末頃にオープンしたお店になります。糸満市に新たなラーメン店が生まれたのは喜ばしいことですが、実は「豪ーめん」が閉店したあとの跡地に出店されているのですよね。「豪ーめん」といえば“二郎インスパイア系”のラーメンを提供され、後期では味噌ラーメンも取り扱っていると聞き、機会を見つけて再訪しようと考えていた矢先の閉店の報でした。ラーメン店の新規出店も続いていますが、同様に閉店の報せもちらほら聞こえてくるのは寂しいところです。お店には、平日の午後2時前の入店となりました。

2沖縄 ラーメン 糸満市 三太 中華そば

「中華そば 三太」の店内の様子です。
しばらく「豪ーめん」には訪れていませんでしたが、内装関係は特に変更されていないようです。もとよりシンプルかつシックな作りでしたので、あらためて改装する部分も少ないのでしょう。居抜きではありますが、全くの新店のような印象となっていました。自分が訪問した際は、お店は女性二人で切り盛りをされているようでした。

3沖縄 ラーメン 糸満市 三太 中華そば

「中華そば 三太」のお品書きです。
お品書きの横には製麺所の『熊さんグループ創業者 杉本三太氏』のプロフィールが記されています。なんでも「創業以来65年間麺を作り続け、現在北海道から沖縄まで5工場と15の営業拠点を設け、全国六千軒のお得意先においしい麺を届けて」いるのだそう。店名はこの方の名前から取られたのでしょうね。確か西原町の「京家」も関連店舗らしいとのことです。さて今回の注文ですが、筆頭に記されていた「中華そば(普)(550円)」をお願いすることにしました。もっとも基本は「中華そば」一本のようで、230円増しで「チャーシュー中華(普)(780円)」、200円増しで「メンマ中華(普)(750円)」を提供されているようです。大盛りは各100円増しになりますね。サイドメニューもシンプルに「ライス(小)(90円)」と「いなり(2個)(100円)」などとなっていました。

4沖縄 ラーメン 糸満市 三太 中華そば

待っている間に卓上の様子を写してみました。
お冷や以外に調味料類としては、これまたシンプルに黒コショウ、白コショウとなっています。餃子などのサイドは扱っていないため、付随するような調味料は置いていませんね。こちらは沖縄ではいささか簡素過ぎる品目構成にも映りますが、営業が落ち着いて来ましたら、また何らかの変化が表れるかもしれません。

5沖縄 ラーメン 糸満市 三太 中華そば

程なくして運ばれた「中華そば(普)」です。
サービスとして「いなり(2個)(本来は100円)」を付けてくれました。実際に訪れたのは少し前ですが、営業開始からまだあまり期間が経っていないことから行っているサービスなのでしょう。現在もやっているかは不明です。ご飯ものは次回来店機会にでも頼もうかと考えていたので(その際は「チャーシュー中華」+「ライス」をお願いするかも)、嬉しいサービスでありました。

6沖縄 ラーメン 糸満市 三太 中華そば

「中華そば(普)」のアップ画像です。
具材は小ぶりながらもチャーシューが5枚、細く裂かれたメンマ、中央にはネギになるとが添えられています。細く裂いたメンマはあまり見かけませんね。230円増しの「チャーシュー中華(普)」はそうもでないですが、200円増しの「メンマ中華(普)」はやや高めにも映りますので、どのような分量の盛り付けになっているか気になります。今回の「中華そば(普)」はスープには透明感があり、見た目にも綺麗な盛り付けとなっていました。

7沖縄 ラーメン 糸満市 三太 中華そば

「中華そば」の麺ですが、中細のややちぢれが入ったもの。「熊さんグループ」製麺のものということになりますね。店内にあった説明書きでは、『当店の中華そばは昔なつかしい、無着色、低かん水の体にやさしい麺を使用しています』とのことでした。程よく固めで弾力感を含んでおり、特にあっさり系統のラーメンに似合いそうな麺でした。確か「京家」も同じタイプの麺だったかと思います。その麺に絡むスープですが、ごくあっさりとした醤油味のもの。見た目の透明感のとおり、雑味のない、すっきり喉ごしの良い味わいのスープでした。麺はもちろんのこと、合い間に挟む具材のチャーシューや細切りメンマとの相性も良く、これはなかなか完成度の高さを感じさせる一杯です。550円というお手頃な価格設定も良いですよね。

8沖縄 ラーメン 糸満市 三太 中華そば

中盤を過ぎた頃に、卓上の黒コショウを投入してみました。
透明感のあるすっきりしたスープには、思いのほか黒コショウの辛味と香りが強く感じてしまいました。せっかくのスープが勿体なかったかな? ただ何も投入しないまま、最後まで食べきるのもまた単調に感じてしまったかもしれません。こちらの品目には、白コショウの方がバランス的には良かったのかも。

9沖縄 ラーメン 糸満市 三太 中華そば

サービスで頂いた「いなり(2個)」です。
「中華そば」を頂くなかで、全体の流れでとても良いアクセントになっていました。いなりの油揚げは、完全になかの酢飯を包む仕様のものでした。合い間に口にする酢飯の酸味が、その都度味の変化付けになってくれたようです。「中華そば」ともども、スープの一滴も残さず完食です。

今回はサービスもありましたし、また550円というお手頃な価格設定から見ましても、とても満足感をもってお店を後にしました。一杯のラーメンとして充分に美味しく頂けたのですが、ここ沖縄では、リピーターを掴むのはなかなか難しい系統のラーメンにも感じます。あまり県内では見かけない、ある意味硬派(?)な店舗ですので、心情的にはとても応援したいところではあります。次回来店の機会がいつになるか判りませんが、その際はなんらかの新たな変化があることも期待したいところです。

10沖縄 ラーメン 糸満市 三太 中華そば

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県糸満市西崎2-6-1
電話:098-994-4545
営業時間:11:30-15:00 18:00-21:00
定休日:不明
駐車場:有り

中華そば三太ラーメン / 糸満市)

昼総合点★★★★ 4.0


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1180-26808e9b










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。