スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

赤犬子 「ラーメン」

1沖縄 ラーメン 名護市 赤犬子 ラーメン

名護市城の「赤犬子」へ行って来ました。
2014年4月1日以前訪問店 )“名護市ラーメン紀行”も今回で六軒目になります。さて始めに書いておかないといけませんが、本記事については番外中の番外編となっています。こちらは名護市の繁華街、酒場周辺でのほろ酔い放浪記となっており、本来ならば別枠記事としていたところですが、“名護市ラーメン紀行”も大詰めといったところで本記事にすることにしました。そうそう冒頭画像の「ラーメン」ですが、お店の方も事前にしっかり告知されていた、いわゆる即席袋麺の「チャルメラ」となっております(^_^;)

2.0沖縄 ラーメン 名護市 赤犬子 ラーメン

名護市城(みどり街)周辺の、昔ながらの繁華街らしい街並みです。
この時間帯ではもうすっかり出来上がっていて、おそらくテンション高く徘徊していたかと思われます(笑) 那覇市の桜坂近辺などもそうですが、古い飲み屋街というのは独特な風情があって良いですね。出歩いて店先を覗くだけでも楽しさを感じます。

2.1沖縄 ラーメン 名護市 赤犬子 ラーメン

表通り沿いにあった居酒屋さん。
店名を見て、思わずラーメン類を扱っていないか外壁に貼られたメニュー表を確かめたりして(残念ながら扱ってはいないようでした(^_^;))。名護市の街中をそうこう徘徊している内に、赤提灯にネオンを灯したこぢんまりとしたお店を見つけました。提灯に“チャーハン”の文字が見えたため、ラーメン類を提供している可能性が高いだろうと感じ、入ってみることにしました。「赤犬子」には、午前0時前の入店です。

3沖縄 ラーメン 名護市 赤犬子 ラーメン

「赤犬子」のお品書きです。
大きく掲示された部分を見ますと飲み屋さんというより、食事処といった印象です。結構遅い時間帯ではありましたが、カウンター席には常連さんらしき方々で賑わっているようです。お店は店主らしきやや年配の男性と、女性のお二人で切り盛りをされているようでした。こちらはランチタイム(12:00-15:00 )はお食事処として、夜間(21:00-翌5:00)は飲み屋さんとして営業されているようですね。なお本営業時間ですが、つい最近になってお客さんの要望に沿って変更されたとのこと。うーん、皆さん朝方まで呑むような方々なのでしょうね(笑)

4沖縄 ラーメン 名護市 赤犬子 ラーメン

先ほどのお品書きのアップ画像です。
今回の注文はもちろん「ラーメン(500円)」になりますが、しっかり即席めんの「チャルメラの袋」が貼り出されています。注文の際にも店主さんからはしきりに即席めんであることを確認されましたが、周知の常連さんはともかく、一見さんから過去に抗議(?)を受けたことがあったのかもしれません(^_^;) 袋で隠れていますが、以前は「○○ラーメン」を提供されていたのでしょう。

5.0沖縄 ラーメン 名護市 赤犬子 ラーメン

「赤犬子」卓上の様子です。
お品書きの筆頭品目が「赤犬子そば(てびち・三枚肉・ソーキなど各種あり)(600円)」だったことからか、調味料類としてはコーレーグースや唐辛子など、沖縄そば屋さんでお馴染みのものが並んでいました。そうそう、お店の特色にもなるのでしょうが、店主は熱心な日本ハムファンらしいですね。店内のそこかしこに日本ハムファイターズ関連のポスターなどが貼られ、またキャンプ期間中でしょうか、実際に選手の方も訪れ、サイン色紙などを残されていたようでした。

5沖縄 ラーメン 名護市 赤犬子 ラーメン

程なくして運ばれた「ラーメン」です。
実は待っている間は結構楽しみにしておりました(笑) 即席めんながらも(作る手間や場所提供をしているとはいえ)500円という価格設定ですので、なんらかの工夫が凝らされているだろうと考えていたのです。そのままの提供ではなく、やはり具材などが足されているようですね。

6沖縄 ラーメン 名護市 赤犬子 ラーメン

「ラーメン」のアップ画像です。
追加具材として白菜や青葱などの野菜類、かまぼこに海苔、また彩りよく紅ショウガが添えられています。また見た目の色合いからも判るように、しょうゆ味となる粉末スープはそのまま使われておらず、おそらく沖縄そばの出汁スープを流用しているようでした(多少ブレンドしているかも)。麺の茹で加減はやや固めで、個人的に好みな感じです(笑) 袋の即席めん自体久しぶりでしたので、それなりに楽しく頂きお店を後にしました。

7沖縄 ラーメン 名護市 赤犬子 ラーメン

街中ではちらほらと野良猫(かな?)の姿も。このあたりの風景も桜坂とダブりますね。
今回記事はラーメン店ではないうえに実質即席めんという、番外編中の番外となりましたが、思いのほか“名護市ラーメン紀行”らしい内容になったかと思います。実は他にも名護市滞在中に色々なお店などにも寄っているのですが、そちらは雑談部屋記事にでも掲載しようかと考えています。さて北部遠征の残り記事はあと一回となっていますので、もうしばらくお付き合いください。

8沖縄 ラーメン 名護市 赤犬子 ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県名護市城1-9-9
電話:070-5415-4596
営業時間:12:00-15:00 21:00-翌5:00
定休日:無休
駐車場:無し

食事処 赤犬子定食・食堂 / 名護市)

夜総合点★★★☆☆ 3.0


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1176-a209d315










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。